貯蓄

お金持ちが年始めに必ず作る「3つの時間」

お金持ちにもそうでない人にも、子供にもお年寄りにも、誰にでも平等に与えられている「時間」。特に新しい年がスタートする年始は、その過ごし方で一年が変わってきます。お金持ちといわれる人たちは、新年を迎えるにあたり、どのような行動をするのでしょうか。

飯田 道子

執筆者:飯田 道子

金運アップ、ポジティブお金術ガイド

  • Comment Page Icon
誰にもでも平等に与えられている「時間」の使い方で、その年がどのような一年になるのかが決まるといっても過言ではありません。お金持ちといわれる人たちは、年始めをどのように過ごしているのでしょうか。
 

1. プライベートの時間を確保する

日々、忙しく飛び回っているお金持ちも、まとまった時間を作れるお正月休みには、家族のためと割り切っている人は多いと思います。

同窓会などに参加をしてもよいのですが、必ずプライベートな時間、「個」の時間をもつことがお金持ち流です。シングルであればシングルで、ファミリーであればファミリーでの時間を大切にしてください。

もちろん、仲間と過ごす時間は貴重な時間ではありますが、このタイミングでなくても時間は捻出できるはず。年始めという運気の変わるタイミングは、「個」を尊重することを心がけましょう。
 

2. 「個」を尊重し、振り返りの時間をもつ

「個」を尊重するために欠かせないのが、一人の時間をもつということです。たとえ、ファミリーで過ごす場合であってもです。

年始めは運気の変わり目であり、年が変わる節目のため、振り返りの時間をもつことは必須です。これから送るべき一年について考えることはもちろん、2022年の振り返りや自分を見つめ直すこと、内省することも大切です。

お金持ちは、ビジネスから切り離された時こそ、自分にフォーカスすることを忘れません。ぜひ、お気に入りの手帳や日記帳を準備して、振り返りをしてみるのもよいでしょう。
お気に入りの手帳や日記帳を準備して、ぜひ取り組んでみましょう

お気に入りの手帳や日記帳を準備して、振り返りをしてみる 

 

3. 一年のお金の使い道を考える時間をもつ

いつもはビジネスを中心に考えているお金持ちであっても、お正月は一時休止。

ビジネスで使うお金だけでなく、プライベートや自分のために何をするのか、何をしたいのかを考えて、お金の使い道を考えていきます。お金は十分あったとしても、無駄を嫌うのがお金持ち流なのです。そのため、この一年に迎えるイベントを考え、どのように実現させていくのか戦略を練ります。

また、お金持ちは自分のためだけでなく、どのようにお金を循環させていくのかも考えています。お世話になっている人たちにできることは何か、社会のために自分ができることは何かを考え、どのようにお金を使うと喜んでもらえるのかも考えていきます。

自分には縁がない話かも?と思ってしまったかもしれません。しかし、自分を内省することやお世話になった方たちに、どのようなことができるかを考えることは、できますよね?

社会のためにできることは、お金を使うことだけではなく、ボランティア活動することも大きなステップになります。自分のためだけでなく、社会のためにできることを考えて行動することで、運気はアップしていきますよ。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます