こまめな掃除に欠かせないトイレ用のお掃除グッズ。衛生面が気になるから安くて使い切りできるアイテムを選びがちですが、使い勝手が悪い、買い替えが面倒など買ってみて分かるデメリットも。

今回は、All About編集部が実施したアンケート調査をもとに、「2021年に購入した中で無駄だと思ったトイレ用お掃除グッズ」3選を紹介。家事アドバイザーの筆者がトイレ掃除用品のよりよい買い方を解説します。

※アンケートは、下記条件で実施
・男女比:男性 129名/女性 345名/回答しない 7名
・年齢比:10代 7名/20代 90名/30代 188名/40代 126名/50代 58名/60代 12名
・アンケート実施期間:2021年2021年11月19日~29日
 

トイレ掃除部門1位:「100円ショップの流せるトイレクリーナー」

トイレ掃除部門1位は「100円ショップの流せるトイレクリーナー」。多くの人が購入して無駄だったと感じてしまった理由は以下の通り。

・すぐ破けるため何枚も使うことになり、かえって不経済。(40代 女性)
・一回の掃除に5枚位取らないとトイレ全体を掃除するのに間に合わなかった。(50代 女性)
・紙の素材が悪く、すぐ乾いてしまって使い物にならなくなった。(30代 男性)

確かに100円ショップのトイレシートは薄手ですね。スーパーやドラッグストアの同様の商品と比べて、1回の掃除に使う枚数と価格で計算すると、さほど割高ではないのですが、やはり何枚も使わなければならないとなると、手間もかかります。

利用するのであれば、100円ショップのものとスーパーなどのものとを使い分けするのもひとつの方法です。薄手のものでもいいから頻繁に拭きたい場所は100円ショップのものを使えば気兼ねなくキレイに保てるのではないでしょうか。
 

トイレ掃除部門2位:「100円ショップのトイレブラシ」

トイレ掃除部門2位は「100円ショップのトイレブラシ」。

・狭いトイレに置いておくと邪魔になり、不衛生。(40代 女性)
・便器のふち裏にかけるジェルを使用してるので結果的にブラシが必要なかった。(20代 女性)
・使っているとスポンジ部分がすぐに減ってしまった。(20代 男性)

100円ショップの商品にかかわらず、トイレブラシが不要か必要かは、便器の構造に大きく依存します。

溜まっている水が少ないタイプの便器では、大きなほうをする場合にトイレットペーパーを少量敷いて用を足すことによって、便器に直接つかず汚れにくくなるという方法もあります。

鏡がついた便器のふち裏専用のブラシなど、100円ショップのトイレブラシは種類も豊富で、便利グッズも多数あるので用途に応じて使ってみてはいかがでしょうか。
 

トイレ掃除部門3位:「トイレの床用ワイパー」

トイレ掃除部門3位は「トイレの床用ワイパー」。

・トイレ用と分けなくても、普通サイズのワイパーで拭けるので。家の床を拭いた後、最後にトイレの床を拭きます。(40代 女性)
・ちょっと力を入れて床を拭くと、そのシートがすぐに外れてしまう。(30代 女性)

ワイパー面積が狭く、柄が短いトイレの床用ワイパーは小回りが効くから便利ですが、トイレに置いておく物が増えてしまうという面もあります。

シートを取り替えて使うものなので、トイレと他の床で同じものを使っていても支障はないでしょう。家の中の物を少なくしたい人には不向きですね。

一方、掃除をしたいときにすぐに道具を手に取れる場所に置いておきたい人にはおすすめです。
 

「買ってはいけないトイレ用お掃除グッズ」を買わないためには?

トイレは便器の構造と、使う人の家族構成によって汚れ方が違うため、まずは自分の家がどの程度の掃除の頻度で、どこを掃除したいかをしっかり考えることが大切です。その上で、掃除グッズを購入すれば失敗が少なくなります。

100円ショップではトイレのパーツ別に掃除の便利グッズがありますので、自分が頻繁に掃除したい場所などはそのような便利グッズを使うのもよいでしょう。

また衛生的に保ちたい場所という意味では、安価な100円ショップの使い切りタイプのものを使うのもおすすめです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。