いますぐ完全なアーリーリタイアできますか…?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、貯蓄1億円をもとに、いますぐ仕事を辞めて完全なアーリーリタイアをしたいという48歳の会社員男性。貯蓄はあるけど、資産運用は未経験。リタイアしてのんびり暮らすにはどうしたらいい? 気になる老後のお金事情に詳しい、ファイナンシャル・プランナーの豊田眞弓さんがアドバイスします。
今すぐアーリーリタイヤしたいのです

今すぐアーリーリタイアしたいのです


■相談者
まめだぬきさん
男性/会社員/48歳
東京都/借家
 
■家族構成
ひとり暮らし
 
■相談内容
48歳独身アパート暮らし。借金なし。すぐにでもアーリーリタイアしたい。いますぐ可能か?注意点や問題点を確認したい。貯蓄はあるが資産運用していないので将来的なことも考え、資産運用をどの程度するべきか?も知りたい。
 
貯蓄が普通預金で1億とちょっとある。その他に資産はなし。車1台(普通車1000㏄)、車以外の保険は未加入。大きな病歴なし。25歳から福利厚生がきちんとした1000人規模以上の企業につとめているが仕事が結構きついので他に時間が取れない。趣味にほとんどお金がかからず、イラストやこまごまとしたインドア系の趣味。
 
リタイア後はのんびり趣味に没頭しながら、25万/月ぐらいで貯金を取り崩しながら暮らしていきたい。両親70代持ち家、借金等なし。資産不明。金銭的に困っているわけではなさそう。私との関係は良好。医療費も問題ないと言っている。補助は不要。
 
■家計収支データ
相談者「まめだぬき」さんの家計収支データ

相談者「まめだぬき」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)公的年金と退職金について
年金受給額は不明。退職金は300万円。 
 
(2)働き方について
完全に仕事を辞めたい。自営業などは考えてない。 
 
(3)今後の車の買い替えのタイミングと、予算について
車の買い替えは10年後。その後も10年後ぐらいを考えている。車に興味がないので単純な最低限の移動手段と考えている。大きな支出は将来の健康上の問題、自身の老人ホーム入居などの支出が考えられる。
 
■FP豊田眞弓の3つのアドバイス
アドバイス1 100歳まで生きるとしたら、預金1億円は少し不安
アドバイス2 介護施設の種類と65歳以降の過ごし方で必要予算は変わる
アドバイス3 投資して増やす、少しだけ働いて補うなどの方法も
 
アドバイスの詳細はこちら>>