2021年の色は、アルティメットグレー&イルミネイティング

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2021に選ばれた、アルティメットグレーとイルミネイティング

2020年はクラシックブルー、2019年はリビングコーラルなど1色の場合が多かったが、今回はアルティメットグレーとイルミネイティングの2色に


世界的な色見本帳の生産事業などを行うアメリカのパントン社は、毎年12月に「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」を発表しています。

2021年の色に選ばれたのは「アルティメットグレー」と「イルミネイティング」の2色の組み合わせ。パントンはこの色合わせについて、「不屈の精神に支えられた幸せのメッセージであり、私たちに希望を与えてくれる」と述べています。

イルミネイティング(明るいイエロー)は、太陽の光のような明るさとあたたかさに満ち溢れる色。アルティメットグレー(明るいグレー)は、落ち着いたムードを醸し出す静かで安定感のある色です。

発表と同時に公開されたイメージ(画像)は、光と影を示しているようです。光があるところには、必ず影ができます。影を否定すると光も否定することになります。光を表すイルミネイティングと影を表すアルティメットグレーは、普遍性のある組み合わせといえるでしょう。

今回は、この2色をファッションに取り入れる場合のコーディネート例をご紹介します。

<目次>    

1.トップスとボトムスで色を分ける

グレーとイエローを上下に並べると、イエローに視線が引き付けられます。イエローが主役になりますが、分量が多すぎると、いささかうるさく感じられるものです。

■ライトグレーのセーターとイエローのロングスカート
ライトグレーのセーターとイエローのスカートのコーディネート

ライトグレーのセーターとイエローのスカートのコーディネート


画像のコーディネートでは、ロングスカートに合わせて、セーターも着丈が長いものに。2色の分量は、1:1を目安にするとよいでしょう。

■イエローのセーターとグレーのスカート
イエローのセーターとグレーのスカートのコーディネート 出典:WEAR

イエローのセーターとグレーのスカートのコーディネート 出典:WEAR


トップスをイエローにする場合も、色の割合は、1:1くらいがよいでしょう。

イエローをあまり着たことがない人は、ややくすみのあるアイテムが取り入れやすいかもしれません。グレーもやや暗めのものを合わせるとバランスがとれます。

イエローの分量が多すぎると感じたときは、この画像のように、ストールを羽織るとよいでしょう。

 

2.モノトーンの柄物+イエローの無地を合わせる

グレーの代わりに、モノトーン柄とイエローを組み合わせてもおしゃれ。グレー単色よりも柄が主張するので、イエローのインパクトが弱くなります。

■モノトーン柄ニットとイエローのパンツ
モノトーン柄ニットとイエローのパンツのコーディネート 出典:WEAR

モノトーン柄ニットとイエローのパンツのコーディネート 出典:WEAR


ただ、ブラックとイエローが隣り合わせになると、コントラストが強すぎるきらいがあります。画像のコーディネートは、差し色(セパレーションカラー)として、セーターの裾から白いシャツを見せることで、調和がとれています。

■モノトーン柄コートとイエローのセーター
モノトーン柄コートのインにイエローのセーターを合わせたコーディネート 出典:WEAR

モノトーン柄コートのインにイエローのセーターを合わせたコーディネート 出典:WEAR


モノトーンのチェック柄ロングコートのインに、イエローのセーターを合わせたコーディネート。

全体をブラックで統一しているので、セーターもモノトーンにしてしまうとやや単調に。画像のように、イエローのセーターを入れると、活気のある印象になります。

 

3.小物でイエローを取り入れる

イエローはぱっと目を引く色なので、差し色(アクセントカラー)として取り入れると効果的です。

■イエローのスカーフを差し色に
イエローのスカーフを差し色にしたコーディネート 出典:WEAR

イエローのスカーフを差し色にしたコーディネート 出典:WEAR


こちらは、ホワイトのセーターとベージュのスカートを合わせたシンプルなコーディネート。首元に巻いたコンパクトなスカーフがアクセントになっています。

イエローをあまり着たことがない人は、スカーフのような柄物の方が取り入れやすいかもしれません。

■イエローのスニーカーを差し色に
イエローのスニーカーを差し色にしたコーディネート 出典:WEAR

イエローのスニーカーを差し色にしたコーディネート 出典:WEAR


ホワイトやブラックのスニーカーを持っている人は、イエローのスニーカーを買い足してみるのもよいでしょう。

こちらは、くすみブルーのアウターにベージュのパンツを合わせたコーディネート。地味な色でまとめるとカジュアルなアイテムを使ってもシックな印象になりますが、イエローのスニーカーを合わせたことで、軽やかな着姿となっています。


年が明けると、秋冬のダークカラーやくすみカラーが重く感じられるものです。新鮮な色を取り入れたいと思ったら、ぜひ、アルティメットグレーとイルミネイティングの配色を試してみてください。新年にふさわしい軽やかなムードを引き寄せてくれるでしょう。


【ガイドからお知らせ】
色に関するウェブアンケートを行っています。匿名でご回答いただけますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。

2021春夏あなたが着たい色は?

ガイドの最新情報は、TwitterFacebookページをご覧ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。