参考にしたい投稿は「保存」して見返す

昨今は、Instagramを活用して、家づくりのイメージを高めていくユーザーも多いようです。
 
住友林業のInstagramアカウントでは、全国各地の最新の住宅展示場をご紹介しています。外観や玄関、LDK、収納など、家づくりの参考にしていただけると思います」と話すのは、住友林業 営業推進部の宮内隆佑さん。(以下コメントはすべて宮内さん)
 
そんな住友林業のInstagramで、22年度の上半期に多く「保存」された投稿のベスト5を紹介。保存数の多さは、ただ気に入っただけでなく、後からまた見返して家づくりの参考にしたいという証になるものです。 
 

人気のベスト3は、実際に取り入れたいアイデアが満載

それではさっそく、保存数の人気ランキング第1位から3位までを見ていきましょう。それぞれの住宅展示場で、住友林業らしい上質な木の部材が効果的に使われています。
 
第1位:我が家にもほしいエントランスクローク(鹿島展示場)
住友林業

ランキングのトップは、上質なデザインのエントランスがメインの投稿です。玄関などは比較的アイデアを取り入れやすく、実際に建てるときのために保存する方が多いのかもしれません。
 
「エントランスは限られたスペースなので、コストを抑えながら質のいい木材を使うことができ、魅力的なデザインが実現できます。この展示場では床材にチークを使用し、木質感を感じられる玄関に仕上げています」

住友林業

「メインエントランスの隣には、たっぷり収納ができるシューズクロゼットを設置しています。靴を脱いで家に上がると『ただいま手洗い』と名づけられた手洗い場も。帰宅してすぐの手洗いは衛生的ですし、お子様の教育としても活用していただけます」
 
その他に、吹き抜けで明るいリビングや、読書スペースのある寝室、スタディコーナーのついたダイニングなども紹介されています。
成田支店 鹿島展示場) 

この投稿を詳しくみる >>


第2位:木の温かみを感じるダイニングキッチン(大宮第二展示場)

住友林業

ランキング第2位は、木がふんだんに使われ、居心地のよさそうなダイニングキッチンの投稿です。

「ダイニングの奥に大きな窓が見えるのが特徴的です。抜け感があり開放的で、爽やかなイメージが人気のポイントだと思いますね。天井と床には上質の木材を配して、全体的に温かみのある雰囲気に。黒いキッチンがアクセントとなって、空間をほどよく締めています」

住友林業

「キッチンの一角には、家具で仕切られたスタディスペースが設けられています。窓側は吹き抜けで広々としており、個性的な空間になっています。ここで仕事をしてもいいし、お子様が勉強をしてもいい。アイデア次第で自由にお使いいただけます」 

その他、収納力もデザイン性も高い、オリジナルの洗面化粧台を用いた洗面スペースも紹介されています。
埼玉支店 大宮第二展示場

この投稿を詳しくみる >>


第3位:スタンダードで実感がわきやすい仕様(掛川展示場)

住友林業

ランキング第3位は、シンプルで実際の住まいが想像しやすい展示場です。
 
「まず玄関を入ると、遠くに窓が見えて奥行きがゆったりと感じられます。玄関収納の上にはダウンライトを配してアクセントに。あえてシンプルに設えたインテリアになっているので、家づくりの参考にしていただきやすいのではないでしょうか」

住友林業

「玄関からリビングに向かうと、住友林業のBF(ビッグフレーム)構法の大空間が広がります。吹き抜けからの光も注いで、明るく開放的なスペースです。その他にも、和室や趣味を楽しむワークスペースなどをご紹介しています」
 
住友林業ならではの、美しい床材の写真も掲載。スプーンで彫ったような加工を施したタモ材は、光と影で変わる木の表情に注目です。
浜松支店 掛川展示場
 
この投稿を詳しくみる >>


次のページでは、便利な動線の間取りや斬新なインテリアの投稿を紹介 >> 


<関連リンク>
住友林業の戸建注文住宅公式アカウント│Instagram 
 

<関連記事>
住友林業のInstagramから始める家づくりのイメージ