「アクセントカラー」でスタイルアップを叶える!

コーディネートのポイントとされる「差し色」。あなたはうまく使えていますか?

差し色にはいくつか種類がありますが、今回はフォーカルポイント(視線を集めるポイント)を作る「アクセントカラー」をご紹介します。

アクセントカラーの役割は、明暗や濃淡のコントラストをつけて、ぱっと目を引くポイントを作ること。体型の印象を操作し、スタイルアップを叶えることができます。
 
アクセントカラーによって、視線を引き上げたり、引き下げたりすることができる

アクセントカラーによって、視線を引き上げたり、引き下げたりすることができる


人と人が向き合うとき、身長が高い人は相手を見下ろすように、身長が低い人は相手を見上げるようになります。このように、わたしたちは視線の角度で相手の身長を認識しています。

帽子を被ったり、マフラーを巻いたり、頭部や首肩などにアクセントカラーを持ってきたりすると、見る人の視線は引き上がります。反対に、靴やタイツをアクセントカラーにすると、見る人の視線を引き下げることができるのです。

アクセントカラー=派手な色、と思われがちですが、コーディネートのベースカラーから浮き上がって見えればよいので、ホワイト・グレー・ブラックなどの無彩色を使える場合もあります。

今回はマフラーとバッグを取り入れたコーデの実例を参考に、アクセントカラーの効果を見ていきましょう。
   

1.マフラーで視線を首肩に集めてスタイルアップ

冬のこの時期は、色・素材のバリエーションも豊富なストールやマフラー使いで実践してみてはいかがでしょう。

■パープル系ストールをツイスト巻き
パープル系のマフラーで視線を引き上げるコーディネート 出典:WEAR

パープル系のマフラーで視線を引き上げるコーディネート 出典:WEAR


コートとブーツをブラックで統一し、パープル系のストールをぐるぐると巻いたコーディネート。

マフラーで覆われた首肩の辺りに視線を引き寄せられます。見る人の視線が高い位置になり、身長を高く見せることができます。

パープル系は肌の透明感を上げるので、すっきりとした印象も叶えています。


■ベージュ系マフラーをミラノ巻き
異なる素材のベージュを重ねてスタイルアップ 出典:WEAR

異なる素材のベージュを重ねてスタイルアップ 出典:WEAR


シャツとボトムスとブーツをブラックで、アウターとマフラーとバッグをベージュで統一したコーディネート。どちらも地味な色ですが、ブラックよりも、アクセントカラーとして使ったベージュに視線が引き付けられます。

ブルゾンはふわふわのボア素材、マフラーはリブ編みのニット、バッグはエコレザー。異素材を重ねているので、上半身が単調にならず、複雑な見え方をしている点も◎。スタイルアップ効果の高い着こなしとなっています。

■グレー系チェック柄マフラーをワンループ巻き
明暗のコントラストをつけて、フォーカルポイントをつくる 出典:WEAR

明暗のコントラストをつけて、フォーカルポイントを作る 出典:WEAR


生成色のニットワンピースにライトグレーのブルゾンを羽織ったコーディネート。ベースカラーを淡いトーンで整えているので、濃いグレー系チェック柄マフラーがアクセントになっています。

無彩色でまとめるときは、明暗のコントラストをつけると、メリハリの効いた着こなしになります。
 

2.バッグでアクセントカラーを取り入れ、動きのあるコーデに

手持ちのバッグをアクセントに使うことで、着る人も見る人も楽しい気分になる効果があります。

■動きのあるパイソン柄のバッグ
マフラーよりもバッグに視線が引き付けられる 出典:WEAR

マフラーよりもバッグに視線が引き付けられる 出典:WEAR


ニットのセットアップとマフラーをホワイト系で統一したコーディネート。このコーデのアクセントカラー(フォーカルポイント)は、パイソン柄のバッグです。

バッグの動きに合わせて、視線が動くため心理的な活動量が上がります。このような動きの出るものをアクセントカラーにすると、着る人も見る人もうきうきと楽しい気分になります。

■縦のラインを馴染ませる赤いバッグ
赤いバッグに視線が引き寄せられ、縦のラインがさりげなく見える 出典:WEAR

赤いバッグに視線が引き寄せられ、縦のラインがさりげなく見える 出典:WEAR


ビーニーキャップ、マフラー、サロペットをホワイトで統一し、ライトグレーのナイロンコートをボタンを留めずに羽織ったコーディネート。明暗のコントラストは小さいですが、コートから見えるホワイトで縦ラインを作っています。

アクセントカラーの赤のバッグに視線が引き付けられるので、縦のラインが主張しすぎず、さりげない印象になっています。


今回は、5つのコーディネートを例に、アクセントカラーの効果をご紹介しました。着こなしにポイントを作ることで、メリハリが生まれ、見る人の視線を動かすことができます。視線が動くと心も動き、印象に残る着姿となるのです。


【ガイドからお知らせ】
色に関するウェブアンケートを行っています。匿名でご回答いただけますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。

2021春夏あなたが着たい色は?

ガイドの最新情報は、TwitterFacebookページをご覧ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。