さぁ!フォワードの巻き髪に挑戦

コテを入れる前のワンポイントアドバイス。あらかじめ巻き髪用のスプレーを全体に振っておくとカールのつきも持ちもよくなります。
ブロッキング
 
 
 


フォワードカールを、よりシンプルに作るために全頭を7つのパートに分けてあらかじめブロッキングします。
今回はトップの1と前髪をカーラーで巻き、2~7をコテで巻きます。

■前髪にカーラーをつける
カーラーの巻き方1
 
カーラーその2
 
カーラーその3
 


まず、ブロッキングの(1)を2つに分け、前半分をフォワードに、後ろ半分をリバースにカーラーで巻きます。コテではなく、カーラーで巻くことで、他の毛をコテで巻くとき邪魔にならずふんわりとした自然なカールが作れます。
前髪の部分をカーラーで巻きしばらくおいた後はずします。目安は1分程ですが、ドライヤーを使って温めると早くくせ付けが出来ますよ。
カーラーをはずした後は横に流して整えます。

左サイド
ブロッキング2の束を巻く
サイドの巻き方1
 
サイドの巻き方2
 

サイド1つ目の毛束は、耳前から毛束を取り、前に引き出します。「基本の3ステップ」の通り中間にはさみ→1回転→毛先へスライドさせます。均一なカールを作るためスライドは「ゆっくりと」が基本です。

ブロッキング3の束を巻く
バックサイドの巻き方1
 
バックサイドの巻き方2
 

次に(3)の毛束をとり外側から、前に引き出します。(2)同様中間にコテをはさみスライドさせます。毛先に向けスライドさせるとき手前下に向けてスライドさせると、束感が活かされたカールが作れます。

ブロッキング4の束を巻く
バックサイドの巻き方3
 
バックサイドの巻き方4
 

同様に(4)の毛束を外側から手前に引き出し、コテでカールをつけます。

<右サイド>
ブロッキング5の束を巻く
反対側サイド1
 
反対側サイド2
 

左サイドのバックまでカールをつけたら次は右サイドのフロントから始めます。
(5)の毛束はスライドさせる方向は同じですが、コテの入れ方が逆になるので注意しましょう。
右サイド
ブロッキング6の束を巻く
反対側バックサイド1
 
反対側バックサイド2
 

次に、(6)の毛束を巻きます。右サイドははねやすい人が多いので、このパートの中間部分にしっかりカールをつけると左右均一なカールが作れます。

ブロッキング7の束を巻く
反対側バックサイド3
 
反対側バックサイド4
 

逆サイド同様に、(7)の毛束を外側から手前に引き出しカールを作ります。

カーラーをはずす
カーラーをはずす
 

最後にトップに巻いたカーラーをはずしバランスを整えます。そして、前髪の流れも再度整えましょう。


■BEFORE                    ■完成
before
 
フォワードカール完成
 

かわいらしい印象のフォワードスタイルの完成です。
ポイントは、根元から毛先にかけての均一なカール感。毛先がクルクルになってしまわないように注意するときれいに完成します。
また、フォワードスタイルは、ペタッとしやすい髪質のでもふんわり柔らかいカールが作れます。

サイド1
 
バック
 
サイド2
 


また、毛束一つ一つはゆるめのカールですが、レイヤーを入れたカットにより立体的なシルエットが作れます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。