『彼女が好きなものは』の前田旺志郎インタビュー

彼女が好きなものは

前田旺志郎さん

映画『彼女が好きなものは』は、ゲイであるという自身のセクシュアリティに悩む高校生の純(神尾楓珠)が、告白してきた紗枝(山田杏奈)と付き合ってみるものの、同性にしか恋愛感情を抱けないために起こる彼女への罪悪感、本当に好きな男性を思う気持ちの切なさと共に、LGBTQを取り巻く問題にもしっかりと向き合った青春映画です。
彼女が好きなものは

(C)2021「彼女が好きなものは」製作委員会

この映画の中で、純の親友・亮平を演じているのが前田旺志郎さん。亮平は、親友がゲイであることを知らなかったり、片思いしている紗枝が純と付き合うことになったり、彼の周囲で激変する人間関係に戸惑いながらも、決して笑顔を絶やさない真のナイスガイ! そんな亮平をどう作り上げていったのか、また前田さんの俳優生活や大学生活についてお話を聞きました。
 

親友のセクシュアリティに悩む難役に挑戦

―亮平役は草野監督のワークショップで決まったそうですが、どのようなワークショップだったのでしょうか?
 
前田旺志郎さん(以下、前田)
来年制作される映画のワークショップとしか聞かされていなかったんですが、ワークショップで使った台本は、この映画の脚本の抜粋でした。僕は亮平役だけではなく、いろんな役を演じましたし、参加者それぞれがさまざまな登場人物を演じて、お芝居をまわしていきました。
 
ワークショップはとにかく楽しかったです。ただ、絶対にイケる!という自信はなかったので、出演が決まったときは「良かった~!」とホッとしました(笑)。
 
―亮平くんはとてもやさしく温かい人柄で誰もが好きになる、この映画の良心のような存在ですが、同時に自分の周囲で起こるさまざまなことに心が揺れる難しい役だと思います。役作りについて、苦労した点などありませんでしたか?
 
前田
そうですね、亮平はちゃんとまわりに気を遣える根っからのいい子で、周囲に合わせていく力や適応能力が高い男の子だと捉えて演じました。難しかったのは、親友の純がゲイだと知ってから「これからどう接したらいいのか」と悩むところ。いつもと同じように接しているけど、いつもとは微妙に違う。僕は亮平の悩みに共感できたので、とても苦しかったです。
 
正直、いまでも答えは見つからないです。亮平を演じて、セクシュアルマイノリティの人とどう接するべきかなど調べたりしたのですが、どれもしっくりこないんです。
彼女が好きなものは

(C)2021「彼女が好きなものは」製作委員会

―難しい問題ですよね。
 
前田
はい。「なんでだろう?」と考え続けて、これは人と人との間に生まれる感情こそがいちばん大切なのではないかと思いました。

普段、学校の友達と話していても、価値観や考え方の違いは起こるじゃないですか。それでも接し方が変わることはないですよね。だから、友達の恋愛対象が男性か女性かというだけで、相手を見る目が180度変わるっておかしいと思うんです。ゲイという言葉で人を括ることにも違和感があります。
 
亮平にとって大切なのは、安藤純と高岡亮平として向き合うこと。恋愛対象が男性でも女性でも、ずっと仲のいい友達の純であることは変わらないと思うので、そこを大切にした方がいいんじゃないかと思いました。