日本では2020年8月にInstagramの新機能として追加された「リール(Reels)」。Instagramの中で15~30秒の短尺動画を作成・公開できる機能です。
 
「動画を共有できる機能みたいだけど、前からあった『ストーリーズ』と何が違うの?」と、不思議に思っている方も多いかもしれません。
 
そこで今回は、「リール」の閲覧方法や「ストーリーズ」との違い、またTikTokとの違いについても、触れていきたいと思います。
 

まずは「リール」を見てみよう

「リール」では、音楽やARカメラエフェクトなどを使って、動画を撮影・編集することができます。先に撮影した動画を編集することも可能です。
 
「リール」で投稿された動画を見るには、主に3つの方法があります。
 
1. Instagramを開いて、下の「リール」マークをタップする
全画面で表示される「リール」のイメージ

「リール」は全画面で表示されます。スワイプすると次の動画に移ります

2. 「発見タブ(検索マーク)」をタップする
「発見タブ」の中にある「リール」のイメージ

「リール」には左下にアイコンが付きます

3. 「リール」を公開しているユーザーのプロフィールページを開く
プロフィールページにある「リール」タブ

「リール」を投稿しているアカウントのプロフィールページには専用タブが表示されます

他にも、自分のフィード(タイムライン)を見ていると「おすすめのリール」が表示されることもあります。
「おすすめのリール」の表示イメージ

たまにフィードで流れてくる「おすすめのリール」

「ストーリーズ」との違いは?

同じInstagram内で投稿できる「リール」と「ストーリーズ」ですが、2つの機能には、こんな違いがあります。

・「リール」は24時間で消えない
「リール」は「ストーリーズ」と異なり、写真と同様に24時間で消える(非公開になる)ことはありません。ただし、15秒以内の動画であれば、「リール」で作成した動画を「ストーリーズ」に公開して、24時間で消えるようにすることもできます。
 
・「リール」はフォロワー以外にも表示される可能性がある
公開アカウントから「リール」を投稿すると、発見タブ内に表示されるため、自分のフォロワー以外の人の目にも触れる可能性があります。ちなみに非公開アカウントで「リール」を投稿した場合は、フォロワーだけにしか表示されません。
 
・「リール」はフィードに公開するかどうかを選べる
「ストーリーズ」を公開すると、フォロワーのフィード画面の上部に表示されるだけで、アイコンをタップしないと閲覧することはできません。しかし「リール」は公開する際に「フィードにもシェア」をオンにすれば、写真と同様にフィードに流すことも可能です。
「フィードにもシェア」をオンにしたところ

「リール」を投稿する直前の画面。フォロワーにも積極的に見てもらいたいなら「フィードにもシェア」をオンにしましょう

・「リール」に足跡は付かない
「ストーリーズ」は公開から24時間の間、閲覧した人の足跡が残るため、自分が投稿した動画を誰が見たのか確認することができます。しかし「リール」の場合、再生回数が表示されるだけで、足跡が残ることはありません(ただし「ストーリーズ」として公開した場合は除きます)。
 

気になるTikTokとの違いは?

TikTokによく似ているといわれるInstagramの「リール」。短尺動画を作成・投稿・閲覧するという意味では同じかもしれませんが、以下のような細かい機能の違いがいくつも見られます。
 
・「リール」は長押しで一時停止できる
TikTokでは他の人が投稿した動画を一時停止することはできませんが、「リール」の再生中に画面を長押しすると、一時停止することができます。
 
・「リール」ではカバー写真を追加できる
TikTokのカバー写真は、動画の中の1コマを切り抜くイメージですが、「リール」では動画のフレームから選ぶほかに、別の写真をカメラロールから追加することも可能です。
 
こうした機能の違いから、TikTokは動画を通じた“遊び・コミュニケーション”に向いている一方で、Instagramの「リール」は“自己表現”の要素が強いといえるのではないでしょうか。
 
シンプルでおしゃれなイメージのInstagramの中で、「リール」がこれからどのように広まっていくのか、楽しみですね。

【おすすめ記事】
TikTokはなぜ人気?今さら聞けないTikTokの使い方
見るだけでもOK! TikTokで流行を覗いてみよう
TikTokerデビューしちゃう? 動画投稿AtoZ
Instagramがもっと楽しくなる#ハッシュタグの使い方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。