メルカリをはじめとするフリマアプリでは出品作業よりも発送のほうが面倒と感じる人も少なくありません。そんな「フリマのハードル」を低くすべく、メルカリが導入したのが「ゆうパケットポスト」です。郵便局との連携によって生まれたサービスで、発送の手間を軽減してくれます。まずは「ゆうパケットポスト」の概要から見ていきましょう。
 

ゆうパケットポストとは?

メルカリではもともと郵便局との連携で「ゆうゆうメルカリ便」を提供してくれています。「e発送サービス」を使う方法で、郵便局に設置されている「ゆうプリタッチ」という端末から配送用のラベルを出す方法と、ローソンの端末「Loppi(ロッピー)」から手続きをする方法があります。いずれの方法もお店や郵便局での手続きが必要となり、実はこれが意外と手間だったりもします。それを解消するために導入されたのが「ゆうパケットポスト」です。
「ゆうパケットポスト」で使用する専用箱

「ゆうパケットポスト」で使用する専用箱

ゆうパケットポストは簡単にいえば、ローソンや郵便局での手続きが不要で「街中にあるポストに荷物を投函すればいいだけ」という発送方法。梱包する手間はかかりますが、ポストがあればその場で発送ができるので、時間の短縮にもなります。
 

ゆうパケットポストを使う前に確認したい注意点

ゆうパケットポストを使うためには、いくつかの注意点があります。

1. 専用の箱が必要になる
ゆうパケットポストは、箱に付いている2次元コードを使って発送手続きをするので、専用の箱が必要になります。郵便局(窓口がない郵便局や簡易郵便局は除きます)やローソン、100円ショップのセリア(取り扱っていないローソンやセリア店舗もあります)で販売されています。価格は1箱65円(税込)です(セリアの場合には2枚で110円)。筆者はローソンで買ったのですが、メルペイなどのキャッシュレス決済での支払いも可能です。
 
2. ポストの投函口の大きさによっては入らないこともある
街中のポストの中には投函口が小さいものもあります。ゆうパケットポストの専用箱は約33cm×23cm、高さが3cmなので、これが入るサイズでないと投函ができません。
 
3. 専用箱の再利用はできない
これまで購入した商品がゆうパケットポストの箱で送られてきたとしても、その箱をもう1度使うことはできません。1回使い切りです。

4. 配達まで時間がかかることもある
通常のゆうゆうメルカリ便よりも配達まで時間がかかることもあります。1日程度遅れる可能性もあるので、購入者が急いでいたり、使用期限があるような商品を送る場合には適さないかもしれません。
 
5. 他のフリマアプリでは使えない
2021年2月の時点で、ゆうパケットポストが使えるのはメルカリの「ゆうゆうメルカリ便」のみです。PayPayフリマやラクマでの商品発送には使えません。
 

ゆうパケットポストの梱包の仕方

ゆうパケットポストで発送するためには、専用箱での梱包が必要です。組み立て方は箱に書いてあります。まずは側面を立てて、そこにタグのようになっている部分をを入れます。
側面を立てて、タグのような部分を切り込みに入れる

側面を立てて、タグのような部分を切り込みに入れる

次に商品を入れます。ここに入れる前にも、商品をビニールの袋などに入れます。
箱の中に商品を入れる

箱の中に商品を入れる

このままだと中で商品が動いてしまうので、筆者はテープなどで留めるようにしています(写真の赤丸部分)。
テープなどで中身を固定する

テープなどで中身を固定する

白いテープを剥がして封をするのですが、このとき蓋になる部分に付いているタグのようなものを、側面の切り込みに入れるのを忘れないようにしましょう。入れ忘れて封をしてしまうと、剥がして入れ直すか、タグ部分をテープなどで止めることになってしまいます。
白いテープを剥がせば封ができる

白いテープを剥がせば封ができる

発送の手順

梱包が終わったら、発送の手続きをしていきます。配送方法を「ゆうゆうメルカリ便」にします。そうすると「郵便ポストに投函」があるので、それをタッチします。
「郵便ポストに投函」を選択

「郵便ポストに投函」を選択

専用箱の2次元コードを読み取ります。
2次元コードを読み取る

2次元コードを読み取る

スマホをかざすだけでさっと読み取ってくれます。
専用箱についている2次元コードにスマホをかざす

専用箱についている2次元コードにスマホをかざす

読み取り完了になると、追跡番号も表示される

読み取り完了になると、追跡番号も表示される

「ご依頼主様保管用シール」を剥がしたことを確認して「チェック」を入れてポストに投函。発送したら「発送通知」をすれば完了です。
シールを剥がしてチェックを入れて、ポスト投函すれば完了

シールを剥がしてチェックを入れて、ポスト投函すれば完了

ゆうパケットポストはポスト投函ができて便利なのですが、今現在は送料が200円で専用箱代に65円かかります。ヤマト運輸を使うらくらくメルカリ便のネコポスなら175円なので、サイズがほぼ同じなのに100円の差ができてしまうのです。販売価格が高ければいいかもしれませんが、手元に入ってくる金額が少ない場合には、ゆうパケットポストを使うかどうかは考えたほうがいいでしょう。もちろん郵便局やコンビニ(ローソン)に行く手間が省けるメリットはありますから、手間や時間、コストから総合的な判断が必要になりそうです。
 
【おすすめ記事】
メルカリ発送方法の種類と比較! 送り方が簡単&送料が安いのは
メルカリで即売れる10のコツ
メルカリで多いトラブル事例8選!解決のための回避策や対処法
メルカリとは?使い方・始め方を出品/購入別に分かりやすく解説
メルカリの手数料をラクマ、PayPayフリマ、ヤフオク!と比較! 安いのはどこ?

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。