アップルが2020年にリリースしたiPhone 12シリーズ。4種類のモデル(iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max)がありますが、どの機種にも共通した新機能が「5G(第5世代移動通信システム)」通信対応です。5G通信は次世代の高速通信で、従来のLTE通信よりも高速で快適な通信環境を実現します。

そんな注目の5G対応iPhone 12シリーズですが、実は機種変更をする際に注意点があります。以下、iPhone 12シリーズの特徴とあわせて解説します。
iPhone 12

iPhone 12
 

iPhone 12シリーズの特徴

iPhone 12シリーズは、有機ELディスプレイ「Super Retina XDR」、ディスプレイ保護機能「セラミックシールド」ガラス、「A14 Bionic」プロセッサー、ワイヤレス充電システム「MagSafe」、防水防塵機能(等級IP68)と、充実した機能を搭載しています。
iPhone 12 Proのカメラ

iPhone 12 Proのカメラ
 

それぞれの機種の特徴としては、iPhone 12に搭載されている基本機能に加えて、iPhone 12 miniは5.4インチのディスプレイ搭載でiPhone SEよりも小型の筐体、iPhone 12 Proには高性能カメラが搭載されており、iPhone 12 Pro Maxは6.7インチ大画面モデルとなっています。
 

iPhone 12の5G通信について

アメリカ版iPhone 12の側面にはミリ派アンテナを搭載(写真は国内版iPhone 12)

アメリカ版iPhone 12の側面にはミリ波アンテナを搭載(写真は国内版iPhone 12)

iPhone 12シリーズは全機種が5G通信に対応し、LTE通信に比べると大幅に通信速度がアップしています。例えば、ドコモのiPhoneの5G通信速度は、受信時最大3.4Gbps、送信時最大182Mbpsと発表されています。

なお、アメリカ版iPhone 12のみ、5G通信の「ミリ波」に対応しています。5G通信の「ミリ波」はより高速に通信できる仕様となっていますが、残念ながらアメリカ版のみの対応となるため、日本版iPhone 12では利用できません。
 

iPhone 12へ機種変更する際の注意点

iPhone 11とiPhone 12

iPhone 11(左)とiPhone 12(右)
 

iPhone 12で5G通信を利用するには、5G通信に対応した契約プランに加えて、5G対応のSIMカードが必要となります。各通信会社で機種変更をした場合は契約プランとSIMカードがセットで用意されますが、SIMフリー版のiPhone 12を入手して従来使っていたSIMカードを5G通信で利用する場合には、注意が必要です。各通信会社によって、5G通信に対応するための手順が変わっています。

SIMフリー版iPhone 12を持っていて店頭で5Gプランに契約変更をする場合、ドコモとソフトバンクの場合は従来のLTE通信対応SIMカードのままで利用が可能、auの場合はSIMカードの交換が必要です。なおオンラインや電話受付の場合は、店頭と対応が変わる場合がありますので、各通信会社にお問い合わせください。

また、5G通信に対応していないLTE通信の格安SIMカードをiPhone 12で利用する場合は、格安SIM会社にiPhone 12でのSIMカードの動作確認を問い合わせる必要があります。

5G通信は通信速度が大幅にアップしていますが、SIMカードの互換性や5G通信エリアの普及の遅さなどがあり、iPhone 12で自由に5G通信が利用できるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。それでも、基本性能が大幅にアップしたiPhone 12は、5G通信ができない環境でも魅力的であることは間違いありません。

【関連記事】
楽天モバイルの5G「Rakuten UN-LIMIT V」はどんな人におすすめ?
5Gとは? 4G対応のスマホでも使えるの?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。