貯蓄

最大2万円付与! マイナポイント第2弾がスタート

マイナポイントとは、マイナンバーやキャッシュレス決済の普及促進を目的とする、国の消費活性化策のひとつ。新たにマイナンバーカードを取得すると、自分の選んだポイントがもらえるというものです。

飯田 道子

執筆者:飯田 道子

金運アップ、ポジティブお金術ガイド

  • Comment Page Icon
2022年6月30日からスタートするマイナポイント第2弾は、どのような仕組みになっているのでしょうか? また、今回対象となる人や注目すべきポイントについても解説します。
 

第2弾の対象者は?

今回は、以下の人が対象になります。

●まだマイナンバーカードを取得していない人
※申請の仕方はこちらの記事をご確認ください

●第1弾で申し込みをしたけれど、2万円分のチャージや買い物をしていない人
(最大5000円分までポイント付与を受けていない人)
※引き続き、上限5000円相当までポイントの付与が受けられる

●マイナンバーカードに新たに健康保険証利用申請・公金受取口座の登録を行った人
※マイナンバーカード取得済みで、第1弾でマイナポイントを受け取ったの人も対象。詳細は後述
 

どれだけのポイントがもらえるの?

第2弾では、最大5000円相当のポイント付与に加えて、新たに「健康保険証の利用申請」と「公金受取口座の登録」を行うことで1万5000円相当のポイントが受け取れます。つまり、最大で2万円相当のポイント付与が可能になっています。

第2弾のマイナポイントを受け取るには、2022年9月末までにマイナンバーカードを申請し2023年2月末までにマイナポイントの申し込みをする必要があるので、注意してください。

そして、必ずすべきことは、PayPayや楽天ペイなどのキャッシュレス決済サービスとマイナンバーカードをひも付けることです。
マイナンバーカード申請からポイント付与までの流れ

マイナンバーカード取得からポイント付与までの流れ

ひも付けられたキャッシュレス決済サービスにチャージをしたり、決済したりすることで、25%分のポイントが決済サービスに還元され、合計5000円に達するまで還元される仕組みになっています。
 

1万5000円相当のポイントを受け取るには?

新たに下記2つの利用申請・登録をすると、1万5000円分のポイントが受け取れます。

(1)健康保険証利用
マイナンバーカードの健康保険証利用に申し込みをすると、7500円分のポイントを付与

(2)公金受取口座を登録
公金受取口座(※)を登録すると、7500円分のポイントを付与

※公金受取口座とは、給付金等の支給を受ける際に利用を申し出ることができる口座のこと。給付金等の申請手続等をするとき、口座情報の記載や通帳の写し等の添付等が不要になります。

(1)と(2)のポイント付与についても、6月30日から開始されます。また、すでに説明した通り、第1弾で5000円のポイント還元を受けていても、もらうことができますので、この機会に利用申請・登録を検討してもいいかもしれませんね。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます