Slackとは

Slack(スラック)とは、ビジネス向けのオンラインチャットツールです。グループチャット、ファイル共有、1対1のメッセージング、音声・ビデオ通話などの機能を提供しています。チームのメンバーはSlackのワークスペース上でお互いにやり取りしながら仕事を進めます。
 
今回はSlackのワークスペース上でチャンネルを作成する方法、チャンネルに参加する方法を解説します。

【Slack解説記事バックナンバー】
Slackとは? 導入のメリット/デメリットを解説!
WindowsにSlackをインストールする方法
Slackでワークスペースを作成・削除する方法
 

Slackのワークスペースとチャンネルの関係

Slackを始めるときは、最初にやり取りを行うメンバーを招待してグループを作ります。その際に作成する「ワークスペース」は、会社ごと、部門ごと等のグループ全体で作るのが基本です。

一方、グループ(ワークスペース)内では、異なるメンバーが別個のプロジェクトを担当しています。そこでプロジェクトごとに設けるのが「チャンネル」です。

つまり、手順としてはまずグループベースのワークスペースを作成し、次いでタスクベースのチャンネルを作成します。ワークスペースを作成する方法については前回記事「Slackでワークスペースを作成・削除する方法」をご参照ください。
 

チャンネルを作成できるメンバー

Slackのデフォルト設定では、チャンネルを作成できるのは以下のメンバーです。
 
パブリックチャンネル : ゲストを除くワークスペースのメンバー全員
プライベートチャンネル : マルチチャンネルゲストを含むメンバー全員


※ワークスペースのオーナーは、デフォルトの権限を変更してワークスペースでチャンネルを作成できるメンバーを制限できます

以下、Slackのチャンネルを作成する方法、参加する方法を順に解説します。
 

チャンネルを作成する方法

1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックする
 
2. 「チャンネルを作成する」をクリックする
1
3. チャンネル名を入力する
1
4. チャンネルの説明を追加する
1
5. チャンネルをプライベートに設定するには、「プライベートチャンネルにする」の横のトグルボタンをクリックする
 
6. 「作成」をクリックする
 
7. チャンネルにメンバーを追加する
1

 

チャンネルに参加する方法

1. 左サイドバーの「チャンネル」の横にあるプラスアイコンをクリックする

2. 「チャンネル一覧」をクリックする
1
3. 表示されたチャンネルを選択するか、検索バーにチャンネル名を入力する

4. 「チャンネルに参加する」をクリックする

以上でチャンネルに参加ができます。

【Slack解説記事バックナンバー】
Slackとは? 導入のメリット/デメリットを解説!
WindowsにSlackをインストールする方法
Slackでワークスペースを作成・削除する方法

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。