ダイソーの「わたぐも」

ダイソーの「わたぐも」


油を使った料理の片付けで、厄介なのがフライパンや鍋に残った油の処理です。そのまま洗い流してしまうと、シンクがベタベタになってしまって、きれいにする場所を増やしてしまうこともあります。それを防ぐために使いたいのが、ダイソーの「わたぐも」です。少量で油吸収してくれるので、使い終わったフライパンや鍋などが洗いやすくなるのです。
 

まるでわたあめ? ふわふわした素材が油を吸収!

わたのようにふわふわしてい

わたのようにふわふわしてい


ダイソーの「わたぐも」はポリプロピレンでできていて、とてもふわふわしています。触った感じは、綿菓子のよう。油の量に合わせてこれをちぎって使うことになります。
 

驚き! 約50倍もの油を吸収する優れもの

  約50倍の油を吸収

約50倍の油を吸収


ダイソーの「わたぐも」は、約50倍の食用油を吸収します。1袋に12g入っているので、これ全部を使うと約600mlの油を吸収できます。吸収量は食用油の種類や状態によって異なります。
 
揚げ物鍋に残った油を吸収

揚げ物鍋に残った油を吸収


写真は揚げ物鍋です。フライをあげた後で油を固めて捨てたのですが、底に油が残ってしまいました。そこで、このダイソーの「わたぐも」を使って油を吸収していきます。もしもちぎったサイズが小さくて吸収しきれなければ、後で追加すればOK! 最初は少なめから使ってみるのがおすすめです。
 
油を吸収して小さくなる

油を吸収して小さくなる


油を吸収するとどんどん丸くなっていきます。そして油の色(黄色)に変わってきます。
 

油がたれないから捨てるときに楽ちん

ダイソーの「わたぐも」の良い点は、油を吸収することだけではありません。吸収力があるので、ゴミ箱に捨てるときに油が“ポタリ”とたれてしまうことがないのです。フライパンや揚げ物鍋をキレイにしたと思っても、周りに油がたれてしまっては本末転倒。しかもその片付けが意外と面倒なんですよね。そんな「油のポタリ問題」がないというのは、本当に大きなメリットだと思います。

ダイソーの「わたぐも」は12g入りで110円です。耐熱温度は80度なので、高温の鍋や油は避けましょう。温度が低くなった時にさっと油の片付けができるので、時短家事にも繋がっていくのではないでしょうか。油の片づけに困っていた方はぜひチェックしてみてください。

DATA
ダイソー┃わたぐも
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。