iOSがアップデートされると、さまざまな新機能がサポートされます。通知に従ってアップデートしたものの、自分のiPhoneの進化に気づかないケースも多いのでは。

今回は、iOS 15でサポートされた、画像から文字を認識できるOCR(光学文字認識)機能「テキスト認識表示(Live Text)」をご紹介します。
 

「テキスト認識表示」とは

テキスト認識表示は、カメラアプリや写真アプリで画像内のテキストを認識し、コピーや共有、翻訳などができる機能です。iPhone XS、iPhone XR以降で利用でき、執筆時点では英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語に対応しています。

残念ながら日本語は非対応ですが、翻訳機能を使ってこれらの言語を日本語にするといった使い方ができます。長い文書でも、メモアプリなどに保存してから翻訳すればOK。海外製品の説明書を読みたいときや、英字のスクリーンショットが送られてきたときなど、便利に使えるシーンはたくさんありそうです。

テキスト認識表示を使うには、設定でテキスト認識表示を有効にする必要があります。カメラや写真の利用は設定前と変わらないので、ぜひ使ってみてください。
言語と地域をタップ

「設定」で「一般」を開き、「言語と地域」をタップします 

「テキスト認識表示」をオン

「テキスト認識表示」をオンにします 

オンにするをタップ

確認画面が表示されるので、「オンにする」をタップします

テキスト認識表示を使うときは、カメラアプリで文字の部分をかざすか、写真アプリで画像を表示します。すると、右下にアイコンが表示されます。
文字認識アイコンをタップ

右下のアイコンで文字を認識させます

アイコンをタップすると、文字として認識された箇所が表示されるので、タップしてコピーなどを行います。
認識された文字を選択

認識された文字のうち、テキストにしたい箇所を選択します

翻訳したい場合は、「翻訳」をタップします。ダイアログが出たら「続ける」をタップして進みます。
翻訳箇所を選択する

翻訳したい箇所を選択します 

翻訳結果の表示

翻訳結果が表示されます

 

パソコン画面を読み取られるリスクも

とても便利なテキスト認識表示ですが、海外ではその応用例がツイートされて反響を呼んでいます。学生たちがパソコン画面をテキスト認識表示で取り込み、他人のメモを盗んでいるというツイートは、執筆時点で2万近くリツイートされ、10万件以上いいねされています。

画面をのぞき込まれるだけでなく、テキスト認識表示を使えばテキストで保存できてしまうことは、由々しき問題と考えられます。日本語にはまだ対応していませんし、実際には正確な文字起こしは難しいかもしれませんが、誰かに大事な文書をコピーされる可能性があるということです。

iOS 15の機能以外でも、画面に映った文字をテキストに変換する機能を持つアプリは存在しており、日本語にも対応しています。外出先で仕事をするときや、オンラインショッピングなどで個人情報を画面に表示する際には、注意が必要です。周囲に人がいないことを確認して行うようにしましょう。


【おすすめ記事】
Twitterの「ブロ解」とは? 新機能「このフォロワーを削除」で簡単に相手のフォローを外せるようになる?
Facebookが「Meta(メタ)」に社名変更。ところで「メタバース」って、いったい何のこと?
「iOS 15」はアップデート「する」「しない」を選択できる! 「iOS 14」を使い続けるメリットは
iOS 15の注目新機能まとめ! 絶対覚えておきたいテクニック
意外と知らない人が多いiPhoneやiPadの「メモアプリ」便利機能9選


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。