31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:デートの誘いを2回断られてしまい、諦めるべきか迷っています

お悩み:デートの誘いを何回もはぐらかされていますが、諦めるべきか迷っています

お悩み:デートの誘いを2回断られてしまい、諦めるべきか迷っています

■ののさん(33歳、看護師)のお悩み
マッチングアプリで出会い、2回デートした男性のことが気になっています。
 
また会いたいと思い、その後2回誘ってみたのですが、2回とも断られてしまいました。
 
2回目の帰り道、「またクラフトビールのお店に行こう」という話もしていたので、まったく会いたくないということではないかな、と思うのですが……。
 
ちなみに、最初は「また飲みに行かない?」と誘ったら「今月は出張続きで難しい」という返事で、翌月また「今週はどう?」と誘ったら「今体調が悪いから約束できない」という返事でした。
 
さすがに3回誘うのはしつこいかなと思いつつ、迷っています。何回誘ってだめだったら諦めるべきなのでしょうか。
 

アドバイス1:しつこいと思われる可能性は覚悟の上で、5回は誘ってみては

アドバイス1:しつこいと思われる可能性は覚悟の上で、5回は誘ってみては

アドバイス1:しつこいと思われる可能性は覚悟の上で、5回は誘ってみては

いい感じで終えたデートだったとのこと、その印象が残っていると、なかなか諦めにくいですよね。
 
まず、何回誘ってだめだったら諦めた方がいいか?というご質問に対してですが、「これが正解」という回数はないんです。
 
実際、3回誘ってだめだったら諦めるという人もいれば、相手が乗ってくるまで誘い続けるという人もいますし、それでうまくいくかどうかも人それぞれです。
 
とはいえ、ずっと誘い続けていてそのたびに断られると、「しつこいと思われたらどうしよう」という懸念が生まれますよね。この部分については、誘う回数が増えるにつれて、そう思われる可能性は高くなっていくと思った方がいいです。
 
なぜ、彼が誘いに乗ってこないかは、本人のみぞ知るところになりますが、もしかしたら本当に出張続きなのかもしれないし、体調が悪いだけなのかもしれない。でも、それは体のいい断り文句で、他に彼女ができたのかもしれないし、好きな人ができたのかもしれない。
 
1つ言えることとしては、断った理由が彼にとって言いづらかったり隠したかったりすることであれば、誘い続けるほどしつこいと思われてしまいます。
 
ただしここで忘れないでいただきたいことがあります。基本的に恋愛は、「相手にどう思われるか?」ばかりを気にするようになると、進展する確率がどんどん下がるということ。それはデートの誘いも同じなんです。
 
身も蓋もないですが、真相がわからない以上、諦めたくないのであれば最低5回は誘ってみてはいかがでしょうか。
 
先ほど回数の定義はないとお話ししましたが、「これだけ誘ってだめなんだったら、しゃあないか」と思えるのが、だいたい5回かなというのが個人的見解です。
 
ただ、これはあくまでも僕個人の見解であり、平均があるのだとしたらという仮定なので、ご参考までに。
 

アドバイス2:しつこい誘いが、相手の心を動かす場合もありうる

ちなみに、相手が乗ってくるまで誘い続ける人というのは、誘われる側としてはほとんどの場合、「こいつ、めちゃめちゃしつこいな」と思っています。
 
これは恋愛だけでなく、仕事の場面でもよくあることなんですが、権威ある立場の人と知り合いになって、そこからさらにお近づきになりたいあまり、「今度飲みに行きましょう!」と臆せず何度も誘う人が稀にいるのです。
 
でも、権威ある立場の人からすると、誘ってくる相手と飲みに行ってもメリットがないので、誘われても何かしら理由をつけて断るんですよ。
 
それでも時間を空けてまた誘ってくる。こういうことが何度も続くものだから、「こいつ、めちゃめちゃしつこいな」と思われるというわけです。
 
しかし、この権威ある立場の人も、どこかのタイミングで心変わりすることがあるんですよ。「めちゃめちゃしつこいな」と思いつつ、「でもまあ悪いヤツじゃないんだな」とか「なんか必死すぎて逆に面白いな」というように。
 
この心変わりをきっかけに、ずっと断られ続けていた相手がようやく誘いに乗ってくれたというケースが、世の中にはたくさんあるんですね。
 
実は恋愛の場面でもこういうことはよくあって、諦めずに誘い続けたり、告白し続けたりしたら成功したという人の多くが、しつこいと思われても、直接そう言われたとしても、諦めなかったという背景があります。
 
ただ、このような成功例がある人は例外なくといっていいほど、打たれ強い上に自己肯定感が高いので、ののさんにその素養があるのであれば、彼が乗ってくるまで誘い続けるのはありだと思います。
 

アドバイス3:迷うのは、極論「どちらでもいい」から

アドバイス3:迷うのは、極論「どちらでもいい」から

アドバイス3:迷うのは、極論「どちらでもいい」から

とはいえ、今お話しした「相手が乗ってくるまで誘い続ける」というケースは、恋愛でも仕事でも「そこまでする価値がある」と判断した場合に限るので、ののさんの文面をお見受けするに、そこまでではないのかなと感じました。
 
厳しいようですが、「諦めるべきなのでしょうか?」と聞いている段階で、誘っても誘わなくてもどちらでもいいんだと思います。
 
基本的に人が迷うときって、どっちに転んでもいいから迷うんですよ。
 
なぜなら、「天国と地獄、どっちに行きたい?」と聞かれたら、ほとんどの人が即答で「天国!」って答えますよね。
 
迷いが出るということは、彼ともう一度会いたいけれど、でもまた誘ったらしつこいと思われそうだしどうしよう、と思われているわけじゃないですか。
 
これは、「会いたい気持ち」と「傷つきたくない気持ち」を天秤にかけている状態で、どちらを優先しようか判断がついていない状態なんです。
 
どうしてももう一度会いたかったら、後悔したくないから傷つくことを恐れずに誘うはず。そこまでではないのであれば、今一度、ご自分の気持ちを見つめ直すことも大切だと思いますよ。
 

アドバイス4:まずは自分の気持ちをきちんと認識するところから

僕は、「中途半端な気持ちで追いかけるな」と言っているのではありません。むしろ、別に中途半端な気持ちであってもいいのです。
 
というか、まだ2回しか会っていないわけですから、そんなよく知らない相手にのぼせ上がってしまう方がどうかと思います。
 
僕が言いたいのは、自分の気持ちをちゃんと認識した上で、どうするかを決めた方がいいということなんです。
 
自分の気持ちが定まってないまま闇雲に追いかけ続けると、最初はただ「会いたい」という気持ちだったのが、「なんで会ってくれないの?」「この人を逃したら他にいい人が現れないかも!」という執着に変わる場合がよくあります。
 
でもここで、「会いたいとは思うけど、まだ恋愛感情まではいってないかな」というように自分の気持ちを確認できたら、そこから誘うにしても執着は生まれにくいんですよ。
 
なぜなら、「自分の気持ちがよくわからないから、もう一回ぐらい会ってみたいな。とりあえず誘ってみよう」と思うことができるので、誘うことに対して重く考えないんですね。
 
それで何度か誘ってみて断られたのであれば、「縁がなかったんだな」と諦めもつきやすいわけです。
 

アドバイス5:恋愛における「縁」=タイミングの一致

アドバイス5:恋愛における「縁」=タイミングの一致

アドバイス5:恋愛における「縁」=タイミングの一致

ちなみに、よく言われるこの「縁」についてですが、この無形の存在を端的に説明するなら「タイミングの合致」なんですよ。
 
恋愛がうまくいかない理由の1つに、ただタイミングが合わなかっただけというケースがたくさんあるのですが、これに該当する場合、男女どちらかの人間に非があるわけじゃないんです。
 
ただ、出会う時期が悪かっただけ。つまり、誰も悪くないんですよ。
 
なので、「縁があればまた会える」という言葉は、「タイミングが合えばまた会える」という意味になるので、何度誘っても相手が乗ってこないのであれば、縁の有無を疑った方がいいかもしれません。
 
とはいえ、結果がどうなるかはそのときになってみないとわからないですから、自分の気持ちを考えた上で、ののさんにまだ「彼と会いたい」という感情が残っていらっしゃるのであれば、誘ってみた方がいいのではないでしょうか。
 

アドバイス6:傷つくことを恐れて逃げるより、勇気を出して誘ってみては

迷ってしまうのはどちらでもいいからとお話ししましたが、傷つくことが怖くて勇気が出ない言い訳を作って逃げてしまう人ほど、その人は他の物事でも迷いやすくなり、自己保身に走るようになります。
 
迷いが多い人って、それだけ自分の見られ方を気にしてしまう人でもあるんですよね。
 
でも、人の思い方や感じ方を変えることはできないので、しつこいと思うかどうかは彼の主観であり、そのときの気分次第です。
 
そういった理由から、しつこいと思われることを懸念して迷っておられるのであれば、ここは勇気の出しどころなのではないでしょうか。
 
もちろん、「よく考えたらそんなに会いたいと思わなくなった」ということであれば、無理に誘う必要はないので、その点はご注意を。

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.いい感じだった彼が急にそっけなくなりました。もう脈なしですか?
Q.婚活に疲れてしまいました。でも休んでもいられません
Q.婚活中、付き合いたいと思えるような人に出会えません

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。