■まだある「ふれあい系&動物ピンポイント系」

東京には、ほかにも、動物とのふれあいを重視している動物園や「動物ピンポイント系」のスポットがあります。

羽村市動物公園の「どきどきハンズオン」
羽村市動物園の「どきどきハンズオン」は10:00~11:30、13:30~15:00に実施
まず、ふれあいのある動物園は羽村市動物公園(東京都羽村市)。ヒヨコやモルモットにさわれる「どきどきハンズオン」のほか、休日の「モルモットの大行進」も人気です。さらに、ウサギやモルモットをだっこしたり、ヤギやヒツジにさわれる「ふれあいコーナー」がある江戸川区自然動物園(東京都江戸川区)、モルモットやヤギ・ヒツジが「はなしがい広場」にいる板橋区立こども動物園(東京都板橋区)も、規模は小さいながら、地元のファミリーに親しまれているスポットです。

ねこぶくろのネコ
ねこぶくろには、キュートなネコたちがいっぱい
「動物ピンポイント系」の代表は、お台場のデックス東京ビーチにあるねこたまキャッツリビン(東京都港区)と、池袋の東急ハンズ池袋店にあるねこぶくろ(東京都豊島区)。どちらも、館内に作られたネコの街に多くのネコが暮らす、ふれあいスポット。「おやつタイム」などもあるので、ネコ好きは要チェックです。

ファミリーはもちろん、カップルやご夫婦、グループで行っても意外と楽しい動物園や動物ふれあいスポット。入園料が安いのもうれしいですね。動物園は、休日、気軽に出かけられる「永遠の癒しスポット」なのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。