カラーコーディネート

トレンド感あり! 2023年秋冬のダークカラーコーデは「デニムブルー」の差し色でおしゃれになる

黒やグレーなど、ダークカラーが多くなりがちな秋冬ファッションの色づかいに変化をつけたいときに重宝するのが、「デニムブルー」です。今回はデニムブルーを取り入れた2023年秋冬コーデをご紹介します!

松本 英恵

執筆者:松本 英恵

カラーコーディネートガイド

秋冬コーデは、黒やグレーなどのダークカラーに偏りがちです。色物を取り入れたいと思っていても、何だか難しく感じ、躊躇してしまう人もいるでしょう。

そんな人におすすめしたいのが「デニム」です。「デニムブルー」はファッションの定番色でありながら、ダークカラーの差し色として違和感なくなじみます。
デニムブルーを取り入れた秋冬コーデ

デニムブルーを取り入れた秋冬コーデ

今回は、「デニムパンツ」や「デニムスカート」を取り入れた2023年の秋冬コーデを見ていきましょう。
 

黒トップスとデニムパンツ 

出典:WEAR

出典:WEAR

この写真は、黒いハイネックトップスとデニムパンツのシンプルなコーディネート。

ややルーズなシルエットのデニムパンツは、控えめにダメージ加工が施されていて、ラフな印象に仕上がっています。色むらがあるので、単調にならず、デニムならではの表情を楽しめます。

スウェット素材のハイネックトップスは、オーバーシルエットでたっぷりとした袖のボリューム感があり、ボトムスを選ばないデザイン。デニムパンツにぴったりです。
 

オリーブグリーンのベストとデニムスカート 

出典:WEAR

出典:WEAR

今季はIラインシルエットのタイトスカートも人気。この写真のものは、前スリット入りのデニムスカートなので歩きやすく、定番のインディゴブルーなので、きれいめに着こなせます。

タイトなリブタートルネックに、腰が隠れる丈のミリタリー調べストを重ね、デニムスカートを合わせれば、白、オリーブグリーン、デニムブルーの3色で、きれいめカジュアルなコーディネートの完成です。
 

グレーのベストとデニムパンツ 

出典:WEAR

出典:WEAR

タックを入れたワイドシルエットのデニムパンツは、ボーイッシュな着こなしに大活躍。ダメージ加工を施し、ヴィンテージライクに仕上げています。デニム自体に存在感があるので、シンプルなアイテムはもちろん、ちょっと癖のあるアイテムにも合わせやすいのが特徴です。

この写真は、タートルネックのカットソーに、Vネックのノースリーブニットベストを重ね、デニムパンツを合わせています。白、グレー、デニムブルーの3色を、ブーツやバッグの黒で引き締めています。
 

黒ジャケットとグレーベストとデニムパンツ 

出典:WEAR

出典:WEAR

この写真のややルーズなシルエットのストレートデニムは、色の濃いところとハイライトにメリハリを付け、ヴィンテージ感を演出するために全体に洗い加工やユーズド加工を施し、腰周りにも本格的なヒゲ加工をあしらっています。

デニムパンツのトップスには、白シャツにグレーのスウェットを重ね、ツイード素材のノーカラージャケットを羽織ったスタイル。デニムパンツとややオーバーサイズなジャケットとのバランスが◎。ボーイズライクなコーディネートになっています。


デニムブルーは、色むらの少ないものほどきれいめな印象になり、色むらを強調したものはヴィンテージ風の趣きが生まれます。このように、デニムブルーは表情豊か。秋冬のダークカラーに差し色が欲しいとき、デニムブルーを取り入れてみませんか?


【ガイドからお知らせ】
色に関するウェブアンケートを行っています。匿名でご回答いただけますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。
2024春夏トレンドカラーあなたの好きな配色は?
 
 
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でカラーコーディネイト関連の書籍を見るAmazon でカラーコーディネイトの書籍を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます