お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、平均よりもらえる年金額が少ない人の対策についてです。
 

Q:平均よりもらえる年金額が少ない人はどうする?

「私は、収入が少ないので、将来もらえる年金も平均より少ないと思う。そんな人は、今後どう生きていけばいいのか分からないのですが……」(50代・会社員)
 

A:年金受給額を増やす努力と家計の見直しをしてみましょう

ただでさえ年金受給額が減っている流れの中、将来、もらえる年金が平均より少ないとなると、不安に感じますよね。そのような場合、どのように生活していくべきか、考えてみましょう。

まず、年金が平均よりも少ないと分かっているのなら、将来、受け取る年金額を増やすように行動しましょう。

年金を増やす方法の1つとして、iDeCo(イデコ)に加入することです。iDeCo(イデコ)は自分で掛金を拠出、運用方法を選び掛金を運用し、60歳以降、掛金とその運用益の合計額を受け取ることができるというものです。厚生年金の加入者でも申し込める場合もありますので、勤務先で確認してみましょう。

その他、年金としてではなく、通常の積立をしてお金を貯めてもよいですね。積み立てる商品としては銀行の積立、投資信託などがあります。投資信託は元本保証ではありませんので注意してください。

どちらを活用する場合でも無理は禁物。無理のない範囲で積立額を設定しましょう。

年金が少ないと危機感を持っているなら、無駄遣いはないかもしれません。でも、念には念を入れて、無駄な出費はないか、使途不明金はないかを確認してみましょう。無駄だと思うものがあったらすぐに止めて、貯蓄に回すようにしてください。

また、お金の流れを知ることで、自分の生活パターン等も知ることができます。無駄とは思っていないことが無駄に思えたりしてきますよ。今はコロナ禍ということもあり、会社での付き合いも減っているハズ。今まで使っていた交際費は、将来に備えて貯蓄に回してください。

セカンドライフの収入は、年金だけではありません。年金が受給できるのは65歳を過ぎてからですので、できるだけ長く働いてはいかがでしょうか。

60歳は十分に働ける年齢です。勤務先で継続雇用や嘱託勤務が可能なら、働いてください。そのような制度がないのなら、他の会社で働くことを検討してもいいですね。

年金が平均より少ないと分かっているのは、立派なこと。今すぐ行動を起こし、不安を解消していきましょう。

※専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】

夫が60歳を超え収入が激減、赤字となり、貯金が減っていくことがメンタルにきます
老後破産しがちな人のパターンって?
誕生日別! 9月の運気アップする過ごし方
運気が下がる⁉ オンラインでの付き合い方

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。