「風の時代」2021年度前半のラッキーカラーは?

a

西洋占星術では、2021年は「土の時代」から「風の時代」へと移り変わっていく過渡期と考えられています。約200年間続いた「地の時代」の始まりを象徴するのは、1820年の産業革命。地のエレメントが、物質的、現実的な価値観を象徴するのに対して、風のエレメントは、情報、コミュニケーションなど、やや抽象的な概念を司ります。

新型コロナウイルスによって、生活は大きく変わりました。しかし見方を変えれば、目に見えない驚異にも立ち向かえる時代になってきたといえるでしょう。捉えどころのない曖昧なものにも、価値を見いだす人々が増えてくることを示唆しています。硬直的な考え方よりも、想像力や柔軟性が求めらる時代になっていくのではないでしょうか。

今回は、そんな2021年度前半の運気をサポートする12星座別のラッキーカラーをご紹介します。
       

牡羊座:活力を呼び覚ます「ゴールド」

「火」「地」「風」「水」の4つのうち、牡羊座は火のエレメントの星座のひとつ。熱中しやすく、直感で行動する傾向が強いタイプです。自分を表現するのは得意ですが、他人の価値観を受け止めるのはやや苦手なところがあります。

2021年度前半の牡羊座は、思い通りにならずにイライラしてしまう場面に遭遇するかもしれません。そんなときは、ゴールドのアクセサリーをつけてみましょう。卑下するのではなく、自分への信頼感を高めることが、開運の鍵となります。

ゴールドは「自分の価値に気づいてごらん」と教えてくれる色。取り組むべき課題の優先順位がはっきりと見えてくるでしょう。

 

牡牛座:手放す勇気を授けてくれる「レッド」

牡牛座は地のエレメントの星座のひとつ。着実な歩みを求める傾向があり、新しい価値観を受け入れるのに時間がかかります。ただ、身体感覚で受け入れてしまえば、それを発展させられるタイプです。

2021年度前半の牡羊座は、これまで信じてきた何かに疑念を抱いたり、積み重ねてきたものが空疎に感じられることがあるかもしれません。空虚感にとらわれると、買い物や食事で心を満たそうとします。

そんなときは、赤い下着を身につけてみましょう。赤は、物事が循環していると気づかせてくれる色。過剰な所有欲を手放す勇気を授けてくれるでしょう。

 

双子座:穏やかなエネルギーで満たされる「ブルー」

双子座は、風のエレメントの星座のひとつ。コミュニケーション能力を発揮して、人生の可能性を広げていくタイプです。好奇心のおもむくまま、変化を柔軟に受け止め、物事に能動的に働きかける行動傾向があります。

2021年度前半の双子座は、精神が休まらず、思考が散漫になり、オーバーヒートのような状態になってしまう場面があるかもしれません。「風に当たってくる」という表現があるように、発想を転換するきっかけづくりが重要になってきます。

双子座のラッキーカラーはブルー。無意識の時間帯に取り入れると効果的なので、シーツやパジャマがおすすめです。翌朝目覚めると、穏やかで平和なエネルギーに満たされているでしょう。

 

蟹座:開拓精神を目覚めさせる「ホワイト」

蟹座は水のエレメントの星座のひとつ。思考よりも、感じることで物事を受け入れ、理解する傾向があります。「話していると心が癒された」と相手に思わせ、癒す力で、多くの人々を勇気づけるタイプです。

2021年度前半の蟹座は、目まぐるしい変化に戸惑い、前向きになれないことがあるかもしれません。過去を美化しすぎないように、思い出を整理すると、新しい時代の変化を受け入れられるでしょう。

蟹座のラッキーカラーはホワイト。今まさに、大きな変化が訪れていると示唆しています。おろし立ての白いシャツを身につければ、本来備わっている開拓精神が目覚め、過去と未来をつなぐ生き方に気づかせてくれるでしょう。

 

獅子座:人生を心から楽しむ「イエロー」

獅子座は火のエレメントの星座。直感で行動し、周囲にパワーを与えるタイプです。ただ、価値観を変えずに持続させようとする傾向があるので、変化を受け入れるのはやや苦手な面もあります。

2021年度前半の獅子座は、熱中するものを見失い、毎日がどんよりと曇り空に覆われてしまったように感じられることがあるかもしれません。活力が低下しているタイミングこそ、楽天的な遊び心が必要です。

そんなときは、タオルや歯ブラシをイエローにしましょう。夜明けの太陽の輝きのようなイエローは、内側にある情熱的なエネルギーを目覚めさせます。毎朝イエローに接すると、人生を心から楽しむことを思い出せてくれるでしょう。

 

乙女座:慈悲深い心を呼び覚ます「ピンク」

乙女座は土のエレメントの星座。夢を実現させるために、順序立てて堅実に行動する傾向があります。瞬発力や大胆さにやや欠ける面はあるものの、変化を受け入れ、柔軟に対応するタイプです。

2021年度前半の乙女座は、自分の価値観に合わないものに戸惑う場面があるかもしれません。衝動的に排除するのでなく、大局を見極めて、本当に必要なものを取捨選択するのが大切です。

乙女座のラッキーカラーはピンク。自分を守るために、心を閉ざしてしまわないように、優しさに満ちた心を解き放ってくれます。スマホの待ち受けをピンク系にして、あなたの内側にある美しい慈悲のエネルギーを感じましょう。


今回は、牡羊座から乙女座までの6星座の皆さんに、2021年度後半におすすめのラッキーカラーをご紹介しました。ピンとくる色があれば、ぜひ取り入れてみてくださいね。

天秤座~魚座の方は後編の記事をご覧ください。



【ガイドからお知らせ】
色に関するウェブアンケートを行っています。匿名でご回答いただけますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。

2021秋冬あなたが着たい色は?

ガイドの最新情報は、TwitterFacebookページをご覧ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。