今注目を集めているノートパソコンに「Chromebook(クロームブック)」があります。Chromebookはパソコン版のGoogle ChromeブラウザとAndroidアプリが利用できるノートパソコンのため、そこまで高機能なスペックが必要ではない教育現場などでは、安価で使いやすいパソコンとして人気があります。

個人利用としても手軽なChromebookですが、仕事ではどこまで活用できるのでしょうか。実際に仕事で活用した例を、おすすめの使い方も交えて紹介します。
 

Chromebook(クロームブック)とは

Chromebookとは、Google製のOS「Chrome OS」を搭載したノートパソコンです。WindowsやMac OSと比べると、パソコン用の専用アプリがなく、Chrome上で各種クラウドサービスやWebアプリを使ったり、Androidアプリで対応したりする作業に限定されます。
Chromebookの例(Lenovo IdeaPad Duet Chromebook)

Chromebookの例(Lenovo IdeaPad Duet Chromebook)

Chromebookを仕事で活用する方法

Chromebookを仕事で利用するには、パソコン用の専用ソフトが使えないため、基本的にはChromeブラウザ上での操作となります。例えばWordやExcelを使う場合には、MicrosoftアカウントでChromeにログインしてWeb上で操作する形になります。

パソコンソフトほどの高機能ではありませんが、基本操作はできるので、用途を限定しておけば十分実用になります。AndroidアプリのWordやExcelも利用できますが、パソコンに近い操作感としてはChrome上で利用するのがおすすめです。
ChromebookでChromeブラウザでWord編集

Chromebookを使いChromeブラウザでWord編集をした例

DropboxやEvernoteなどのクラウドサービスはChrome上で操作ができますが、AndroidアプリのDropbox、Evernoteも利用可能です。メール(Gmail)も同じくChrome上で操作、またはAndroidアプリで操作となります。
 

外部ディスプレイやZoom利用も可能

筆者が使用している「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」では、USB-CからHDMI出力が可能なため、外部ディスプレイに接続ができます。職場やリモートワーク先にディスプレイがある場合は便利です。また、USBハブやBluetooth経由でキーボードやマウス接続もできますので、デスクトップパソコンのように使えます。
外部ディスプレイに出力

外部ディスプレイに出力

Zoomは、ChromeブラウザにZoomアプリをインストールすることで利用できました。遅延もなく快適に使えました。
Zoomを利用

Zoomを利用

Chromebookのおすすめの使い方

Chromebookは機種によりますが、基本的にはスペックが高くないため、Androidアプリの操作をすると速度が重く感じる場合があります。Chromeブラウザの操作に関しては、タブを多く開くようなことをしなければ、速度の低下もなく、快適に操作ができます。

そのため、普段仕事でChromeをメインで使っている方には違和感なく、日常業務がこなせる端末になっています。パソコンアプリの代わりにAndroidアプリを使おうとすると、機能の違いや動作速度などで工夫が必要となるでしょう。
ChromebookのAndroidアプリの例

ChromebookのAndroidアプリの例

なお、Chromebookは通常のノートパソコンに比べてバッテリー駆動時間も長めで持ち歩きやすいサイズとなっているため、サブ端末としてもおすすめです。
 


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。