預金・貯金

1000万円が貯まらない理由って? 3つのポイント

お金がなかなか貯まらないと思っている人はいます。特に1000万円を目標に掲げている場合、いつになったら貯まるのだろう?どうしたら貯まるの?と疑問、不安な人もいることでしょう。貯まらないのは、それなりに理由があるからなのです。

飯田 道子

執筆者:飯田 道子

金運アップ、ポジティブお金術ガイド

  • Comment Page Icon
お金がなかなか貯まらないと思っている人はいます。特に1000万円を目標に掲げている場合、いつになったら貯まるのだろう?どうしたら貯まるの?と疑問、不安な人もいることでしょう。貯まらないのは、それなりに理由があるからなのです。

理由その1:計画に無理がある

1000万円に限ったことではありませんが、大前提として、計画そのものに無理があれば貯めることはできません。

たとえば、今40歳の人が60歳までに貯金1000万円を目標にしたとします。しかし、毎月2万円しか貯金できない場合、このペースで貯めていくと、実に42年弱の歳月を費やすことになります。

計画を立てるときには、目標額と積立期間を明確にしてから、決められた期間内に貯められるのかをシミュレーションすることが大切なのです。

理由その2:貯まると使ってしまう

毎月、定期的にコツコツと貯めている人も多くいらっしゃいます。しかし、貯金のすべてが、目標に掲げた「1000万円用の貯金」だった場合、万が一のときにお金が必要になってしまったときには、「1000万円用の貯金」を切り崩さなければなりません。

1000万円を貯める計画があるなら、1000万円用の貯金とともに、イザというときに備えた貯金を別途、貯めておく必要があります。

たとえば、1000万円用に毎月3万円、ボーナスから年間で80万円貯める一方で、予備費として毎月2万円、ボーナスから年間で20万円貯めるというように振り分けておくのです。

1000万円用の貯金以外は使ってもよいというルールになっていれば、精神的な余裕も生まれますし、引き出したとしても罪悪感はありません。計画も狂うことはありませんよ。

理由その3:ライフスタイルが変わりお金が足りない

理由その1と少し似ているのですが、あらかじめ貯蓄計画を立てていたとしても、ライフスタイルが変わってしまうことがあります。「急に親を引き取ることになった」「子どもが生まれた」「転職をして収入が減ってしまった」「リストラされて働き方が変わってしまった」などのときには、計画そのものを見直さなければなりません。 基本的に、当初の計画通りに貯蓄をすることが大切です。とはいえ、ライフスタイルが変わり、当初の計画通り貯蓄することが難しくなってしまったときには、貯める金額や貯め方を変える必要があります。

目標を掲げて最後まで貫くことは大切ですが、無理をしては意味がありません。1000万円を貯めることが目標の場合、当初10年で貯める計画であったなら、計画を修正して15年、20年に延長しましょう。そもそも目標額を変更したってかまわないのです。無理をして身体を壊し逆に医療費がかかってしまうなど、余計に出費がかかってしまっては元も子もありません。無理なときには、計画を修正することは必要なのです。
1000万円貯まらない

貯金1000万円を目標にする人は少なくありません。ただし、無理があったら貯まるものも貯まらなくなってしまいます。まずは計画を立てます。ライフスタイルが変わったときには見直して、今の生活に負担をかけないようにしながら1000万円を目指しましょう

貯金1000万円を目標にする人は少なくありません。ただし、無理があったら貯まるものも貯まらなくなってしまいます。まずは計画を立てます。ライフスタイルが変わったときには見直して、今の生活に負担をかけないようにしながら1000万円を目指しましょう。
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます