預金・貯金

30代の平均貯蓄額はいくら?

30歳代の貯蓄事情はどうなっているのでしょうか? 30歳代といえば、貯め始めの時期です。この時期にどれくらい貯めているのでしょうか?

福一 由紀

執筆者:福一 由紀

ファイナンシャルプランナー / 仕事・給与ガイド

  • Comment Page Icon
30歳代の貯蓄事情はどうなっているのでしょうか? 30歳代といえば、お金の貯め始めの時期です。この時期にどれくらい貯めているのでしょうか?
 
金融広報中央委員会が調査した「家計の金融行動に関する世論調査(2021年)」のデータから、30歳代の平均貯蓄をみてみましょう。
 

30歳代の平均貯蓄、単身は約600万円、2人以上世帯は約750万円?

年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値。単位:万円。出典:「家計の金融行動に関する世論調査(2021年)」(金融広報中央委員会)

年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値。単位:万円(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(2021年)」)


表は単身世帯、2人以上世帯での年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値です。中央値とは金額の少ない順に並べたとき、真ん中に位置する人の金額。平均値よりは実態に近い金額を表します。
 
また、この調査でいう貯蓄とは、運用のためまたは将来に備えて蓄えている部分とされていて、土地・住宅・貴金属等の実物資産、現金、預貯金で日常的な出し入れ・引落しに備えている部分は除いています。つまり、将来のために貯めているお金という位置づけです
 
単身世帯での全世帯の貯蓄保有額は平均1062万円、中央値は100万円とのこと。そのうち、30歳代では平均606万円、中央値56万円。一方、2人以上世帯では全世帯の貯蓄保有額は平均1563万円、中央値は450万円とのこと。そのうち、30歳代は平均752万円、中央値238万円です。
 
30歳代の平均貯蓄は、単身は約600万円、2人以上世帯は約750万円という結果となっていますが、実際はこんなに貯められているのでしょうか?
 

単身30歳代:「年収300万~500万円未満」の貯蓄は140万円前後?

単身30歳代の年収階層別の金融資産保有率、貯蓄額の平均と中央値。また調査数を総数として記載。出典:「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査2021年)」(金融広報中央委員会)

単身30歳代の年収階層別の金融資産保有率、貯蓄額の平均と中央値。また調査数を総数として記載(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査2021年)」)


表は30歳代単身世帯での年収階層別の金融資産保有率、貯蓄額の平均と中央値です。また調査数が総数として記載されています。この年収は就業に伴う収入や年金、不動産賃貸収入、利息収入等の収入などです。土地・住宅、株式などを売って得た収入は含まれません。
 
単身30歳代の平均貯蓄が606万円とのことでしたが、年収別でみると「収入なし」「年収1200万円以上」の平均貯蓄が2400万円ほどとなっており、これらのごく一部が平均額を上げているようです。30歳代の回答総数で一番多かったのが「年収300万~500万円未満」ですので、ここに注目してみましょう。
 
「年収300万~500万円未満」での平均貯蓄は450万円、中央値は140万円となっています。実際の貯蓄は中央値の140万円前後と考えてもいいのではないでしょうか。

また、注目したいのが金融資産を持っていない割合。調査で一番回答総数が多かった「300万~500万円未満」で29%が、二番目に多い「年収300万円未満」では42.2%が金融資産を持っていないということになります。ここでいう貯蓄は、日常的な出し入れをする預貯金は含まれていませんが、この数字は衝撃的です。
 

ファミリー世帯30歳代、「年収500万~750円未満」で貯蓄350万円程度?

2人以上世帯30歳代の年収階層別の金融資産保有率、貯蓄額の平均と中央値。また調査数を総数として記載。出典:「家計の金融行動に関する世論調査(2人以上世帯調査2021年)」(金融広報中央委員会)

2人以上世帯30歳代の年収階層別の金融資産保有率、貯蓄額の平均と中央値。また調査数を総数として記載(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査2021年)」)


表は30歳代2人以上の世帯での年収階層別の貯蓄額の平均と中央値です。ここでいう年収は世帯合算の年間手取り収入(税引後)です。ということは、共働きで夫婦2人の収入を合わせた世帯も含まれています。
 
30歳代2人以上世帯での調査で一番回答総数が多かった収入層は、「年収500万~750円未満」。共働き世帯も含まれるので、単身世帯よりは収入が高い層が多くなっています。この収入層での平均貯蓄は657万円、中央値は350万円。単身世帯よりはしっかりと貯めているようです。
 
金融資産非保有割合をみると、年収500万円以上になると15%前後、年収1000万円以上で10%強となっており、年収が上がると貯蓄ゼロの割合が減っているのがわかります。2人以上世帯で貯蓄なしの割合は、単身世帯よりは減ってはいます。とはいっても、高収入でも一定の割合で貯蓄なし世帯があるのは心配です。
 

30歳代、まずは将来のための貯蓄を!

30歳代といえば、老後もかなり先で将来のことを具体的に考える機会が少ないかもしれません。一般的には働き盛りで収入も安定し始めるとき。ファミリー世帯であれば子育て費用の負担がまだ少ないときです。少なくとも、将来のために毎月積み立てられるように、仕組みづくりをすることが大切です。

【関連記事をチェック!】
40代の平均貯蓄額はいくら?
年収1000万円の人の平均貯蓄額はいくら?
年収400万円の人の平均貯蓄額はいくら?
年収300万円の人の平均貯蓄額はいくら?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます