地肌(頭皮)の場合、身体や顔の肌と同じだと考えてください。皆さん肌には気を使っていても頭皮はケアはしていないと言われる方が多いです。先日もある御客様と話している時の事・・・その方は肌が凄く敏感なため非常に高価なボディーシャンプーとボディーローションを使っているそうです。もちろんその商品は無添加で作られ非常に高価な品であるそうです。毎日それを使っているそうなのですが、首の後ろの部分だけ乾燥して荒れて困っていると相談を受けました。そして聞いてみるとシャンプーとリンスは市販の安価なものを使っていたのです。なぜこのような事が起こるのかというとそのシャンプー・リンスは石油系の成分の商品でした。セミロングの、その方の髪は当然首の後ろの部分に髪が触れます。同時にこの方は身体を洗った後でシャンプーをするそうです。当然シャンプーやリンスを流す時に泡などが顔や身体につきます。敏感肌の方はその泡やリンスの流した残りだけで荒れてしまうのです。マイクロスコープで頭皮を見たところ頭皮もかなり荒れてしまっていたのです。そして敏感肌用の天然成分のシャンプーを勧めた所、1ヶ月程度で荒れていた部分と頭皮は健康な状態になりました。このように肌は大事に考えている方でも頭皮は注意していない方が多いのです。




乾燥肌の方やこれからの季節は、フケが出やすくなり痒みを伴う場合が多いです。そう言う方の場合決って汚れていると誤解される方が多く、シャンプー回数が多くなり痒みを伴う事で爪を立てきつく洗ってしまうのです。これがまさに火に油を注ぐ結果となるのです。石油系のシャンプーで何回も洗えば先程説明したとおり、乾燥が激しくなりますし、爪を立てて洗う事で頭皮が弱くなり皮膚が剥がれフケのようになるのです。殆どの方がこれを繰り返し余計悪化させてしまうのです。

【乾燥を防ぐ正しい洗いかた】

まず洗いかたですが、爪を立てずに指の腹の部分で洗いましょう。痒みがあったりすると、ついつい爪を立ててしまいますが逆効果です。頭皮に傷がつくと表皮と言われる部分が捲れてふけの原因になる他抜け毛の原因にもなってしまいます。優しく頭皮をマッサージするように洗いましょう。それでも治らない時はシャンプー材がアナタに合わないと思っていただいて間違いないでしょう。その後のシャンプーの流しかたなのですが、ココがポイントです!洗う時間より流す時間を多く取ってください。充分にシャンプー剤を流さないと、ふけやかゆみの原因になりますので丁寧に流してください。

【シャンプーの選びかた】

今現在シャンプー剤は数えられない位の種類が発売されています。ス-パーなど店頭に並んでいる物・サロン専用のプロ用の物、値段も容量もさまざまです。その中で自分にあったシャンプーを選ぶのは容易な事ではありません。私共プロから言わせていただければ、基本的には自サロンで販売しているプロユースのシャンプーには自信を持っています。なにしろプロの目で判断した商品だからです。しかし、値段が高いのも事実ですね、店頭に並んでいる物と比べたら下手すると倍の値段です。
じゃあ何故サロンのシャンプーは高いのでしょうか?例外もありますが、簡単に言えば”こだわり”が違うのです。天然成分しか使われてなかったり無添加だったり髪の栄養分をたくさん含んでたり、負担をかけずに洗えたり、アミノ酸が主成分だったり細かい基準でアナタの髪に合わせてチョイスできたり・・・等単純に良い物なのです。例えばアナタが具合が悪くて医者に行ったとします、診断してもらって帰りに必ず処方箋がでます。その薬は何の疑いもなく受け取りますよね?私共も同じなのです。アナタの髪を診断して処方するのですサロンではアナタに合ったシャンプーを何時でもお勧めできるのです。一度サロンのスタイリストのチョイスを信じてみてください。なにしろプロなのですから・・・まずは、ご自分の髪質を知る事から始めてください。サロンでスタイリストに聞くと良いでしょう。