※東京の動物園では、2011年3月11日に発生しました「東北地方太平洋沖地震」の影響により、現在営業を休止しているところがございます。最新情報は、それぞれ施設のホームページにて、ご確認くださいませ。

東京の動物園を紹介!

町田リス園のアカリス
町田リス園のアカリスです。「あ~ら、いらっしゃ~い」などとフキダシが付きそうでしょ?

東京動物園ガイド?2大動物園とふれあい系

東京都にある動物園について紹介します。東京で動物園と言えば、やはり上野動物園がその代表、次が多摩動物公園で、この2つが規模・内容から見ても「東京の2大動物園」と言ってもいいかと思います。

■上野動物園(東京都台東区)
豊富な動物と適度な広さで大満足!

上野動物園のアジアゾウ
「ゾウのすむ森」には人気者のアジアゾウが暮らしています
上野動物園は、明治15年に誕生した日本最古の動物園で、長く長く、家族連れを中心に親しまれ続けています。ただ、これは「歴史が古い」という以外にも理由があるのです。

上野動物園のニシローランドゴリラ
ガラス越しに間近で見られることも多いニシローランドゴリラ
確かに、パンダ人気は大きかったと思いますが、それ以上に「ここに来れば、見たい動物はたいてい見られる」というのが最大のウリなのです。動物の種類は約500種3000点。ライオン、トラ、ゾウ、キリン、ゴリラ、カバ、ペンギンなどなど、ふと思いつく動物たちはほぼいます。「ああ、○○はいないのかぁ」ということは、まずないのではないかと思います(そういう意味でもパンダの復活は切に願うところです)。

上野動物園のオオカンガルー
西園にいるオオカンガルー
もうひとつの人気の要因は「適度な広さ」です。東園と西園がありますが、東園を見て回り、ひと休みして西園へ向かい「こども動物園」でヤギやヒツジとふれあったり、カバやカンガルーなどを見て過ごせば、たくさんの動物が見られたうえに、運動量もちょうどいい感じで、子どもはもちろん、お父さん・お母さんも快適な休日を過ごせるというわけです。

上野動物園のプレーリードッグ
立ち姿の愛らしさが天下一品のプレーリードッグ
ガイドおすすめの動物は、間近で見られるニシローランドゴリラ、サル山を見ていると飽きないニホンザル、その風貌に癒されるカピバラ、穴から出ていたらラッキーなプレーリードッグ、東園から西園へ行く途中の木にいるヤマアラシあたり。平均的な滞在時間は、午前中から出かけてランチを園内で食べて、もうひと回りして14時か15時くらいまで。約半日過ごす感じで、のんびり出かけてみてはいかがでしょう?

上野動物園
住所:東京都台東区上野公園9-83
TEL:03-3828-5171
料金:入園券 大人600円、中学生200円
(小学生以下・都内在住在学の中学生は無料)
営業時間:9:30~17:00(最終入園は16:00)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
アクセス:JR上野駅公園口から徒歩5分