夏の定番アイテムTシャツコーデの正解は?

夏の定番アイテムTシャツコーデの正解は?

全国的に猛暑日が続き、万全な暑さ対策が必要となっています。地域によっては、湿度も高いので、不快な暑さとなりそうです。なるべく涼しい服装を選び、少しでも快適に過ごしたいものですね。今回は夏の定番アイテムTシャツをテーマに、垢抜けて見えるコーデの正解を探ってみましょう。
 

1:トレンドのビッグシルエットTシャツは骨格に合わせた生地選びを

トレンドのビッグシルエットTシャツが似合うのは、骨格がしっかりしているタイプ。このタイプの人は、ハリのあるものよりも、落ち感のある滑らかな生地を選ぶと、こなれた印象になります。トップスやボトムスをルーズなシルエットにしても、洗練された着こなしを楽しむことができます。

一方、上半身が華奢なタイプが着ると、Tシャツに着られているように見えたり、腰位置が高いタイプが着ると、太って見えたりします。ただ、今シーズンは少しゆったりとしたサイズを選んだ方が、今っぽい印象をまとえます。
出典:WEAR

出典:WEAR

GUのメンズドライダブルフェイスビッグプルオーバー(5分袖)とユニクロのエアリズムコットンスリットスカートの白黒モノトーンコーデ。サンダル、バッグ、アクセサリーをシルバー系で揃えて、クールな印象に整えています。

このコーデのように、Tシャツの裾をウエストインすると、見た目の重心を上半身に引き上げることができます。上半身が華奢なタイプは、ウエストインがおすすめです。
出典:WEAR

出典:WEAR

古着っぽいカラーリングに大きめのカレッジプリントを施したトレンド感のあるアイテム。ヘビーウェイト生地のため、程よいハリ感があり、体のラインを拾いません。スキニーデニムとスポーツサンダルを黒で揃えて、下半身をコンパクトにまとめています。

腰位置が高いタイプの人は、このコーデのように、ウエストインしない着こなしもお似合いになります。
 

2:ジャストサイズのTシャツには“サロペット”を合わせてメリハリを

40代、50代の女性にとって、ジャストサイズのTシャツは体型カバーという点はやや心もとないアイテムですが、トレンドのジャンパースカートやサロペットと好相性。お腹まわりをカバーし、リラックス感のある着こなしを楽しめます。
出典:WEAR

出典:WEAR

ジャストサイズのクルーネックTシャツに、ベージュのジャンパースカートをレイヤード。ワイドストラップのVラインがすっきりとした印象を叶え、裾に向かって広がるフレアラインシルエットでふんわり女性らしい印象に。Tシャツのロゴがフォーカルポイントになっていて、視線を上半身を引き上げる効果があります。

上半身が華奢なタイプは、このようなAラインをつくると体型を美しく見せることができます。
出典:WEAR

出典:WEAR

ノースリーブTシャツに、グレイッシュブルーのサロペットをレイヤード。交織で織られた深みのある色目とソフトな風合いが魅力的なシャンブレーコーデュロイなので、大人っぽく着こなすことができます。ノースリーブTシャツはハリのある生地なので、体のラインを拾いません。

40代、50代になると、ノースリーブを着ることに躊躇しがちですが、腕との間に少しゆとりがあるものを選べば、二の腕の太さが目立ちにくくなります。
 

3:夏のTシャツコーデにはゆったり感のある“羽織りアイテム”をプラス

夏は冷房や紫外線対策を兼ねて、何か羽織るものをもっていると、何かと重宝します。今シーズンの羽織りものは、トレンドのロング丈やビッグサイズなど全体的にゆるっとしたリラックス感のあるものが多いようです。骨格がしっかりしているタイプは、ゆったりとしたサイズ感のものを着ると、女性らしさがあふれ出るのですが、人によっては、だらしなく見えてしまうこともあります。
出典:WEAR

出典:WEAR

Tシャツとパンツに、リネン素材の絞りのないボックスシルエットダブルジャケットを肩にかけたスタイリング。すっきりした印象に見えるのは、Tシャツをウエストインして、ウエスト位置をアピールしているからです。ジャケットに袖を通したとき、服に着られているように見えるときは、袖をくしゅっとまくり上げて手首を出してみましょう。
出典:WEAR

出典:WEAR

メッシュオーバーカットソーは、今シーズンらしくて、目新しさのある羽織りもののひとつ。ジャケットやカーディガン、ストールなどは持っているという方は、メッシュアイテムをいつものコーディネートにプラスオンするだけで、おしゃれな印象になります。

ヴィンテージ&メンズライクなロゴプリントTシャツとランダムプリーツ加工のイージーパンツに、メッシュオーバーカットソーをレイヤード。シンプルなTシャツが、パンツのプリーツやカットソーのメッシュの凹凸感を引き立て、大人カジュアルな着こなしになっています。

シンプルなTシャツも、シルエットや素材、コーディネート次第で、垢抜けて見えます。今回ご紹介したコーディネート例を参考に、Tシャツのおしゃれを楽しんでくださいね。

【ガイドからお知らせ】
色に関するウェブアンケートを行っています。匿名でご回答いただけますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。

2021秋冬あなたが着たい色は?

ガイドの最新情報は、TwitterFacebookページをご覧ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。