難しい年金制度に対する疑問に専門家がお答えします。今回は、60代前半も会社員として働いた場合、年金を減らされない収入について、回答します。
 

Q:60代前半も会社員の場合、年金をカットされないための収入は?

「65歳になるまでは、会社員として、無理のない範囲で、働こうと思います。年金も同時にもらいたいと思っておりますが収入が高すぎると、年金を減らされると聞きました。年金がカットされない収入について教えてください」(会社員・女性)
60代前半も会社員を続けようと思います

60代前半も会社員を続けようと思います

 

A:年金と月収合計が28万円以下であればカットされません

60歳以降も会社員として働き、厚生年金保険に加入した場合、給与収入等と年金月額を足した金額が一定額(60代前半では28万円)を超えると、年金が一部、または全部支給停止となります。これを「在職老齢年金」といいます。在職老齢年金は65歳未満の人と、65歳以上の人では、カットされてしまう年金額の計算方法が違います。

60代前半で、特別支給の老齢厚生年金を受け取り始める人は、65歳到達時までの年金と月収を合わせて28万円以下におさめれば、年金は全額支給されます。※60~64歳の在職老齢年金は、2022年4月の改正により、基準額が47万円へと引き上げられます。

年金が28万円を超え、給与収入が47万円以下の場合、支給停止となる年金額は以下のような計算式でわかります(計算次第で全額支給停止になる場合もあります)。

【計算式】(給与収入+毎月の年金-28万円)÷2

もし相談者が65歳以上も働き続けた場合は、おおよその目安として、毎月の老齢基礎年金を除いた年金額+給与収入が47万円以下であれば年金カットされません。47万円を超えた場合は、超えた金額の2分の1、年金が少なくなります。65歳以降の老齢基礎年金は減額されません。

自分がいつから年金受給ができるのかなどについては、「ねんきんネット」や年金事務所等で確認してみましょう。


※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。