2021年も多くの最新ガジェットが発売になりました。スマホ、カメラ、イヤホンなど新機能を搭載した魅力的な機器が多かったのですが、その中で実際に筆者が購入して満足しているカメラ、スマートフォンなどを紹介します。
 

1. ミラーレス一眼カメラ NIKON Z fc【ニコン】

ミラーレスカメラNIKON Z fc

ミラーレス一眼カメラ NIKON Z fc

筆者はレンズ交換式のミラーレスカメラを愛用しており、昔のフィルム時代のレンズ、いわゆるオールドレンズを使って撮影しています。このオールドレンズが似合うカメラとして、ニコンから発売になったのがミラーレス一眼カメラ「Z fc」です。

Z fcは最新のミラーレスカメラ機能を搭載しつつ、昔のニコンのフィルムカメラのようなデザインを採用。オールドレンズを装着すると、まさにフィルムカメラのような雰囲気になります。

機能面も不満はなく、「APS-Cサイズ」のセンサで高精度な写真撮影が可能です。またユニークな仕様として、外装張替えサービスがあり、カラーリングの変更が可能です。フィルムカメラの雰囲気を持ちながら、ポップな外装にすることで、若い世代にも注目されています。
   

2. iPhone 13 mini【アップル】

スマートフォンiPhone 13 mini

Appleのスマートフォン「iPhone 13 mini」

iPhoneは毎年新機種が発売され、注目度の高いスマートフォンです。2021年に発売されたiPhone 13シリーズは、残念ながら例年のような盛り上がりのないモデルとなりました。期待されていた機能などが見送られたのが大きな原因で、iPhone 12シリーズと比較して、大きく進化したのがカメラ機能のみ、という寂しい仕様でした。

それでも、カメラの進化は大きく、新機能の「シネマティックモード」では動画撮影において自動で被写体にフォーカスしながら撮影する、という映画のような撮影が可能です。

筆者は、iPhone 13シリーズの中で最小モデルのiPhone 13 miniを購入しました。これは、小型モデルがこのiPhone 13 miniで最後になるのではないか、という噂があったためです。歴代小型モデルを愛用している身としては、入手しておくことにしました。2020年に購入したiPhone 12 miniよりも速い動作速度でバッテリーの持ちも良くなったので満足しています。


参考記事:カメラ機能がすごい! 小型スマホ「iPhone 13 mini」で「シネマティックモード」など3つの撮影機能を試してみた

 

3. Chromebook IdeaPad Duet【Lenovo】

Chromebook IdeaPad Duet

Chromebook IdeaPad Duet

2020年から2021年にかけてブレイクしたモバイル製品のひとつが「Chromebook」です。これは、GoogleのChrome OSを搭載した安価なモバイルノートで、特徴として、Chrome上でAndroidアプリが動作します。

パソコンソフトは使えませんが、日常の作業をChrome上で行っているユーザーは、ほぼパソコンと同じように操作ができます。また、パソコンソフトの代わりにAndroidアプリが動きますので、ある程度の作業は可能です。

筆者は、2020年に発売した軽量で2in1タイプのLenovo Chromebook IdeaPad Duetを今年入手しました。背面のキックスタンドをスマホスタンドに変更して、重量が700g台のモバイルノートして活用しています。
   
参考記事:Chromebookは仕事に使えるか? テレワークでのおすすめの使い方

 

4. 忘れ物防止タグ AirTag【アップル】

AirTag

AirTag

忘れ物防止タグは、鍵や財布に付けることで、落としたときなどに場所をスマホ上に表示する機器です。iPhoneと連携する忘れ物防止タグとして、アップルが2021年に発売したのが「AirTag」です。

AirTagは、世界中に流通しているアップル製品をベースに位置情報を表示します。iPhoneユーザーが多い日本では、忘れ物を見つけられる可能性が高いといえるでしょう。筆者はAirTagを車のキーやカバンに付けました。いざというときに役立てようと思っています。
   
参考記事:忘れ物防止タグの中で「AirTag」が優れている理由

 

5. 完全ワイヤレスイヤホン Indy ANC【スカルキャンディー】

完全ワイヤレスイヤホンIndy ANC

完全ワイヤレスイヤホン Indy ANC

イヤホンの中でも人気が高いのが、ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。各社から多くの機種がリリースされていますが、筆者はSkullcandy(スカルキャンディー)のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「Indy ANC」が個性的で気に入っています。

ウインタースポーツブランドとして人気の高いSkullcandy製品ということで、完全ワイヤレスでありながら低音の迫力のあるサウンド再生を実現しています。ポップスやロックが好きなユーザーであれば、充実した低音に魅力を感じるでしょう。ノイズキャンセリング機能とあわせて、通勤電車の中でも、低音の迫力のある音楽を楽しんでいます。
 
【おすすめ記事】
楽天モバイルと「povo 2.0」の併用ならデュアルSIMで月額無料!? 「iPhone 13 mini」で使えるか試してみた
JR駅で「STATION WORK(ステーションワーク)」を使ってみた。予約方法やオフィス内の環境は?
iPhone 13は「買い」か? 搭載された機能、見送られた機能をチェック

 

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。