老後を考えると貯蓄をこれから増やしたいのです

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、自営業の夫が亡くなり、残された借金が多額であり自己破産し、会社員として働いている54歳の女性です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★
 
50代半ばから再スタートしました

50代半ばから再スタートしました


■相談者
ちゃちゃさん
女性/会社員/54歳
北関東/借家
 
■家族構成
子どもは独立
 
■相談内容(原文ママ)
自営業を営んでいた主人が急死し、亡くなってわかった借金や借入金、未払金が想像を遥かに超えていたのが発覚し、自己破産、相続放棄しました。貯金や現金、資産など、すべて失い50歳半ばからほぼ0からのスタートをしております。幸いに子どもたちは働いており、自立しております。現在は、たまたま就職していた職場がとても良く、ありがたいことに正社員になれそうです。慣れない仕事でストレスがありますが、なんとか頑張らなければと四苦八苦する毎日です。
 
前置きが長くなりましたが、老後を考えると貯蓄をこれから増やしたいのですが、ただ単に毎月決めた貯蓄額を増やすだけで良いのか、老後はこのまま1人だと大変不安になります。主人が自営業だったため、途中から厚生年金になったのが約10年前で、それ以前は国民年金でしたが、浮き沈みが激しいため、未払金もあり年金だけでは到底、無理かと思います。
 
現在は、約8万円を貯蓄しておりますが、これは主人の遺族年金で、2カ月で約14万円いただいておりますので、無理のない範囲で毎月8万円にしております。保険は、県民共済の総合保障型に昨年入りました。このままで保険内容も良いのかもお聞きしたいです。今までの保険は貯蓄型の保険でしたが、解約せざるを得ませんでした。この年で生活が180度変わり、生きていく自信も辛い時もございますが、子どもたちのためにも頑張りたいので、アドバイスをよろしくお願いできればと思います。
 
■家計収支データ
 
相談者「ちゃちゃ」さんの家計収支データ

相談者「ちゃちゃ」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)車両費について
両親から借りて一括購入しました。車両費借入返済は2万円、その他ETCカード利用代、ガソリン代 、メンテナンス代など
 
(2)収入について
収入については、正社員になれば増収になる予定です。賞与は、正社員になる来年以降に夏と冬に併せて2.5カ月ほどいただける予定。定年は65歳です。現在の職場は、65歳以降はフルパートで70歳までは働けるので、頑張りたいと思います。収入は少なくなります、12万円から13万円になるので可能な限り働きたいと思います。また、破産したことはもちろん伝えておりませんが、副業の許可をいただいており、単発で月に1万円から3万円のお仕事をしておりましたが、コロナ禍の影響で全く仕事がありません。いつになるかわかりませんが、収束し仕事の依頼があれば、この仕事も年齢層が幅広いので可能な限り頑張りたいと思います。
 
(3)公的年金について
見込み額ですが、65歳時点で100万円ほど。70歳まで遅らせた場合ですと、145万円ほどになります。
 
(4)お子さんについて
子どもは現時点では独立しており、同居は検討しておりません。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 正社員になって給与が増えたら、毎月10万円貯蓄を目指す
アドバイス2 遺族年金をもらっていると、年金の繰り下げはできない
アドバイス3 70歳まで働けたら、年金だけの生活になっても心配なし
 

アドバイス1 正社員になって給与が増えたら、毎月10万円貯蓄を目指す

生活が激変して、よく頑張ってこられました。それでも前を向いて生活されていて、本当によくやっておられると思います。ちゃちゃさんの場合、できるだけ長く働くことが最大の老後対策になりますから、健康が何よりも大切です。今は慣れない仕事でストレスがある、とのことですが、どうか無理はせず、上手に息抜きしてくださいね。
 
70歳まで働ける職場であり、ちゃちゃさんも頑張ると書かれていますので、その前提で、今後の貯蓄の推移を見ていきましょう。大丈夫ですよ、安心してください。
 
まず、現在、毎月の貯蓄は8万円。実際は収支差があり、10万円は貯蓄できる家計ですが、無理せずできる貯蓄額ということで、今はこれでいいでしょう。ですが、正社員になられたら、給与が増えた分を加味して、毎月10万円は貯蓄するようにしてください。さらにボーナスの支給もあるとのことですから、全額とはいわずとも年間30万円をボーナスから貯蓄できれば、都合、年間で150万円貯蓄できます。もしボーナスから20万円であれば、年間の貯蓄額は140万円となります。
 
これを65歳定年まで続けられたら、11年間で1650万円(年間150万円貯蓄の場合)貯められることになります。
 
この間、不意の出費や車の買い換えなどが発生すると思われますが、まずは、このペースの貯蓄ができれば、問題ありません。
 

アドバイス2 遺族年金をもらっていると、年金の繰り下げはできない

65歳以降は、収入が減ってしまいますが、現在の支出額をみると、実に堅実な生活をされています。収支トントンで70歳まで働ければ、65歳時点での貯蓄は、そのまま老後資金として使うことができます。
 
遺族年金とご自身の老齢年金について、説明しておきます。70歳まで働くことを考えると、ご自身の年金受給を70歳まで繰り下げるのは理に適っています。しかし、遺族年金をすでに受給している場合、ご自身の年金受給を繰り下げることができません。
 
65歳時点で遺族年金とご自身の年金額を比べ、ご自身の年金額が少なければ、遺族年金との差額が上乗せで支給されますが、ちゃちゃさんの場合は、ご自身の年金額のほうが遺族年金より多いので、65歳時点で、遺族年金がなくなり、ご自身の年金を受け取る、という形になります。
 
ですから、65歳から70歳までは収支トントンと書きましたが、実際は、公的年金の支給分がありますので、まるまる貯蓄に回せることになります。
 
年間で100万円ですから70歳までの5年間で500万円。これが65歳時点の貯蓄に加わり、70歳時点では2150万円になっています。
 

アドバイス3 70歳まで働けたら、年金だけの生活になっても心配なし

70歳からは本当に年金のみの生活になります。現在の支出から変化がなければ、毎月の不足額は3万円程度です。年間で36万円。仮に50万円としてもいいでしょう。
 
70歳時点の貯蓄は2150万円。不足分を貯蓄から取り崩していくことになりますが、貯蓄がゼロになるのは、40年以上先です。つまり100歳を超えています。
 
こう計算してみると、今から65歳までの間に、どれだけ貯蓄できるかにかかっていますが、年間150万円のペースでいけば、70歳以降、何の心配もないことがわかります。
 
そうであれば、がむしゃらに節約して貯蓄するのではなく、ある程度まとまった貯蓄ができたら、息抜きのための楽しみにお金を使ってもいいのではないでしょうか。長く健康で働くためには、時には、ゆとりのある時間を持つことも大事です。
 
保険については、県民共済でいいと思いますが、総合保障型とのことですから、医療保障重視型にしてもいいでししょう。保険料(掛金)は変わりません。お子さんも独立されていますから、保険はそれで十分です。
 
貯蓄がしっかりできれば、金銭的な心配はいりませんから、ともかく、健康が第一。頑張りすぎないようにしてくださいね。
 

相談者「ちゃちゃ」さんから寄せられた感想

とても詳しいためになるアドバイスありがとうございました。現在8万円を貯蓄しておりますが、現在の収支をみると10万の貯蓄でも無理のない範囲で生活しておりますので、毎月10万円にします。年金のノウハウが大変勉強になりました。現在の職場は70歳までは健康に気をつけて無理のない範囲で働く予定です。保険に関しては、健康第一で医療保障重視型に変更または追加を検討してみます。それぞれの内容を数字で表記していただいたことで、すごく安心し嬉しくなりました。失ったものは大きいですが、アドバイスをいただいたことで、より一層前向きに考えられるようになりました。ありがとうございました。


マネープランクリニックのラジオ番組『2020年の家計防衛』せひご視聴ください。全51回で完結しました!

●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!



教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/伊藤加奈子



【関連記事や動画をチェック!】



53歳一人暮らし貯金120万円。事情があり貯金ができておらず、ここ2年間で貯め始めました
59歳の夫は10年ほど前にアルバイトに。貯蓄が100万円ほどで不安で眠れないことがあります
54歳、多重債務の返済が毎月8万円。いきいき暮らせるよう、前に進むヒントを下さい
55歳貯金4800万円。息子の病気がきっかけで夫婦ともうつ病が悪化。職場復帰はしたものの……
52歳貯金なく、ローンの返済が世帯収入の50%に達しています……

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。