メモアプリの便利機能9選

メモアプリの便利機能9選

筆者はいろんな種類のメモアプリ・ノートアプリを使ってきましたが、やはりAppleの純正メモアプリが一番便利で使いやすく、長く愛用しています。

iPhone、iPad、Macでシームレスに同期できたり、手書きメモとテキストメモを共存させられたり、ウィジェットやクイックメモが充実していたりと、細かい配慮が散りばめられているのが使いやすさの秘訣かなと思います。

そこで今回は、そんなAppleのメモアプリについて、便利な9つの機能をご紹介します。

紹介するにあたっては、すでに知られているような有名な機能ではなく、意外と知られてないニッチでマニアックなテクニックを厳選してみました。知らない機能があったら、ぜひ友達にも教えてあげてくださいね。
 

1. コントロールセンターからのクイックメモ

思いついたその瞬間にメモを取りたいなら、コントロールセンターからメモアプリを立ち上げられるようにしておくことをオススメします。

設定アプリの「コントロールセンター」を選択し、「メモ」の項目を「+」を押して追加しましょう。
メモアプリの便利機能9選

設定アプリの「コントロールセンター」を選択し、「メモ」の項目を「+」を押して追加

すると、コントロールセンターにメモアイコンが追加されます。タップすると、新規メモが立ち上がり、すぐに書き始めることができます。
メモアプリの便利機能9選

追加されたメモアイコンをタップすると、新規メモが立ち上がる

 

2. iPadのクイックメモ

iPadでは、わざわざコントロールセンターを開かなくても、即座にメモを取り始められる機能があります。それが「クイックメモ」。

iPadの画面の右下から、左上に向けてスワイプ。すると小さなメモ画面が表示されます。
メモアプリの便利機能9選

iPadの画面の右下から、左上に向けてスワイプ

​​​​​このメモには、テキストメモも書けますし、Apple Pencilによる手書きのメモも残せます。どんな状態からでもすぐにメモを取り始められるので、アイデアを逃さないですみますね。
 

3. ロック画面からメモを起動

先ほどのコントロールセンターの設定が完了したら、ぜひロック画面からもメモを立ち上げられるようにしましょう。

設定アプリを開いたら、「メモ」→「ロック画面からメモにアクセス」と進み、「常に新規メモを作成」「最後のメモを再開」のどちらかにチェックを入れましょう。
メモアプリの便利機能9選

設定アプリで「メモ」→「ロック画面からメモにアクセス」と進み、「常に新規メモを作成」「最後のメモを再開」のどちらかにチェックを入れる

​​​​​すると、iPhoneのロックを解除しなくても、コントロールセンターからすぐにメモを取ることができます。マスクをしていてすぐに認証を解除できないようなときに、非常に便利です。
 

4. ハッシュタグによる検索

メモアプリは、最新のアップデートで「タグ」機能に対応しました。

SNSのように、シャープ記号「#」を単語の頭につけると、それをタグとして自動認識。あとからの検索に役立てることができます。
メモアプリの便利機能9選

「#」を単語の頭につけると、それをタグとして自動認識する

 

5. 図形の自動補正

メモアプリは、手書きのメモを取れるのが強みでもありますね。その手書きメモのときに役立つTIPSです。

メモアプリでは、図形を自動補正してくれます。

たとえば三角形をフリーハンドで書いたあと、最後の指を画面から離さず、少し待ってみてください。すると、綺麗な三角形に自動的に整形し直してくれます。
メモアプリの便利機能9選

三角形をフリーハンドで書いたあと、最後の指を画面から離さずに待っていると……綺麗な三角形に自動的に整形し直してくれる

対応している図形は幅広いので、いろいろトライしてみてください。筆者が調べただけでも、「直線」「曲線」「矢印」「円」「三角形」「四角形」「五角形」「星」「くも型」「吹き出し」「ハート」は描くことができました。
 

6. Webサイトの保存

面白かった記事、参考になったWebサイト。そういったものをメモしたいときに便利なメモ方法があります。

保存したいWebページで共有アイコンをタップ。出てきたメニューから「メモ」を選択します。
メモアプリの便利機能9選

保存したいWebページで共有アイコンをタップ。出てきたメニューから「メモ」を選択

保存先やメモを記入し、最後に右上の「保存」をタップ。すると、保存したメモのほうでは、単なるURLではなく、Webページへのリンクがサムネイル付きで保存されます。
メモアプリの便利機能9選

保存先やメモを記入し、最後に右上の「保存」をタップ。保存したメモのほうでは、Webページへのリンクがサムネイル付きで保存される

 

7. ウィジェット機能

ウィジェット機能を活用しているでしょうか。iPhoneのホーム画面に、アプリ以外の便利な機能を追加できる機能です。

メモアプリもウィジェットに対応済。特定のメモを瞬時に開くためのものや、特定のフォルダに直接アクセスするためのウィジェットを設置できます。
メモアプリの便利機能9選

メモアプリもウィジェットで設定すると便利

設置する手順は以下の通りです。

まず、ホーム画面の空いているスペースを長押しし、ホーム画面の編集モードにします。アプリがプルプルと震えだしたら、左上の「+」アイコンをタップします。
メモアプリの便利機能9選

ホーム画面の空いているスペースを長押しし、アプリがプルプルと震えだしたら、左上の「+」アイコンをタップ

ウィジェットの選択画面で「メモ」を選択。最後に、設置したいウィジェットのタイプを選択したら完了です。
メモアプリの便利機能9選

ウィジェットの選択画面で「メモ」を選択。最後に、設置したいウィジェットのタイプを選択したら完了

 

8. ホーム画面のアイコンを長押しでショートカット

ホーム画面に置いたメモアプリのアイコンを長押ししてみましょう。するとメニューが表示され、いろいろな形式ですばやくメモを始められます。
メモアプリの便利機能9選

メモアプリのアイコンを長押しすると、いろいろな形式ですばやくメモを始められる

 

9. 用紙のデザイン変更

メモのデザインを変更することも可能です。メモの右上にある「…」のアイコンをタップし、「罫線と方眼」を選択します。
メモアプリの便利機能9選

メモの右上にある「…」のアイコンをタップし、「罫線と方眼」を選択

いくつかのデザインパターンがありますので、好きなものを選びます。すると、選んだデザインがメモに反映されます。
メモアプリの便利機能9選

選んだデザインがメモに反映される

ただしこれは手書きのメモにのみ有効。テキストのメモを入力しようとすると、罫線・方眼を避ける形でテキストが入力されます。
メモアプリの便利機能9選

テキストのメモを入力しようとすると、罫線・方眼を避ける形でテキストが入力される



【おすすめ記事】
「iPhoneの裏技」記事一覧
知らないともったいない! iPhoneの標準アプリ「計算機」の便利な5つのテクニック
地味に使える…! iPhone「計測アプリ」の使い方と正確に測るコツ
iPhoneの標準アプリは削除してOK? 復元する方法とは?
iPhoneで動画を見ながらアプリ操作! ピクチャ・イン・ピクチャの使い方
iPhoneで見られたくないアプリアイコンを隠すショートカット活用術
 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。