Language Systems International
TOEFLクラスの授業風景
ガイド記事『留学先人気NO.1都市 - ロサンゼルス』でも取り上げたカリフォルニア州ロサンゼルスにある私立の語学学校Language Systems Internationalを紹介します。留学生にとって最も人気の高い都市だけに、大小様々な語学学校がありますが、その中でもこの学校はいろいろなポイントで魅力があります。

格安の授業料

留学希望者からの質問で、「どの国に留学するのが一番安い(リーズナブル)ですか?」というものがあります。以前は国による格差も多少ありましたが、今は国による違いというよりも語学学校によって留学の費用は全くことなるといったほうが正しいと思います。

ロサンゼルスは様々な語学学校があり、安い学校もあれば、高い学校もあるのですが、他の国や都市と比較して、授業料がリーズナブルな学校が多いと言えます。そして、今回ご紹介する学校もその一つです。

例えば、週18時間の英語コースが48週間で3570ドル(約41万円)、週24時間のコースでも4900ドル(約56万円)です。もちろん、中にはもっと安い学校だってありますが、それでも、1年間の授業料がこれだけというのは、相当安いですよね。

4つのキャンパスから選択可能

Language Systems Internationalはロサンゼルスに4つのキャンパスがありますので、自分の目的に応じて選ぶことができます。交通の便が良い中心地で華やかなところが好きであれば、ダウンタウン校がいいでしょうし、落ち着いた住宅街が良ければ、アルハンブラ校やトーランス校、大学街が良ければフラトン校など、自分の好みで選択ができます。

また、例えば、ロサンゼルスというと日本人留学生が多そうなイメージがありますが、アルハンブラ校やフラトン校は日本人の割合が15%以下だそうです。

すべてのキャンパスに学生寮が完備

私立の語学学校というと寮を持っていない学校がほとんどで、一般的には最初ホームステイをして、その後、友達とアパートシェアというパターンがよくありますが、Language Systems Internationalはすべてのキャンパスで学生寮を完備しているのが特徴です。しかも、決して高くなく、学校へのアクセスも便利なところにあるので、とても魅力的です。

TOEFLなしでカレッジに入学可能

Language Systems Internationalでレベル6を修了すると、ロサンゼルスにあるすべてのカレッジにTOEFLなしで入学することが可能です。大学に入学するためにはTOEFLが不可欠ですが、TOEFLは日本人留学生にとって決して低いハードルではありませんので、それが免除になるということは、大学を目指す方にとって嬉しいポイントです。

ちなみに、ここのTOEFLクラスではIBT(インターネットを利用して受験するTOEFL)対策として1人1台のコンピューターを実際に使いながらの授業を実施しているそうです。

また、英語+αのプログラムも充実していますし、ESLプログラムも毎週金曜日は選択制で学生1人1人の目的に応じてクラス選択が可能ということで、ますます人気が出るような気がします!

【関連記事】
『留学先人気NO.1都市 - ロサンゼルス』

【関連リンク】
Language Systems International

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。