五輪イヤーの2020年、東京に誕生する注目スポットは?

いよいよ東京に五輪がやってくる2020年。東京五輪の開催決定後、都内には新スポットが次々誕生し目まぐるしい変化を遂げてきましたが、2020年もその流れは止まりません。オープンが楽しみな注目施設を開業予定順に、厳選して10か所ご紹介します。

<目次>

 

1月18日(土) 『アーティゾン美術館』

アーティゾン美術館

アーティゾン美術館

京橋のブリヂストン美術館が『アーティゾン美術館』と名前を変更し、新たに開館します。展示面積は前美術館の約2倍。豊富な印象派のコレクションに加え、古代美術、日本の近世美術、日本近代洋画、20 世紀美術、そして現代美術まで、約2800点の作品で美術のさまざまな楽しみ方を提示していきます。休館中も作品収集に取り組んでいたそうで、今後は新収蔵作品も続々お目見え予定。

詳しくはコチラ
 

1月24日(金) 『江戸前場下町』

江戸前場下町

江戸前場下町

豊洲市場の、観光客が楽しめるショッピングモール、温泉、ホテルなどで構成される『千客万来施設』は2022年完成予定。それまでの暫定事業として、豊洲市場関係の店舗や、日本の食や文化を体験できる店などが21店舗が集うスポットがオープン。本格江戸前寿司、海鮮焼きレストラン、老舗果物問屋のスイーツ専門店、出汁の専門店など、豊洲市場らしい店舗が入居予定

詳しくはコチラ
 

3月頃 『上野動物園パンダふるさとゾーン』

現在上野動物園の東園にあるジャイアントパンダの展示施設が西園へ移転。パンダの故郷である中国四川省の環境を感じられる展示となり、より生き生きとしたジャイアントパンダの姿が見られるような施設になります。具体的には寝室を広くしたり、ジャイントパンダ本来の行動を引き出す起伏に富んだ放飼場などを設置予定。


詳しくはコチラ

 

3月頃 『新宮下公園』

新宮下公園

渋谷スクランブル交差点からも近い。建設中の『新宮下公園』

渋谷駅と原宿駅の間、明治通り沿いに戦後まもなく開園。1階部分が駐車場、2階部分が公園という空中庭園スタイルで、長きに渡り渋谷の憩いの場であった宮下公園が大リニューアルします。すでに細長いドームのような建物に注目が集まっていますが、地下1階と地上1階が駐車場、地上3フロアに店舗、そして屋上にはカフェや多目的コート、スケートボードパーク、クライミングウォールなどが整備された緑豊かな公園が出現します

詳しくはコチラ
 

4月 『WITH HARAJUKU』

WITH HARAJUKU

WITH HARAJUKU

JR原宿駅の正面に、地下3階・地上10階の建物にショップ、レストラン、シェアスペース、賃貸レジデンスが入る『WITH HARAJUKU』がオープンします。中でも話題は初の都市型店舗となる『IKEA原宿』。郊外の大型店舗で展開してきた家具・雑貨量販店だけに、東京の、しかも原宿という流行のど真ん中でどんなショップを作るのか注目です


詳しくはコチラ
 

春 『羽田空港直結 複合開発プロジェクト』

羽田空港直結 複合開発プロジェクト

羽田空港直結 複合開発プロジェクト

羽田空港国際線ターミナルに直結する、ラグジュアリータイプ(『ヴィラフォンテーヌ プレミア 羽田空港』160室)とハイグレードタイプ(『ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港』1557室)、2つのエアポートホテルが開業。同じ建物には約90店舗の商業施設『住友不動産 ショッピングシティ 羽田エアポートガーデン』や、露天風呂から飛行機を望む天然温泉『泉天空の湯 羽田空港』など、あえて羽田空港で過ごしたくなる魅力的な施設も登場します。
 

詳しくはコチラ

 

春 『東京湾岸有明 複合開発プロジェクト』

東京湾岸有明 複合開発プロジェクト

東京湾岸有明 複合開発プロジェクト

東京湾岸エリア・有明に10.7ヘクタールの新たな街が出現。約200店舗の商業施設『有明ガーデン』、約750室のホテル『ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明』、8000人収容の劇場型ホール『住友不動産 東京ガーデンシアター』、大規模温浴施設『泉天空の湯 有明ガーデン』、緑豊かな広場・公園『有明ガーデン パーク』などが次々オープンします。
 

詳しくはコチラ
 

5月28日(木) 『SOMPO美術館』

SOMPO美術館

SOMPO美術館

新宿の高層ビル内にあった東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館が新たに、同じ敷地内に美術館棟をオープン。一度見たら忘れられない特徴的な曲線の美術館『SOMPO美術館』として生まれ変わります。開館記念展Ⅰ「珠玉のコレクション一いのちの輝き・つくる喜び」(5月28日(木)~7月5日(日))では、画面の表面に塗布されていた古いニスを除去する洗浄作業を行い、本来の明るい色彩を取り戻したルノワールの「浴女」と「帽子の娘」がお目見え。
 

詳しくはコチラ

 

6月 『東京エディション虎ノ門』

東京ワールドゲート

『東京エディション虎ノ門』の入る東京ワールドゲート

ザ・リッツ・カールトンと並ぶマリオット・インターナショナルの最高級グレードのホテルブランド・エディションが日本初上陸。6月、東京メトロ・神谷町の駅にほど近い東京ワールドゲート内に『東京エディション虎ノ門』が開業し、また銀座にも2021年の開業を予定。虎ノ門と銀座に誕生する2つのエディションのデザイナーは、日本を代表する建築家である隈研吾さんです。
 

詳しくはコチラ
 

夏 『フォーシーズンズホテル東京大手町』

フォーシーズンズホテル東京大手町

大手町一丁目の新設ビルの高層階に入る『フォーシーズンズホテル東京大手町』

都内2つ目となるフォーシーズンズホテルは、東京メトロと都営地下鉄・5つの大手町駅に直結という、アクセス抜群のビルの上層階にオープンします。34~38 階に計193 室を設え、39階のロビーに足を踏み入れると東京の眺望が迎えてくれるというロケーション。39階には屋外テラスを完備するオールデイダイニング、シグネチャーレストラン、デスティネーション・バー、プール付きのスパ、ラウンジなどがあり、それぞれからの眺めも楽しみです
 

詳しくはコチラ

 
以上、2020年、東京にオープンする注目の新施設10選でした。
 
大きなオープンはやはり2020年前半・五輪前に集中。大会にむけ東京もテンションが上っていますが、五輪が終わり静かになったところで、人の流れがどのように落ち着き、どのスポットに人気が集まるかにも個人的には注目しています。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。