お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、預金が4400万円あるが老後破産にならないための注意点を知りたい、という相談者からの質問に回答します。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:老後破産にならないために特に注意するべきことは?

「こんにちは! 今、定年退職後1年目です。再雇用で、年収570万円ほどです! 今年は昨年の収入が高かったので、住民税を年100万円ほど支払っています。 預金4400万円、株式200万円マンションはローンを月額8000円ほど残しています(残高150万円)この状況で、老後破産にならないために特に注意するべきことがありますか?」(元気くまさん)
 

A:可能な限り、できるだけ長く働くことと、楽しいことも計画してみてください

こんにちは! コメントをお寄せいただいてありがとうございます。老後破産にならないために注意すべきことですね?

今現在、相談者の年収は570万円ありますし、預貯金と株式あわせて4600万円。住宅ローン残高も150万円です。このままの生活を続けていけば、特に問題はなく生活できるでしょう。そのなかでも老後破産にならないために注意すべきことを、いくつかお話しします。

現在、再雇用で働いていらっしゃるとのこと。可能な限り、できるだけ長く働くことが大切です。相談者様の場合、お金のためというよりも心身の健康のため、社会とつながっておくといいと思いお勧めします。

また、お金の流れを把握することも大切です。伺っているデータからは、どのような支出になっているのか、細かくは分かりません。とはいえ、住宅ローンを順調に返済されていらっしゃいますので、堅実な家計管理をなさっているのではないかと思います。

再雇用の勤務期間を終えると、収入は年金のみになります。恐らく、年金の受給額は把握されていると思いますので、年金のみになったときの生活費の不足分はいくらになるのか?預貯金を切り崩して生活する場合、どれくらの期間、持つのかを確認しておいてください。

コロナ禍ということもあり、今は自由に出かけることは難しいのですが、今度、どのような生活を送るのか?楽しいことを中心に計画してみてください。趣味を楽しむ、旅行に出かける、今までやりたくてできなかったことを挑戦するなど、考えてみてください。

預貯金を切り崩しても生活するだけの財力があるなら、自分のために使うのもセカンドライフの醍醐味です。新しい生活を謳歌するための計画を立ててみてください。

※専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
非正規雇用やアルバイトだったら、老後に備えてどのようにお金を貯めたらいい?
50代でタバコや酒をやめれば、もっと節約できるとは思うのですが……
老後資金が足りない場合の「奥の手」ってありますか?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。