31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は小田桐あさぎさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、小田桐あさぎさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、小田桐あさぎさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「小田桐あさぎさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■小田桐あさぎさんプロフィール
 今回の回答者:小田桐あさぎさん

 今回の回答者:小田桐あさぎさん

自分だけの魅力を活かし、思いのままに生きる方法をレクチャー!

1983年生まれ。2012年に出会って2週間の男性と結婚。第一子の妊娠中に「母、妻、社会人、女性、自分。すべてを自分らしく両立したい」という思いからブログを開設。独自の恋愛・家庭・仕事論が好評を博し、月間30万PVの人気ブログへ。誰もが持つ自分だけの魅力を活かして人生を謳歌する方法を発信中。著書に『嫌なこと全部やめたらすごかった』『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』がある。

Twitter:@asagiod
Blog:https://ameblo.jp/asagiblog/
 

お悩み:男性から圧倒的に愛される女性になるためには、どうしたらいいですか?

お悩み:男性から圧倒的に愛されるようになるには、どうしたらいいですか?

お悩み:男性から圧倒的に愛される女性になるためには、どうしたらいいですか?

■真白さん(31歳、保健師)のお悩み
私はいつも、彼氏から適当に扱われたり、浮気相手になってしまったりします。最初は向こうからの猛アプローチで付き合ったはずなのに、どんどん私のほうが好きになってしまい、逆に彼は冷めていくということもありました。
 
男性を見る目がないのか、私自身に問題があるのか……。
 
私自身に問題があるとすれば、好きになった人のことは何でも許してしまう、合わせてしまうところかなと思っています。
 
デートに遅刻されたり、LINEの返信を忘れられたりしても、怒れません。とりあえず謝ってくれたら、それ以上何か言っても無駄かなと思うし、空気を悪くしたくないとも思ってしまいます。でもそのせいで、こいつには何をしてもいいと思われてしまうのかもしれません。
 
かと言って、文句を言いまくったり、自分勝手に振る舞ったりするのは、性格的に難しいです……。
 
男性から圧倒的に愛されて、ド本命として尊重される人は、どういうところがすごいのでしょうか。私に足りないのは何なのでしょうか。アドバイスいただけたら幸いです。
 

アドバイス1:尊重され、愛される女性=はっきり意思表示ができる女性

アドバイス1:尊重され、愛される女性=はっきり意思表示ができる女性

アドバイス1:尊重され、愛される女性=はっきり意思表示ができる女性

自分の意思を男性に尊重してもらうためには、まず大前提として、自分の中に自分の意志を持っていることが重要です。
 
真白さんの意思がどこにあるのか、相手にどうしてほしいと思っているのかを、真白さん自身がハッキリと自覚し、かつそれを相手がわかるように伝えていますか?

それができていない場合、そもそも相手は真白さんの意思を尊重しようがありません。
 

アドバイス2:男性にプリンセス願望はない!あるのはヒーロー願望のみ

男性にあれこれと自分の希望を言うよりも、彼がしたいことを尊重する女性のほうが愛されるのでは、と疑問に思われたかもしれませんね。でもそれって、重大な勘違いなのです……!
 
私もかつて、そう思い込んでいた時期がありました。デートをドタキャンされても、すべてを受け入れる愛情深い女性のふりをして、何事もなかったかのように振る舞ったこともあります。
 
でもそれが本心ではなく実際は傷ついていることも、嫌われたくないから不満を伝えていないだけなのもバレバレだったようで、結局振られてしまいました。
 
どうせ振られるならブチギレておけばよかったし、今思えば、逆にブチ切れることができていたら、振られなかったような気すらします。
 
男性心理を踏まえたら、不満を溜め込むより、本音をぶちまけるほうがよっぽどアリですから。
 
というのも実は昔、1年ほどオンラインゲーム上でイケメン男性になりきっていた時期があるのですが(この話について書き始めると収集がつかなくなるので割愛しますが、興味があれば拙著『嫌なこと全部やめたらすごかった』をお読みください!)、とにかく女性キャラにモテたいがあまり、男性心理を研究し尽くしたんですね。
 
それで、気づいたんです。男性には、プリンセス願望がないということに。
 
男性にあるのはヒーロー願望、つまり「あれこれされるよりは、してあげたい」という欲求なんですよ!!!!!! 自分の行動で女性を幸せに「してあげた」ときにこそ、男性は深い幸せを感じるのです。
 
一方女性は基本、自分の要望に対して男性があれこれ頑張って叶えてくれたら嬉しいですよね。「してもらう」ことで、深い喜びを感じるわけです。
 
だから男性もそうだろうって思ってしまう人がいるんですが、それは違う。
 
むしろ自分の言いなりになるような女性や、せっせと世話を焼いてくるような女性に対しては、どんどん魅力を感じなくなっていきますから。
 
「恋愛において、どういうときに深い幸せを感じるか」は男女でまったく異なる、ということを頭に叩き込んでおいてください!
 

アドバイス3:素直な気持ちを伝えることに、罪悪感を覚える必要はない

アドバイス3:素直な気持ちを伝えることに、罪悪感を覚える必要はない

アドバイス3:素直な気持ちを伝えることに、罪悪感を覚える必要はない

男性は、女性を幸せにしたときに満足感を感じる生き物。
 
ということは、男性に幸せを感じてもらうためには「自分が我慢する」のではなくて、むしろ「素直な気持ち(要望)を伝え」、それを叶えるべく、彼に行動してもらう必要があるのです。
 
真白さんは「自分の意思を表明する」ということと、「文句を言ったり自分勝手にふるまったりする」ということ混同してしまっているように思います。
 
でも、自分の意思を伝えるというのは、けっしてわがままにふるまったり、相手に無理難題を押し付けたりといったことではありません。自分の本心に素直になって、ありのままに自分の気持ちを相手に伝える、ただそれだけなのです。
 
たとえば、食べたいものを食べたいって言ったり、嫌いな食べ物を嫌いって言ったり、行きたい場所に行きたいと言ったり、行きたくない場所に行きたくないと言ったり……こうされたら嬉しい、こうされると悲しいとか、そういう細かいところを全部そっくりそのまま素直に伝えるということです。
 
たとえば、ご相談文には「デートに遅刻されたりLINEの返信を忘れられたりしても怒れません」と書いてありますが、このときに本当は悲しい、寂しいと感じているのでは。
 
もし少しでも悲しく感じたなら、「ちょっと悲しかったな」とかその感情をそのまま伝えたらいいのです。これは傍若無人にふるまっているわけでも、無理難題を押し付けているわけでもありません。
 
どうしても言いにくいようであれば、最初は泣いているスタンプを1つポンとおくるとか、そういうところからでも構いません。デートのときに、彼が食べたいものを予測しようとするのではなく、まず自分が食べたいものを言ってみる、でもいいです。

ぜひこういった小さなステップから始めてみてくださいね。応援しています!
   ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.いい感じだった彼が急にそっけなくなりました。もう脈なしですか?
Q.彼氏がマッチングアプリをこっそり再開していました
Q.喧嘩になると、黙るか逃げる彼。話し合いがしたいです

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。