感染症予防はしっかり! コロナに負けず開業した新施設5選

振り返れば新型コロナ一色だった2020年。東京で華々しいオープニングが予定されていた大型商業施設や文化施設も、開業延期を余儀なくされたり、ひっそり開店したりするなど大きな影響を受けました。しかしコロナ禍に負けず、しっかりウイルス感染拡大防止対策に取り組みながらスタートを切ったスポットも多々。その中から今後東京の新名所になっていきそうな注目の施設を5つ、開業順にご紹介しましょう。
 
<目次>
1月18日(土)『アーティゾン美術館』 
7月10日(金)『SOMPO美術館』
8月1日(土)『有明ガーデン』
8月3日(月)『グランスタ東京』
9月1日(火)『フォーシーズンズホテル東京大手町』
 

1月18日(土)『アーティゾン美術館』 

アーティゾン美術館

アーティゾン美術館

京橋のブリヂストン美術館が『アーティゾン美術館』と名前を変更し新たに開館。展示面積は前美術館の約2倍となり、豊富な印象派のコレクションに加え、古代美術、日本の近世美術、日本近代洋画、20世紀美術、そして現代美術まで、約2800点の収蔵品で美術のさまざまな楽しみ方を提示していきます。開館はコロナに見舞われる直前でしたが、入場人数を制限してゆったりと快適に美術鑑賞できる「日時指定予約制」をすでに導入していました。

詳しくはコチラ
 

7月10日(金)『SOMPO美術館』

SOMPO美術館

SOMPO美術館

新宿の高層ビル内にあった東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館が新たに、同じ敷地内に美術館棟をオープン。東郷青児の絵の特徴ともいえる美しい曲線とシャキッとした垂直面から成り、デザイン性の高いコンピューターの一部のような外観の美術館です。コレクションでは、画面の表面に塗布されていた古いニスを除去する洗浄作業を行い一皮むけたような明るさを取り戻したルノワールの「浴女」や、アジアではここにしかないゴッホの「ひまわり」などが見どころ。

詳しくはコチラ
 

8月1日(土)『有明ガーデン』 

有明ガーデン

住友不動産ショッピングシティ 有明ガーデン

東京湾岸エリア・有明の約10.7ヘクタールという広大な敷地に、約200店舗が入った商業施設、劇場型ホール、749室のハイグレードホテル、約3000平方メートルもの広さを誇る温浴施設、公園、マンションなどがオープン。12月には関東最大の売り場面積で、新商品や限定サービス満載の『無印良品 東京有明』も開店し話題となりました。2021年には劇団四季の専用劇場も開業予定。

詳しくはコチラ
 

8月3日(月)『グランスタ東京』 

グランスタ東京

グランスタ東京

東京駅の改札内・駅の構内にショップやレストランを次々オープンしてきたグランスタ。今回は66の新店舗が仲間入りし、すでに営業しているお店と合わせると153店舗! 巨大駅ナカ商業施設『グランスタ東京』が誕生しました。初登場した店舗には、100年の歴史を持つ老舗カステラ専門店・文明堂東京の新ブランドや、木村屋総本店のDNAを受け継ぐあんぱん専門店、仙台銘菓・萩の月の東京限定菓子専門店、そして帝国ホテルが若い層向けにオープンしたホテルショップなどなど、有名店、老舗が新たに大胆に挑戦した新ショップが目立っています。

詳しくはコチラ
 

9月1日(火)『フォーシーズンズホテル東京大手町』 

フォーシーズンズホテル東京大手町

フォーシーズンズホテル東京大手町

都内2つ目となるフォーシーズンズホテル。5路線の地下鉄大手町駅に直結という、アクセス抜群の皇居に面した高層ビル・Otemachi Oneの最上階フロア34~39階にオープンしました。全190室の広々とした客室や、スパのプール、レストランやバーからの眺めは絶景で、皇居の広大な自然とその向こうに広がる高層ビル群、このなんとも東京らしいコントラストをなす風景が楽しめるのが大きな魅力です。

詳しくはコチラ

以上、2020年新たに登場した東京新スポット5選でした。

まだまだ気軽にお出かけできる状況ではありませんが、コロナが落ち着いて心置きなく外出できるようになったら、これら新名所を施設側の感染症予防対策に従ってスマートに遊びこなしたいものです。

【過去記事】
【2020年注目!】東京にオープンする新スポット10選
2019年東京にオープンした最新名所10選
2018年注目の新施設は?東京7大新スポット
2017年注目の新施設は?東京5大新スポット
・2016年注目の新施設は? 東京5大新スポット

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。