くせ毛・縮毛と上手に付き合う方法、第2弾!今回は皆様から寄せられた相談内容に、Q&A形式で、お答えしていこうと思います。同じ悩みを、お持ちの方多いんじゃないでしょうか?

: 縮毛矯正を繰り返しているのですが、回を重ねる事に伸びが悪くなっている気がするのですが?

: それは、縮毛矯正を行なう美容師も感じている事です。
大きな原因としては、タンパク質などの髪の栄養分の流失です。ダメージを受けた髪は、変化しにくいのです。つまり矯正しにくくなるのです。対処法として、まず一番大事な点は縮毛矯正を行なった後の自宅でのヘアケアです。基本的に縮毛矯正は痛まないというキャッチで世に出ていますが、施術後何もしなければダメージは増大していくのです。施術後は普段よりヘアケアに神経を使ってください。サロン等で縮毛矯正後に必要なヘアケア剤等をチョイスしてもらうことが御勧めです。1回目より2回目、「伸びないなあ」っと感じてる方はダメージ毛だと理解してください。

: 縮毛矯正に合うヘアスタイル教えてください。

: 最近では毛先が動く矯正も出てきてはいますが、殆どの場合、矯正=ストレートになるわけです。流したスタイルやボリューム感で調整する、いわゆる動きのあるスタイルは不向きです。ストレートを強調するスタイルやショートボブ系のスタイルが一番、無理無く馴染むのではないでしょうか?



いわゆる前下がりのクラシカルなボブヘア!昨今のレトロブームで見直されて来たスタイルですね。矯正の利点を存分に発揮できると思いますよ。モード系や人と違ったスタイルを求めている方はオススメですね!




こちらはスタンダードなショートグラボブスタイルです。ショートにすると広がっていた、くせ毛も矯正をする事によりこのようにボリュームダウンを可能にしています。




: 縮毛矯正とストレートパーマの違いがいまいち分かりません。また、髪になるべく負担をかけたくないのですが、どちらの方が負担を少なく済ませられるのか、教えてください。


: 違いですね?この質問は良く受けますね、では説明します。簡単に言いますと、ストレートパーマの場合は文字どうり、ストレートのパーマを髪にかける訳です。これはパーマの効力が落ちれば基に戻ってしまいます。それに対して縮毛矯正は半永久的に、かけた部分の髪はストレートになっています。この違いが一番大きな違いです。ではどのように選べば良いかというと、希望するスタイルによって選んでください。どこまでのストレートやボリュームダウンを求めているのか、などでスタイリストと相談してください。髪の負担の問題は、最近の縮毛矯正は開発が進んでいますので負担は少なくなっています。まずは今の髪の状態に合わせてチョイスすることが大切なので担当のスタイリストにカウンセリングをしてもらうのが一番だと思います。