過酷な夏には「炭酸」が効く! 炭酸の美容効果でめぐりの良い肌へ!

 

シュワシュワやさしい刺激でこわばった肌をほぐし、ハリ・うるおいをアップ

夏は、肌にとっては過酷な季節です。まず、強い紫外線が肌のターンオーバー(新陳代謝)を大きく乱します。さらに、冷房の効いた室内で長時間過ごしていると、肌の乾燥が進み、体が冷えて血流も滞りがちになります。そこへ暑さによる食欲不振や睡眠不足などが加わると、肌はめぐりの悪い夏バテ・夏枯れ状態に。その結果、くすみやカサつきといった肌トラブルを招いてしまうのです。

そんな肌の“夏枯れ”を防ぐために今から投入したいのが、炭酸コスメです。炭酸は肌への浸透力が高く、血行を促進する作用があるので、肌のすみずみまでたっぷり酸素や栄養を行き渡らせ、ターンオーバーを整える働きが期待できます。ひんやり清涼感のある使い心地も、暑い季節にはぴったり。

今回は、炭酸コスメ初心者でも取り入れやすく、確かな手ごたえを感じられるアイテムを厳選してご紹介します!
 

1:肌の調子を土台から底上げして、美肌へ導く!

 

次に使う化粧品のなじみもアップ。「ソフィーナ iP インターリンク セラム」とのセット使いもおすすめ

炭酸コスメの代表格といえばこちら。洗顔後、スキンケアのファーストステップとして使用する高濃度炭酸泡のブースター美容液です。刺激が少なくやさしい使い心地でデイリーケアに取り入れやすく、肌の土台をしっかりと整えてくれます。

毛穴より小さなマイクロ炭酸のクリーミーな泡を塗り広げると、美容液が角層の最深部までじっくり浸透して、血流促進。乾燥などでこわばった肌をうるおいで柔らかくほぐします。使い続けるうちに、ハリと弾力に満ちた明るく血色の良い肌に!

DATA:ソフィーナ iP ベースケア セラム <土台美容液> 90g(税込5500円、編集部調べ)/花王
 

2:時間も手間もショートカット! 毎日使える炭酸パック

 

ほうれい線やTゾーン、デコルテ、ひじ・ひざなどのパーツ使いもOK。狙ったところに欲しいだけ使える

「炭酸ジェルパックは混ぜるのが面倒」と二の足を踏んでいた人にもぜひ使って欲しいのが、炭酸美容のパイオニア・ドクターメディオンのスプレー式炭酸パック。ボタンをプッシュすると2種類のジェルが同時に出てくる仕組みで、手のひらで混ぜ合わせるとたったの5秒で炭酸が生み出され、お手入れ準備が完了します。

あとは、気になる部分にのせて10分待つだけ。ブライトニング成分を豊富に含むジェルが密着し、洗い流すとパッと明るく引き締まった肌に! 疲れた日や時間のない日でも、エステ並みのお手入れが簡単に叶います。

DATA:ドクターメディオン スパオキシデュアルジェル 100g(1剤50g・2剤50g)(税込3740円)
 

3:なめらか濃密泡に包まれながら、するんとメイクオフ

 

ブランド名は“清らかで美しい”という意味を持つ大和言葉の「楚々(そそ)」に由来。日本古来の美容成分・酒粕も配合

ワンプッシュするだけで、生クリームのように濃密な泡がモコッと出現。なめらかな泡のクッションで摩擦を防ぎながら、メイクや毛穴汚れを一度ですっきり落とせる、贅沢な使い心地の炭酸泡クレンジングです。

夜のクレンジングだけでなく、朝の洗顔時にパックとして使うのもおすすめ。泡を肌にのせて1~2分置き、洗い流した後は吸い付くような感触のもっちり肌に。次に使う化粧水もぐんぐん入り、化粧ノリもアップするので、一日中、自信の持てる肌で過ごせます。

DATA:SOH SOH COSMETIC モイストバブルクレンジング 180g(税込4950円)
 

4:いつでもさっと美白ケアできる、高濃度炭酸ミスト

 

日差しを浴びたなと思ったらすぐにケアが可能。細かいミストがふわっと広がる

シュッとひと吹きできめ細やかな高濃度炭酸が素早く角質層に浸透する、薬用美白ケアミスト。浸透型プラセンタとグリチルリチン酸2Kの2種類の薬用有効成分配合で、気になるシミやうっかり日焼けもさっとケアできます。

顔はもちろん、ボディやヘアなど全身に使えるのもうれしいポイント。朝晩のスキンケアのほか、メイクの上から日中の乾燥対策に、お風呂上がりのボディケアに、髪のパサつき防止にと、あらゆるシチュエーションに対応できるので、1本持っておくと便利です!

DATA:サンタマルシェ スパークリングミスト 150g(税込1980円)※医薬部外品

その美肌効果の高さから、美容業界でも愛用者の多い炭酸コスメ。まだ未経験の人も、まずは使いやすそうと思ったアイテムから取り入れてみてはいかが?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。