お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、大黒柱が再雇用となり、収入が激減した場合の対策についてです。
 

Q:夫の収入が半分になり、貯蓄を取り崩すことに

「夫が60歳となり、収入が激減しました。家計は赤字となり、貯蓄を取り崩して生活しています。貯金はしてきましたが、貯金が目減りしていくのは、メンタルにきますね。老後は、今まで一生懸命貯めた、貯金がすり減っていくのは仕方ないんでしょうか?」(61歳・専業主婦)
 

A:貯金が目減りするのは、ある意味、仕方ないことです

貯金が目減りしていくのは本当に心配になりますし、メンタルに影響するのもよく分かります。今まで一生懸命に貯めてきたとのことですので、日々、残念な気持ちになっていることでしょう。

年齢にかかわらず、せっかく貯めた貯金が減ってしまうのは残念ですし、つらいと感じる人も少なくありません。ただ、ご主人が60歳を迎えたことで収入が減ったとのことですので、預貯金を切り崩して生活費を補うのは自然なことですし、そのために貯金をしてきたのだと思います。反対に、切り崩すだけの原資があることに感謝してもいいかもしれません。

とはいえ、どこまで減ってしまうのか、不安になってしまうのも自然なことです。この不安を食い止めるには、いかにして減るスピードを遅くするかです。

減らすスピードを調整するためには、【1】収入を増やす、【2】節約して出費を抑えるかの2通りが考えられます。

【1】収入を増やす
もし、現在、片働きになっているのなら、フルタイムで働くことはありませんが、共働きをしてはいかがでしょうか? 50歳以上向けの就職情報サイトもありますので、確認してください。もちろん、知り合いのお手伝いをするなど、臨時的な仕事でもいいですね。あくまでも、目的は貯金の減るスピードを遅くするためです。身体に負担のないような形で、仕事をしてください。

【2】節約して出費を抑える
収入が限られてしまうなら、出費を抑えることも大切です。一度、家計を見直して、無駄遣いがないか、チェックしてみましょう。また、やみくもに節約しても、ストレスが生じるばかりです。無駄なく生活できているなら、それ以上の出費が増えないよう、心がけて行ってください。

貯金の目減りは、多くの人が直面しています。焦ることなく、自分たちのペースで暮らしていくことにフォーカスし、無理をしないでくださいね。

※専門家に質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
老後破産しがちな人のパターンって?
運気が下がる⁉ オンラインでの付き合い方
老後のお金がますます不安になっています。今からできることは?
夏の電気代どうすれば安くなる? 無理なくできる節約術

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。