日常の暮らしはモノを出して使うことの繰り返し。しかし、あれもこれも全て戸棚や引き出しにきちんと整理してしまう必要はありません。キレイな家に住む収納のプロたちが、家事を楽にするために敢えて出しっぱなしにしている収納の工夫をご紹介します。
 

毎日使う食器セットは食器棚にしまわず、取りやすい場所にスタンバイ

朝食器セット

バスケットに入れればピクニック気分で子どももお手伝い

食器は、使ったら洗って拭いて、収納する作業の繰り返し。外出自粛の影響により家で食事する回数が多くなり、片付ける手間が増えているのが現状です。そこで食事の準備から後片付けまでの作業を減らす方法を取り入れると家事が楽になります。

一般的に食器は食器棚にしまうものと思われがちですが、キッチンの引き出しや吊戸棚を利用するといった家庭も増えつつあります。普段使いの器をひとまとめにしてカゴやボックスなどの収納用品に入れ、キッチンカウンターの上やオープンラックに置いておくのです。毎日使うからホコリの心配はいりません。これなら配膳の準備を家族にお願いすることもできるでしょう。
 

テーブルで使う定番アイテムにも指定席を

テーブルの片付け

いつも出しっぱなしにしている革素材のティッシュケースと手作りコースター

リモートワークやオンライン学習をされている家庭では、ダイニングテーブルで過ごす時間に変化がみられています。

仕事や勉強をしながら、頻繁にお茶を飲むことが増えた収納環境プランナー・みのわ香波さんは、「ポットを置くこともできる大きいサイズのコースターを手作りした」といい、テーブルに出したままにしているそう。もともと持っていたティッシュケースと馴染む色を素材にしているため、ゴチャついた印象にはなりません。特徴的なテーブルとも調和がとれています。
イケアのテーブルセッティング

食事のときによく使う調味料は、トレイやカゴを使ったレストラン方式で

 

出してあるからこそ片付くスタイルへ切り替え

リモコンの定位置と片付けに使うイケア商品

テレビ台にリモコンを戻すのをやめて、ソファの脇にあるポケットに入れる

古民家の片付くインテリア

マガジンラックはテーブルに向かっている時に振り向いた位置に。古民家のインテリアに溶け込む、色と質感にこだわった道具選び

家族と一緒に家で過ごす時間が増えたことにより、リビングがすぐに散らかる、よくモノが行方不明になるという収納ストレスが発生している家庭も多いでしょう。ストレスの原因は、片付けるべきと思うモノが多過ぎることかもしれません。

古民家暮らしの整理収納アドバイザー・吉田章子さんは、家族が共有するものは、使う場所の近くに見えるように置くことを心がけているとのこと。マガジンラックには、新聞のほか生協の注文書などを。マッサージソファに座ってから使うひざ掛けは、その場ですぐ取れようにしているそうです。

戸棚や引き出しの中にきちんとしまうのが面倒だと感じる家族がいる場合、整理整頓を押し付けるのではなく、出しっ放しになっているモノを見極めて簡単に片付くやり方に切り替えた方が得策です。
 

出したままでもインテリアの一部になる収納を

シェーカーボックス収納

すぐに使える場所に出して置けるのは、好きなテイストで統一しているから

「リビングではインテリアに馴染む片付けを」という吉田章子さんは、小さな裁縫箱のシェーカーボックスにアロマオイルや裁縫道具、お香など吉田さんご自身が使うグッズをまとめられています。

使ったらすぐ戻せるという効率の良さだけではなく、お気に入りの収納道具でインテリアの一部にしているのがポイントです。
 

お世話の多いペットと暮らす部屋づくりも、出し入れしやすい収納が正解

イケアのワゴン収納

一番上の段にフタをすると、そこも置き場所になる。キャスター付きなので使いたい所へ自由に移動ができて便利

無印良品のラックと北欧カゴ収納

扉を開ける動作がないからカゴを棚に置くだけで片付く

「ペットがいるから片付く素敵な部屋づくりを心掛ける」のが、暮らしかたスタイリスト・にでがわひろよさん。リビングのソファとケージの間にワゴンを置き、ペット用品を収納。トイレットペーパーやウエットティッシュ、お手入れ用の歯磨きやブラシなどをカゴに入れて、ペットケアの際にすぐ使えるように出しておくそうです。

キッチンのシェルフにはメタセコイヤのカゴを置き、ドックフードやスケール、おやつ、予備のフードを保管。ご飯の準備がサッとできて使いやすいそうです。「必要なモノをいつでも使うことができ、終わったらすぐに戻せるから、忙しいときでもペットに優しく接することができるといいます。
 

敢えて出したままにして片付ける方法は、気負うことなく取り組めます。心地よく過ごす時間を大切にした部屋づくりをしていきましょう。無理なく続く、スッキリ片付くプロのテクニックを取り入れましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。