メルカリや他フリマアプリの手数料はいくら? 安いのはどこ?

メルカリの手数料は高いの?安いの?

メルカリの手数料は高い?

フリマアプリ「メルカリ」のユーザーが増えている中、多くの人が気になるのがやはり手数料だと思います。スマホやタブレットで気軽に始められるため、ハードルの低さはよく分かるのですが、手数料はどうなの?と思うのは当然です。せっかく売れても手数料が高ければ手元に残るお金が少なくなってしまいます。買う側としても、余計なコストがかかるのであれば、安く買えるメリットも半減してしまうでしょう。

そこで今回の記事では、メルカリの手数料や他のサービスとの比較などを通して、実際のところどうなのか?に答えていきたいと思います。

<目次>
メルカリの手数料
ヤフオク!の手数料
PayPayフリマの手数料
ラクマの手数料
メルカリの手数料を無料にできる?
 

メルカリの手数料

メルカリに登録するときには手数料はかかりません。毎月の会費もないので、登録しておくだけならばコストは0円ということになります。でも、出品者や購入者として利用すると以下のような手数料が発生します。

■メルカリの販売手数料
メルカリで商品が購入されたら、出品者が支払う手数料です。販売価格の10%が自動的に引かれます。

■メルカリ振込申請の手数料
メルカリで商品が売れた後は代金がプールされていき、必要に応じて引き出すことができます。指定した金融機関に振り込む形になり、金額に関係なく200円の手数料がかかります。売上金の振込申請期限は取引から180日です。それを過ぎると自動的に登録している金融機関の口座に振り込まれ、手数料が発生します。

■メルカリの支払い手数料
メルカリで購入者が代金を支払うとき、コンビニ支払い、ATM支払い、キャリア決済(ドコモやau、ソフトバンクの料金と一緒に支払う方法)を利用すると手数料として100円かかります。クレジットカード払い、FamiPayなら手数料はかかりません。

また、1カ月の間に使った分を翌月にまとめて支払う「メルペイスマート払い」もあります。購入時の支払い方法で選択をすれば利用可能です。翌月に明細を確認してコンビニかATM、口座振替で支払います。メルペイスマート払い(定額)では、支払いを月々に分けることができます。ただし手数料として実質年率15%がかかります。
 

ヤフオク!の手数料

メルカリと肩を並べるヤフオク!の手数料を見ていきましょう。

■ヤフオク!のプレミアム会員費
手数料というべきか悩むとことですが、ヤフオク!には月額462円(税抜き)のプレミアム会員があります。以前は、オークション形式の出品をするならば、プレミアム会員になる必要があったのですが、今は任意になりました。(特定カテゴリを除く)プレミアム会員は、ヤフオク!だけではなくて、Yahoo!JAPANが提供するサービスを会員価格で利用できたりもするので、利用次第ではお得になります。

■ヤフオク!のシステム手数料
出品した商品が落札されると発生する手数料です。プレミアム会員であれば落札代金の8.8%、プレミアム会員以外は10%かかります。自動車やオートバイ、船などは一律1944~3024円となっています。

■ヤフオク!の支払い手数料
ヤフオク!では、支払い方法はYahoo!かんたん決済のみです。何回利用しても手数料は無料です。ただし、中古車・新車、オートバイ車体、トラック車体、バス車体、不動産などの特定カテゴリの場合は手数料がかかります。
 

PayPayフリマの手数料

PayPayフリマに手数料はヤフオク!とほぼ同じようになっています。

■PayPayフリマの販売手数料
PayPayフリマはYahoo!プレミアム会員かどうかに関係なく一律5%の手数料がかかります(2021年1月20日から販売手数料が下がりました)。

■PayPayフリマの支払い手数料
PayPayフリマで使える支払い方法は、PayPayかクレジットカードです。手数料はかかりません。

■振込申請
PayPayフリマでの売上金を指定の銀行に振り込む場合には、1回につき100円の手数料がかかります。ただしジャパンネット銀行の場合には、手数料はかかりません。
 

ラクマの手数料

ラクマはメルカリ同様に女性ユーザーが多く、出品される商品も多彩です。楽天ペイを使うと支払いに楽天スーパーポイントが使えたりもして、楽天という大きな組織のメリットを受けることができます。

■ラクマの販売手数料
以前は3.5%(税別)だったのですが、2012年1月13日から今は販売価格の6.0%(税別)となりました。とはいえ、メルカリやヤフオク!に比べると、まだまだ安いといえます。

■ラクマ振込申請の手数料
ラクマの売上金を楽天銀行に振り込む場合、金額が1万円以上なら手数料は無料、1万円未満なら210円かかります。楽天銀行以外の金融期間に振り込むときには、金額に関係なく210円の手数料がかかります。ちなみに振込申請ができるのは1000円以上の売上金がある場合です。売上金が1000円未満の場合には、楽天キャッシュを利用することになります。

■ラクマの支払い手数料
ラクマで購入者が支払いをするときは、方法によって手数料が異なります。コンビニ、銀行や郵便局/ATM、d払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いは100円、クレジットカード、楽天ペイ、LINE Pay、FamiPay、Paidy、ラクマポイント・楽天ポイント・楽天キャッシュ、売上金の場合には無料です(Paidyは、メールアドレスと電話番号だけで決済ができるサービスです。支払いは翌月になります)。
 

メルカリの手数料を無料にできる?

メルカリの手数料をどうにか無料にできないか? と出品者は考えますが、今のところ販売手数料が無料になるようなことはないと思います。ヤフオク!のように会員費を設定しているわけでもないので、手数料が主な収入源になるからです。

手数料を比較すると、メルカリとヤフオク!(会員登録ナシ)の手数料・振込申請はほぼ変わりなく、ラクマは幾分安い、そしてPayPayフリマが大手フリマアプリの中では最も安いといえるでしょう(2021年1月20日現在)。しかし、メルカリはユーザーが増え続けている人気のサービスなので、「売りやすい環境」であることが、手数料以外の重要なポイントとしておさえておくと良いでしょう。

【関連記事】
ラクマの手数料!2018年6月から改定で有料に
ヤフオク!の手数料を安くする方法はある?
PayPayフリマとは? メルカリ、ラクマとはここが違う!
メルカリの支払い方法の種類と比較!手数料に要注意
メルカリ出品で即売れる10のコツ!【保存版】

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。