「風の時代」2021年度前半のラッキーカラーは?

a

西洋占星術では、2021年は「土の時代」から「風の時代」へと移り変わっていく過渡期と考えられています。約200年間続いた「地の時代」の始まりを象徴するのは、1820年の産業革命。地のエレメントが、物質的、現実的な価値観を象徴するのに対して、風のエレメントは、情報、コミュニケーションなど、やや抽象的な概念を司ります。

新型コロナウイルスによって、生活は大きく変わりました。しかし見方を変えれば、目に見えない驚異にも立ち向かえる時代になってきたといえるでしょう。捉えどころのない曖昧なものにも、価値を見いだす人々が増えてくることを示唆しています。硬直的な考え方よりも、想像力や柔軟性が求めらる時代になっていくのではないでしょうか。

今回は、そんな2021年度前半の運気をサポートする12星座別のラッキーカラーをご紹介します。
   

天秤座:コミュニケーションを変える「ターコイズ」

「火」「地」「風」「水」の4つのうち、天秤座は風のエレメントの星座のひとつ。コミュニケーション能力を発揮することによって、人生の可能性を広げていくタイプです。風の星座の中でも、天秤座は、バランス感覚に優れ、ほどよい距離感が人間関係を広げていく傾向があります。

2021年度前半の天秤座は、人の目を気にしすぎて、心身が揺れ動いてしまうことがあるかもしれません。天秤座にとって他人は、自分を映し出す鏡のようなもの。無関心な素振りをされると、自分を見失ってしまいがちです。

そんなときは、スマホの待ち受け画面にターコイズを取り入れてみましょう。天秤座は頭で考えるクセがあります。自由に楽しく生きるためには、ハートで感じたことを表現するのが大切。ターコイズブルーは、コミュニケーションの本質に気づかせてくれるでしょう。

 

蠍座:深い瞑想へと誘う「バイオレット」

蠍座は水のエレメントの星座のひとつ。水は感情の象徴で、思考よりも感じることを重視するタイプです。蠍座は、深い洞察力を備えているため、人の辛さや弱さ、影の部分に惹かれる傾向があります。

2021年度前半の蠍座は、混沌とした状況に陥ってしまう可能性があります。そんなとき、誰かに救ってほしいと願うものですが、蠍座は自分の心が求める姿を思い描くことで、自らを変容させることができます。

蠍座の生命力の強さを呼び覚ますのは、バイオレット。深い悲しみやショックを手放せば、精神的にタフになれます。化粧ポーチやステーショナリーでこの色を取り入れてみましょう。

 

射手座:自分らしさを輝かせる「オレンジ」

火の星座の中でも射手座は、向上心があり、抽象的なものへの憧れが強いタイプです。直感力に導かれる傾向があるため、周りからは、理由もなく行動しているように思われがちです。

2021年度前半の射手座は、机上の空論にとらわれて、現実を見失ってしまうことがあるかもしれません。客観的な視点がないと、自分の信念や哲学に生きるのは困難です。

射手座のラッキーカラーはオレンジ。手帳やノートにこの色を取り入れてみましょう。自分らしく輝き、地に足をつけた生き方をサポートしてくれるはず。人とのコミュニケーションを通して、現実に即した考えを導いてくれます。

 

山羊座:無限の可能性を切り拓く「マゼンタ」

山羊座は土の星座の中でも野心家で、時代の流れを読む能力に長けています。自分の資質や能力を活かしながら、目に見える実績を積み重ねていくタイプ。努力を惜しまない反面、理想を人にも強制する傾向が見受けられます。

2021年度前半の山羊座は、目標を見失い、理想を持ち続けるのが難しいと感じる場面があるかもしれません。エネルギーを復活させるためには、休息も大切です。

山羊座のラッキーカラーはマゼンタ。入浴剤などにこの色を取り入れてみましょう。マゼンタは、あなたの中にある愛とエネルギーに気づかせてくれるはず。愛とエネルギーを現実生活の中で表現していけば、無限の可能性を手に入れることができます。

 

水瓶座:共感する心を育む「コーラル」

水瓶座は風の星座の中でも、未来志向が強いタイプ。立場の違いを超えて、心から分かり合える人と繋がりたいと願っています。自分の考え方を表現するのにも長けた人が多いようです。

2021年度前半の水瓶座は、周囲の声に耳を貸さず、価値観を押し付けてしまうところがあるかもしれません。人生の可能性を狭めないように、広い視野を持つことが大切です。

水瓶座のラッキーカラーは、コーラル。スマホの待ち受け画面に、この色を取り入れてみましょう。多くの人とつながりを持ちながら生きていくためには、共感が大切だと気づかせてくれるでしょう。

 

魚座:ユニークで希望に満ちた「オリーブ」

魚座は水の星座の中でも、人を癒すのが得意で、感情レベルで多くの人を勇気付ける力を備えています。変化を柔軟に受け入れ、自らも変化し続ける傾向がある反面、どんな人なのかとらえどころがないように見えてしまう場合も。

2021年度前半の魚座は、秘密主義になりがちで、自分の世界に閉じこもってしまうときがあるかもしれません。心を軽やかに、自信を持って行動することが開運の鍵となるでしょう。

魚座のラッキーカラーはオリーブ。オリーブの実を食べたり、木を育てたり、生活の中に色合いを取り入れてみましょう。心を開いて、しなやかに生きていく、ユニークで調和のとれた生き方をサポートしてくれるはず。


今回は、天秤座から魚座までの6星座の皆さんに、2021年度前半におすすめのラッキーカラーをご紹介しました。ピンとくる色があれば、ぜひ取り入れてみてくださいね。

牡羊座~乙女座の方は前編の記事をご覧ください。



【ガイドからお知らせ】
色に関するウェブアンケートを行っています。匿名でご回答いただけますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。

2021秋冬あなたが着たい色は?

ガイドの最新情報は、TwitterFacebookページをご覧ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。