コロナ禍で売上絶好調! GODIVA監修スイーツ 

GODIVA監修スイーツ

GODIVA監修スイーツ、新作はショコラ×キャラメルがコンセプト!

ローソンが2017年6月より展開している、GODIVA監修のスイーツ。これまでに計45品を販売していますが、コロナ禍にあって身近なコンビニスイーツに“ちょっとした贅沢”や“癒し”を求めるニーズの高まりもあり、売り上げは上々。

2021年に販売した5品を2019年の同時期と比較してみると、合計販売数は約2倍に伸びているといいます。
 
今回発売されたのは、「Uchi Café×GODIVA ビスキュイ ショコラキャラメル」(税込450円)、「Uchi Café×GODIVA エクレールショコラキャラメル」(税込350円)の2品。早速いただいてみましょう。
 

見た目の本格感にもこだわったケーキ

GODIVA監修スイーツ

お皿に移せば、コンビニスイーツとは思えない本格感!

「Uchi Café×GODIVA ビスキュイ ショコラキャラメル」(税込450円)は、ビジュアルからして本格感が漂う一品。チョコクリームの上にガナッシュクリームを絞り、側面にビスキュイ(生地)をあしらっています。
 

生地×クリーム×ガナッシュで、濃厚なチョコレートの味わいに

GODIVA監修スイーツ

3種類のチョコのパーツで、濃厚なチョコレートの味わいを楽しめます

チョコレートのビターな味わいにミルク感が調和したチョコクリームと、カカオの酸味を感じるフルーティーなガナッシュクリーム、チョコレート風味の生地が合わさって、濃厚なチョコレート感を味わえます。とくにガナッシュクリームは、カカオの風味がしっかり感じられます。
 

中心に“濃厚”なキャラメルクリームが

GODIVA監修スイーツ

チョコレートだけだと重くなりがちな味わいを、キャラメルが中和してくれます

さらに食べ進めると、中から甘いキャラメルクリームが顔をのぞかせ、味わいの変化も楽しめます。側面のビスキュイは、ブッセのようなフカフカとした食感。単体で食べるとややパサつきが気になりますが、濃厚なクリームと一緒に食べるとチョコレートの味わいをより深みのあるものにしてくれます。
 

エクレアは、チョコクリームとキャラメルソースがぎっしり

GODIVA監修スイーツ

金粉とアーモンドの飾りで、見た目も華やか

一方、「Uchi Café×GODIVA エクレールショコラキャラメル」(税込350円)は、しっかりとした歯触りのチョコ生地の中に、ベルギー産チョコと生クリームを合わせたチョコクリームと、とろっとした形状のキャラメルソースが入っています。クリームとソースが隙間なくきっちり詰まっているのが嬉しいですね。

GODIVA監修スイーツ

キャラメルソースは、流れ出ない程度のとろっとしたテクスチャー

チョコクリームは、生チョコのようにやや硬さのある食感で、ソースはとろっとした形状。口どけのスピードの違いがあるので、先にキャラメルの甘みが広がったあとに、チョコレートのほろ苦い味わいが追いかけてきます。
 

アーモンドの香ばしい風味がアクセントに

GODIVA監修スイーツ

チョコレートとキャラメルの甘みが調和して、まろやかな味わいに

咀嚼すると生地のチョコレート感と合わさって、より深みのある味わいに。生地の食感と、飴掛けしたアーモンドの香ばしさと歯ざわりがアクセントになっています。
 

キャラメルスイーツ、実は奥深い……! 

GODIVA監修スイーツ

キャラメルとチョコレートは、相性抜群の組合せ

今回の2品は“秋のショコラキャラメル”がコンセプトですが、いずれもキャラメルは甘みがしっかりとして、親しみやすい味わいだと感じました(個人的には、もう少し苦みや酸味のある味わいが好みですが、ガナッシュクリームの苦みや硬さとバランスをとったのだと推察します)。

ちなみにキャラメルは、焦がし具合や、バター・生クリームの有無で味わいが変化し、簡単そうで奥が深いパーツの一つ。

女性に人気のあるフレーバーなので、コンビニスイーツでも度々登場していますが、その度にどのようなキャラメルに照準を合わせて商品開発をしているのか、個人的にチェックしています。チョコレートとキャラメルという、秋にぴったりのGODIVA監修スイーツ、ぜひ味わってみてくださいね。


<最新コンビニスイーツ記事>
ローソンの新作バスチーは「コーン味」!焼きトウモロコシを連想させる意外なおいしさ
ファミマから懐かしのスイーツたちが期間限定で復活!サンクスやam/pmのヒット商品にまた会える

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。