Slackとは

Slack(スラック)とは、ビジネス向けのオンラインチャットツールです。グループチャット、ファイル共有、1対1のメッセージング、音声・ビデオ通話などの機能を提供しています。SlackはWebブラウザまたはアプリから利用できます。

・参考記事:Slackとは? メール・チャットとの違いやSlack導入のメリット/デメリットを解説!

今回はWindowsにSlackをインストールする方法をご紹介します。
 

SlackアプリをWindowsにダウンロードする

ダウンロードはこちらから。
 
1

 

リンク先を開き、64ビット/32ビットのどちらかを選択します。なお、使用しているWindows10 が32ビット版か64ビット版かを確認するには以下をご参照ください。

・関連リンク:Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
 
1

 

ダウンロードが完了したら、ファイル (SlackSetup.exe) をダブルクリックします。
 
1

 

インストールが終わると、Slackが自動的に起動し、サインインに移ります。
 

WindowsでSlackにサインインする

 
1

Google でサインインする場合
ブラウザから「Google で続行する」をクリックしてアカウントを選択します。ワークスペースがすぐに開きます。複数のワークスペースのメンバーである場合は、開きたいワークスペースの横にある「起動」をクリックします。

メールでサインインする場合
ブラウザからメールアドレスを入力し、「メールでサインイン」をクリックします。Slack から届いたメールにある確認コードをチェックし、そのコードを入力するとワークスペースがすぐに開きます。複数のワークスペースのメンバーである場合は、開きたいワークスペースの横にある「起動」をクリックすることができます。

以上でWindowsでのSlackインストールからサインインまでが完了です。

サインインに関するトラブルシューティング

サインインがうまくいかない、何らかのトラブルが起きた場合は以下を参考にしてみてください。

パスワードを忘れてしまった場合
パスワードなしのサインインを使って、サインインコードをリクエストします。このコードを使用すると、メールアドレスに関連付けられているすべてのワークスペースに自動的にサインインします。

メールが届かない場合
複数のメールアドレスを使い分けている場合には、正しいものを使用しているか確認します。また、迷惑メールフォルダに入っていないか確認します。

2FA コードが届かない場合
2要素認証(2FA)を設定するのトラブルシューティングの手順を確認します。


【関連記事】
Slackとは? メール・チャットとの違いやSlack導入のメリット/デメリットを解説!

 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。