玄関掃除の仕方とおすすめ掃除グッズ

外と家の中の区切りである玄関。外を歩いてきた靴の裏は何がついてきているか分かりませんし、外からの砂埃も入ってきやすい場所でもあります。それらを家の中に持ち込まないためにも、玄関は清潔にしておきたい場所ですね。

玄関掃除の仕方や、掃除をする頻度など、「自分の家は正しく掃除できているだろうか」と思われるかたもいるかもしれません。今回は、効率よく玄関を掃除する方法や、掃除の頻度についてご紹介します。
 

玄関はほうきで掃く? 掃除機を使う?

昔ながらの玄関掃除はほうきで掃くというイメージでしょう。ほうきで掃く場合は砂埃を家の中に入れないためにも、濡れた茶殻を撒いたり、濡らして千切った新聞紙を撒いて掃くのがおすすめです。茶殻や新聞紙がホコリを吸着して舞い上がるのを防いでくれます。 
ダイソーの掃除機ノズル

ダイソーの「掃除機ノズル ブラシ付き」110円(税込)。ノズル口直径が30~35mmに対応

また玄関はホコリなど細かい汚れが多いため、掃除機を使うと時短でラクに掃除をすることができます。その場合、掃除機のノズルを1つ玄関専用にすれば、部屋の掃除と使い分けができます。

最近では100円ショップでも売っているため、手頃な価格で用意することができるでしょう。先端に細いブラシが付いたものであれば、玄関の隅の砂埃も吸い取ることができるのでおすすめです。
 

玄関掃除に雑巾がけは必要?

玄関の汚れは砂埃だけではないので、定期的に拭き掃除をすることもおすすめします。雑巾がけも良いですが、腰をかがめて玄関の床を拭くのは面倒という人も多いでしょう。その場合、ウェットタイプのペーパーモップがおすすめです。
ウェットタイプのペーパーモップ

ウェットタイプのペーパーモップも様々なタイプのものが発売されている

100円ショップやホームセンター、ドラッグストアなどで販売されています。ただし高級な大理石の場合、酸性やアルカリ性のものを使うとシミになる可能性もあるので、材質を確認してください。 
 

玄関掃除に洗剤を使う必要はある?

定期的に掃除機をかけ、雑巾やウェットタイプのペーパーモップで掃除をしていれば、さほど汚れがたまるということはありませんが、気になる場合は中性洗剤を薄めたもので掃除するのもおすすめです。
洗剤を入れられるブラシ

100円ショップで売られている洗剤を入れられるブラシ

その際、100円ショップなどで売っている洗剤を入れられるブラシを使えば、洗剤を少しずつ出しながらブラシで汚れを落とすことができます。
 

玄関掃除の頻度は?

玄関の汚れ方は、その家の人数や人の出入りの数、また砂場遊びをする年代がいるかどうかでも随分と変わってきます。そのため自分の家の玄関の汚れ方を見て判断してほしいところですが、目安として掃除機や掃き掃除を最低でも週に1回、汚れが多ければ毎日でも。拭き掃除は1カ月に1回。洗剤を使った掃除は年に1回くらいが理想的ではないでしょうか。
 
その家の入り口となる玄関ですから、いつでも綺麗な状態を保ちたいですね。

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。