住宅ローンも繰り上げ返済をしていきたいのですが、タイミングがわかりません

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、パートで働いていたもののコロナで仕事がなくなったしまった43歳のパート主婦の方。50歳の夫もボーナスがカットされ世帯収入が下がってしまいました。住宅ローンもあり老後が不安だといいます。ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★
 
退職金はアテになりません

退職金はアテになりません



■相談者
ゆうきんぐさん
女性/パート・アルバイト/43歳
関東/持ち家(マンション)
 
■家族構成
夫(会社員/50歳)
 
■相談内容(原文ママ)
初めまして。いつも興味深く拝読させていただいています。このたびのコロナの影響で、私の仕事がなくなりました。慌ててパートに応募しましたが収入減です。さらに夫も収入減してしまいました。老後のことを考えると不安で仕方なく、ご相談させていただきました。よろしくお願いします。通信費をうまく切り詰め(現状、格安SIM携帯2台)、家の光回線をマンションタイプのもの(速度が遅くなる)に変更して、夫の個人年金にあてたいと考えています(iDeCoか保険かも悩みます)。住宅ローンも10年を機に繰り上げ返済をしていきたいのですが、タイミングがわかりません。繰り上げ返済のために、貯金のうち1000万円を使おうと考えているので、現状、純粋な貯金額は500万円です。現状のペースだと、あと10年でプラス500万円でき(ボーナスは変動ありで、実家への帰省費にあてたりしています)、夫が定年の60歳で貯金1000万円予定。退職金はアテにならないそうです。仕事も65歳までいただけるか不明。なければ、バイトします。私も65歳までお仕事があるなら頑張りますが、とにかく不安です。お手数おかけしますが何卒よろしくお願いします。
 
■家計収支データ
相談者「ゆうきんぐ」さんの家計収支データ

相談者「ゆうきんぐ」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)ボーナスの使い道(本人談)
今年の冬のボーナスはカットされ、年40万円が20万円に減額。いつもは、年2回の帰省費か、自宅の地震・火災保険や、家電、家具の買い替えなどにあてています。残れば貯金です。ボーナスはあてにしないよう、ないものと考えていますので大まかな把握ですみません。
 
(2)家計収支について
収支の差は、預金になる場合もありますが、何かしら使ってしまっています。車、バイクのガソリン代や服飾代になっていると思います。通信費は現状から5000円にする予定(浮いた7000円+3000円の1万円を夫のiDeCoにあてたいと思っています)。
 
(3)住居費について
ローン返済 月7万円 (2014年から35年ローン変動)現在0.855%
管理費 月4万2000円
固定資産税 月1万2000円(月割り)
借入金額 2510万円
現在のローン残高 2098万7000円
 
(4)車両費について
ローンはありません。あと10年は乗りたい。乗れるだけ乗るつもりです。故障したら次は維持費の安くなる軽自動車にします。保険、車検、税金で、以下のとおりです。
車:年間17万5000円
バイク:年間6万3000円

(5)保険について
夫/無解約返戻金型総合収入保障保険(定額型、70歳まで払込、最低保障期間5年)=毎月の保険料8500円
 夫/生命保険 生前給付保険 三大疾病保険(終身タイプ、60歳まで払込、死亡保障500万円、三大疾病500万円)=毎月の保険料8500円
 夫/医療保険(手術保険金、入院1万円)=毎月の保険料5000円
 妻/生命保険(終身タイプ、55歳まで払込、死亡保障500万円、三大疾病500万円)=毎月の保険料5000円
 妻/医療保険(手術保険金、入院1万円)=毎月の保険料4000円
 妻/変額個人年金(55歳まで払込、55歳から5年確定、年金額 基本80万円+変動17万円[2020年9月時点]最低保障なし)=毎月の保険料6000円
 
(6)年金予定
65歳から(加給年金も考慮したい)
夫 約13万円
妻 約8万円(個人年金は、いくらかわかりません)
 
夫は厚生年金加入です。国民年金の未納月が少しあり、改めて納付しようとしましたが、期間が間に合わずダメでした。たぶん、年金予想では、受け取れる年金は月に13万円ちょいほど。妻は、厚生年金加入期間が130カ月ほどあります。年金予想では、月に8万円ほどです。主人65歳から年金を受け取るとして、私はまだ58歳、私が年金もらえるまでの7年間は加給年金と私の保険にある変額個人年金でたぶん、月8万円を5年間受け取れると思っていますが、変動なのでなんとも(受け取りを現状の55歳から60歳に変更したいと考えています)。そんな感じのやりくりを考えております。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 保険の見直しで毎月貯蓄額を増やし、10年で1000万円
アドバイス2 住宅ローンは60歳で完済を目指し、繰り上げ返済していく
アドバイス3 60歳以降も長く働ければ、余裕はないが大丈夫
 

アドバイス1 保険の見直しで毎月貯蓄額を増やし、10年で1000万円

コロナ禍によって収入が減少している世帯が増えてきています。ゆうきんぐさんも大変な思いをされていることでしょう。不安になる気持ちはわかります。ひとつひとつ問題をクリアにしていきましょう。
 
まず、今後大きな負担となるのは、住宅ローンです。ゆうきんぐさんもわかっておられますが、老後を迎えるまでに完済することを一番に考えましょう。そのためには、現在の家計の無駄をなくすことが重要です。
 
今の家計での無駄は保険です。結論から言えば、夫婦それぞれ、医療保険のみで十分です。妻の変額個人年金は、毎月の保険料がそれほど高くはないので、このままでもいいでしょう。万一に備えて、生命保険に加入されていますが、ご主人に関しては、住宅ローンで団体信用生命保険に加入しているはずですから、少なくとも住宅ローンについては心配いりません。双方に万一のことがあっても、まだ若いですから働いて収入を得ることができます。お子さんがいない世帯に過剰な死亡保障は不要です。
 
収入保障保険、生命保険は払い済みにし、これ以降の保険料の支払いをやめます。ここまでの保険料で保障が残るもの、解約返戻金がでないものがありますので、保険会社に確認してみてください。
 
保険を整理することで、2万2000円が浮きますから、貯蓄に回すと、毎月7万円。年間で84万円です。これに、減額になったもののボーナスからの貯蓄を加えて、年間100万円貯められるよう工夫してください。
 
ご主人が60歳になるまでの10年間で1000万円。現在ある貯蓄を加えると、2500万円です。これが現時点で見えている総資産となります。
 
 

アドバイス2 住宅ローンは60歳で完済を目指し、繰り上げ返済していく

ここから住宅ローンを完済させなければいけません。おそらくご主人が60歳時点での住宅ローンの残りは約1400万円。65歳時点で約1000万円です。ご主人の60歳以降の働き方が流動的である以上、60歳で完済することをオススメします。繰り上げ返済のタイミングは、4、5年後に一度行ってもいいでしょう。住宅ローン控除を気にされていますが、それよりも、少しでも身軽になることで老後に不安を残さないことのほうが大切だと思います。
 
2500万円から10年後に残っている1400万円を差し引くと1100万円。これが60歳時点で残る貯蓄総額です。繰り上げ返済のタイミング、回数、金額にもよりますが、途中で繰り上げ返済をすれば、支払わなくて済んだ利息分が上乗せになります。
 
大きな出費としては、車の買い換えです。長く乗るつもりとのことですが、それでもあと2回ぐらいは買い換えが必要でしょう。1回150万円の予算として、2回で300万円。この他、マンションのリフォームや設備の買い換えなどのメンテナンス費用が200万円。1100万円から差し引くと600万円です。これが実際に老後生活に使えるお金ということになります。
 

アドバイス3 60歳以降も長く働ければ、余裕はないが大丈夫

ご主人が60歳以降の家計は、住宅ローンの7万円がなくなり、保険料はすでに見直し済み、あとは食費などを調整すれば、支出を15万~16万円に抑えられるはずです。貯蓄の取り崩しをできるだけ少なくすることが重要になってきますので、収支トントンになるような収入が必要です。夫婦それぞれが月8万円程度の働き方ができれば、無理な話ではありません。ご主人もバイクを乗り続けたいのであれば、もう少し頑張ってほしいところです。
 
また、65歳以降のゆうきんぐさんの年金額を増やすために、現在はパートですが、厚生年金に加入できる働き方を考えてほしいと思います。正社員じゃなくてもフルタイムで働き、厚生年金加入月数を増やしておくことが、65歳以降の受け取り額、ひいては生活にゆとりをもたらしてくれます。
 
実際のところ、現在の公的年金見込み額でも、夫婦で満額受け取れるようになれば、毎月21万円ですから、日々の生活で困ることはないでしょう。「ゆとり」の部分を貯蓄から取り崩していくのか、もらえる年金を増やしておくのか、ということです。
 
最後に、通信費を見直して、iDeCo加入とのことですが、iDeCo自体はさまざまな優遇措置があり、加入するメリットはあります。しかし、60歳になるまで原則、引き出すことができません。住宅ローンの完済を優先するなら、現金で引き出せないというのはネックになります。通信費を節約できるなら、やはり確実に貯蓄として残してほしいと思います。
 
決して、余裕があるわけではありませんが、住宅ローンを完済、そのために年間100万円の貯蓄。これができれば、ご夫婦で協力しあい、できるだけ長く収入を得ることで、必要以上に不安になることはないでしょう。ゆうきんぐさん一人が不安に思うのではなく、ぜひご主人とも今後の家計についてご相談なさってください。
 

相談者「ゆうきんぐ」さんより寄せられた感想

いつもあたたかく真摯にアドバイスされている深野さんにアドバイスいただき、とても有り難いです。まず、保険の見直しのポイントがハッキリしましたので、保険会社に問い合わせて検討をしたいと思います。そして大きな目標として年間100万円の貯金を目指します !車の乗り換えやメンテナンス費まで考慮していただき、必要なお金に気づけました。今後はローンも繰り上げ返済していき、60歳以降、そして65歳以降と、必要最小限のなか夫婦で楽しく暮らしていきたいと思います。たまの贅沢もできるようゆとりも考えながらこれから頑張ろうと思いました。主人とも相談しながらやっていきます。本当にありがとうございました。

マネープランクリニックのラジオ番組『2020年の家計防衛』せひご視聴ください。全51回で完結しました!

●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!



教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/伊藤加奈子


【関連記事・動画をチェック!】
47歳貯金500万円。老後のお金が足りるのか不安です
夫婦共に40代。退職金なしで老後や親の介護が心配
40歳主婦、夫の収入減。母親の介護費用が足りるか心配
50歳パート主婦、住宅ローンの繰上返済に700万円出してもいいですか?
51歳貯金1000万円。病気で仕事ができず、夫は非正規雇用。生活できなくなるのではと不安



 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。