お金を入れるお財布は、金運を左右するともいわれています。2021年に持つなら、どのような財布がよいのか、 数秘&カラーから紐解いてみたいと思います。
 

2021年は「ターコイズ」がポイント!

数秘&カラーで2021年は、2+0+2+1=5となり、「5」のサポートカラーはターコイズです。

ターコイズは、クリエイティブ、自由、スピード、拡大、進歩的等の意味を持つ色。お金はじっくり貯まるというよりも、出入りは多いものの、貯まっていくイメージですね。
 
最近では、ターコイズカラーの財布も発売されていますが、まだまだ数は少ないようです。そこで財布のアクセントとして、ターコイズのチャームなどをつけるのがおすすめです。

金運アップのお財布は、「黄色」と思っている人が多いかもしれません。黄色はコミュニケーションの色でもあるので、お金がたくさん集まってくるかもしれませんが、その分出ていってしまう色でもあります。
 

金運アップにはやっぱり長財布!

ご存知の方も多いかもしれませんが、長財布は金運アップのマストアイテムともいわれています。なぜ長財布がよいのかというと、それは“お札の居心地の良さ”に関連しているのだとか。

私たちは居心地が良いところに、ず~っといたいと考えると思いますが、それはお札も同じこと。長財布は二つ折りの財布よりもゆったりと収納できるので、その分お札の居心地は良くなります。

そしてお金がそこに居つくため、お金が貯まる、すなわち金運がアップするといわれているのです。お札を納めるときには向きを揃えて、さらなる居心地の良さを追求していきましょう。
 

目上の人からプレゼントされた財布もツキがある

「5」および「ターコイズ」は、タロットカードに読み替えると教皇となります。キーワードは慈悲。誰かのために行動し、得たお金を財布に入れておくと、お金が貯まりやすくなります。

また、教皇そのものは教えてくれる人。広くは目上の人を意味します。両親や祖父母、会社の社長や上司、恩師等からプレゼントされた財布には、大きなツキが得られます。また昔から、自分より収入がある人から財布をプレゼントされると、お金が貯まるといわれています。

プレゼントをもらう機会があるのなら、長財布をリクエストしてみては!?
2021年の財布

プレゼントでなくても、お金を渡して買ってもらうのもOK!


ターコイズに限らず、どの色のお財布を使っていても、お財布の中を整理することは忘れずに。お財布はお金の部屋。部屋が散らかっているところに運やツキは回ってきません。余計なレシートやメンバーズカード等は整理して、運を呼び込みましょう。

【関連記事・動画をチェック!】

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。