長引く新型コロナにより、親から子どもへのお小遣い・お年玉事情への影響はあるのでしょうか。今回、オールアバウトが実施したアンケート調査「子どものお金」(2020年12月実施。回答者数:300名)の結果をもとにお小遣いやお年玉など、子どものお金事情を探ります。
 

1. 年齢別! 子どものお小遣いはいくら?

まずは、年齢ごとのお小遣い額を見てみましょう。左から「小学校入学前(未就学児)」「小学校低学年」「小学校高学年」「中学生」「高校生」「大学生」の6つに分け、年齢ごとにお小遣いの金額で色分けしています。
 
年齢別のお小遣い額

年齢別 お小遣いの金額



もう少しわかりやすくするために各年齢層のTOP3に絞ってみます。
 
All Aboutが300名のユーザーを対象に行った子供のお金のアンケート調査結果に基づくお年玉とお小遣いの額

年齢(学校)別のお小遣い額TOP3


小学校入学前~低学年と大学生では、お小遣い0円が多数を占めています。お小遣い0円の理由として、小学校入学前~低学年の場合は「まだ早い」、大学生の場合は「アルバイトができる」という回答でした。
 
また、定額のお小遣いは0円ですが、「必要なときに必要な額を渡す」「お手伝いをしたときやテストの成績が良かったときに渡す」など、定額ではない方法でお小遣いを決めている家庭も多いようです。
 
調査全体のお小遣い平均額は、2,596円でした。決め方は様々ですが、各年齢の平均額を並べてみると年齢が上がるほど増えていることがわかります。
 
お小遣いの平均額

お小遣いの平均額

 

2. 年齢別! お年玉の平均はいくら?

続いて、年齢ごとのお年玉TOP3を見てみましょう。1位を見ていくと、年齢に合わせて金額も増える見事な「年功序列」となっています。
 
All Aboutが300名のユーザーを対象に行った子供のお金のアンケート調査におけるお年玉とお小遣いの額

年齢別のお年玉額TOP3


各年齢のお年玉平均は下表の通りです。全体のお年玉の平均額は4,538円で、お小遣いの全体平均(2,596円)より高い結果となりました。
お年玉・お小遣いの平均額

お年玉の平均額


 

3. 年収によってお小遣いやお年玉に差はある?

次に世帯年収ごとのお小遣いとお年玉です。お年玉は年収に応じてわずかに増えているようですが、年収が高いからお小遣いやお年玉も高いといったわかりやすい相関関係はありませんでした
 
All Aboutが300名のユーザーを対象に行った子供のお金のアンケート調査におけるお年玉とお小遣いの額

世帯年収別のお年玉とお小遣い

 

4. お小遣いやお年玉を多くもらっているのはどの地域?

続いて地方別のお小遣い・お年玉事情を見てみましょう。グラフは青がお小遣い、オレンジがお年玉を表しています。
 
All Aboutが300名のユーザーを対象に行った子供のお金のアンケート調査におけるお年玉とお小遣いの額

地方別のお年玉とお小遣い


お小遣いは西日本が多く、東日本が少ない「西高東低」の形になっています。お小遣いの金額では、最多の中国地方(3,291円)と最少の北海道地方(1,569円)では約1,700円の差があります。
 
お年玉は、平均額前後に固まっていますが、最も多い九州・沖縄地方(4,745円)と最も少ない中国地方(3,533円)の差は約1,200円でした。

年間の支出(=お年玉+(お小遣い×12カ月))に換算すると、最多は中国地方の43,025円、最少は北海道地方の23,414円でした。
 

5. どうやってお小遣いの金額を決めている?

最後に、アンケートの「お小遣い金額の理由」への回答から、皆さんがお小遣いの金額をどのように決めているのかを探ってみます。

回答の中で最も多かったのは、「都度必要な額を渡している(だから0円、あるいは少額)」でした。最多といっても、全体の2割程度です。次いで多かったのは、「お小遣いは必要ない(約14%)」「なんとなく・特になし(約12%)」「テスト結果や手伝いに応じた額を渡す(約9%)」でした。

また、お小遣い平均は年功序列になっていましたが、「年齢や学年で決めている(例えば、学年×100円など)」と回答した方はわずか7%でした。

それ以外は百人百様の決め方がある結果でしたが、中には「子供が収支報告をしたら次の月のお小遣いを渡す」「相談して決める」といったユニークな回答もありました。子どもとコミュニケーションを取り、お金の感覚を磨ける良いアイデアだと思いました。

以上、アンケート調査から紐解くお小遣いやお年玉など、子どものお金事情でした。お小遣いの金額は、基本年功序列ではありますが、その考え方は家庭によって様々ということも見えました。これらの結果を参考に、子どものお小遣いやお年玉のことを改めて考えるきっかけにしてもらえたらと思います。


【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。