自称「サバサバ」、実は重い…付き合い方が難しい自サバ

頬杖をつく女性二人

「自称サバサバ」な友達に振り回されて困っている……そんなときには相手の心理を想像してみよう

ネット漫画『ワタシってサバサバしてるから』のヒットで、「自称サバサバ」(自サバ)な人の心理っていったいどうなってるの?と巷で話題になっています。

本人は「サバサバしてるから」と言ってるのに、実際につきあってみると重いし、何かと根に持たれているようで怖い……。「ワタシってサバサバしてる」と言う人の多くは、自分の理想像を公言しているだけで、内実には真逆な性格を抱えていることも珍しくありません。対外的にアピールする自分と実像が大きくずれていると、他人に不信感を与えてしまいます。

そもそも、人の特性は「一色」では表現できないもの。サバサバして見える人にも、弱気な面や、時にはジメジメした陰気な面があったりするものです。こうした多面性をそれぞれが自分で理解し、どれも自分だと認めることが大切なのですが、「自称サバサバ」をアピールする人は、自分の多用な側面を認め、純粋に表現することができない傾向にあるようです。
 

理想の自己像アピールは逆効果! 違和感を与えて信用を失うリスク

「ワタシってサバサバしてる」などと一つの顔だけをアピールしてしまうと、そのペルソナ(仮面)に自分を合わせるために、態度に無理が生じます。
 
本当はイライラしているのに明るくふるまおうとして顔が引きつっていたり、姉御肌を気取って大風呂敷を広げて、あとからやりすぎたと後悔したり……。自分自身の理想と実際の自分のギャップに、常に煩わされることになるのです。
 
話題の漫画の主人公は、「自称サバサバ」な自分を保ちながらうまくやっているように見えますが、現実の世界では、こうしたギャップの大きな自分をいつまでも演じきれるものではないでしょう。いずれ必ずボロが出て自分を保てなくなり、周りから信用を失い、つらい目にあうことになるはずです。
 

「サバサバ」と言いながら実は「ズケズケ」。モラハラ常習者になっていることも

もう一つ、「ワタシってサバサバしてる」をアピールして言いたいことばかり指摘していると、気づかぬうちに多くの人を傷つけてしまうことがあります。
 
たとえば「ごめんね。私サバサバしてるから、はっきり言っちゃうけど」と言い訳をしながら、「あなたってトロいから、私いつも迷惑してるのよね」などと堂々と相手の傷つくことを言えてしまう。このパターンで言いたいことを言いながら、人間関係を壊してしまう人もいます。
 
ちなみに、これは「モラルハラスメント」を行う人の常套手段でもあります。「自分はこういう性格。悪気はない」と防衛しながら、言いたいことをズケズケ言って人を傷つけるという手法です。人に不快感を与えずさっぱりしている「サバサバ」と、デリカシーがなく人を不快にさせる「ズケズケ」は、全くの別物です。
 

悪質なサバサバは無意識の印象操作? 心理学的には「マニピュレーション」

また「自称サバサバ」をアピールする人の中には、「私はいつもあなたに迷惑をかけられている」といったことを人前でズバズバと言うことで、相手の価値を貶める人もいます。これもしばしば見られるモラルハラスメントの一つ。心理学では「マニピュレーション」というもので、周りの同情を誘い、自分の立場を守りつつ、巧妙に人を貶める印象操作術です。
 
マニピュレーションは無意識的に行われていることが多く、やっている本人も自分の発言の暴力性には気づいていません。でも、言われた方は傷つき、じわじわと自己肯定感が下がってしまいます。
 
同様に「私、何言われても気にしないから」と「サバサバ」を自称してうまく相手の話を聞き出し、あらゆる情報を握るという作戦もマニピュレーションの常套手段。こうした戦術に乗せられてうっかり気を許し、大事なことを話しすぎないように注意したいものです。
 

「自サバ」な人とストレスなく付き合うコツ・適度な距離も重要

長引くコロナ禍でソーシャルディスタンスを保った関係が続いており、遠慮しながら人とかかわっている人が多いものと思います。そうしたなかで、「ワタシってサバサバしてる」を枕詞に、ざっくばらんに接してくる人は一見頼もしく見えるかもしれません。
 
しかし、自称と態度が大きくずれていたり、言いたいことを言われて傷つけられている状態では、気持ちよい対等な関係を続けにくいでしょう。こうした人とかかわる際には、どんなことに気をつけるべきなのでしょう。
 
相手との関係性にもよりますが、真っ向から話し合えない相手であれば、上手に距離を置きながら、まずは自分の心を守ることが大切です。真剣にかかわって相手を怒らせ、さらなるマニピュレーションをかけられるより、距離を置いて関係を薄くしておいた方が、傷つけられる被害は小さくて済みます。

また、もし相手が古くからの友人やこれからも付き合いが避けられない身内など、対等に話し合える関係であれば、「自称サバサバ」による言行不一致の違和感、歯に衣着せずにものを言う不快感について、はっきり伝えてあげるといいでしょう。
 
人は立場が上がれば上がるほど、言動を注意されにくくなります。すると、「自称サバサバ」な人は自分の問題に気づくこともできず、多くの人に迷惑をかけるさらなる“困ったちゃん”になってしまうかもしれません。
 
そもそも、人との信頼関係を築ける人は「自分に正直な人」です。「人前ではざっくばらんに振舞ってるけど、実は一人でいるとくよくよ悩んだりもする」というように、自分に多様な面があることを受け入れ、それを純粋に表現できることが、バランスのとれた人であると言えます。
 
「自称サバサバ」な人を変えることは一筋縄ではいきませんが、「サバサバしてるというけど、あなたの中にもいろんな側面があるでしょう? それを活かしながら、お互いにバランスのとれた人間になりたいね」などと伝えながら、自分に嘘をつかない、他人に迷惑をかけない人になれるよう、上手に導いてあげるとよいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。