自分の会社は大丈夫……? 新型コロナ感染拡大の陰で常に気になっていたこと

この半年間、コロナ禍の世界的な感染拡大のニュースの陰で、誰もがいつも気にしていたのが、「経済にどの程度の影響があるのか」「自分の会社は大丈夫か」「雇用や収入に影響はないだろうか」という不安である。

海外渡航や国内でもヒトの移動が制約されるようになってから、隔離期間や自宅待機といった抑制的な言葉を目にすることが増え、私たちは自由を奪われてきた。最近になって緩和モードが広がり、生活そのものの自由度は増し、街中に人が戻ってきているが、果たして冒頭のいくつかの質問に光明は見えだしただろうか。

元ヘッドハンターで「35歳からの転職成功マニュアル」「人材紹介の仕事がよくわかる本」など多数の著書がある人材コンサルタントの小松 俊明が、昨今の転職市場から気になるwithコロナ時代の転職事情のリアルを紹介する。
 

withコロナ、深刻な打撃を受けたアノ業界の現状は

KITTIKUN YOKSAP / Shutterstock.com

KITTIKUN YOKSAP / Shutterstock.com
 

最も分かりやすい事例で、まずは企業の取り組みを考察してみたい。コロナ禍の影響を最も受けた航空業界の現状である。日本の航空業界大手2社は大きな赤字を発表している。もちろんこれは想像に難くない結果であるが、両社ともに航空機事業以外の収益力強化に取り組み始めている。つまり、航空事業に偏重した収益構造からの脱却である。

例えば、日本航空は小型無人航空機(ドローン)の最新技術を活用した地域サービスを新たな収益源の柱に掲げている。ドローンの運行管理システムの提供、小型航空機による近距離輸送業、そして旅行商品開発などで、年間1千億円を売り上げるなど数値目標も明示している。では企業のこうした新しい取り組みから見えてくることは何だろうか。
 

街に人が戻ってきたように、転職市場にも人が戻りつつある

コロナ禍の打撃を最も受けた航空業界では、業績悪化や冬のボーナスの大幅削減などのニュースが目立つが、その陰では新規事業への取り組みが急ピッチで進んでいることを指摘した。このような状況がみられるとき、転職市場には変化が起きるものだ。つまり、新しいビジネスにはノウハウや潜在顧客の獲得が必要であり、それが既存の社員だけでできるのかといえば、実に心もとないというのが現実ではないだろうか。

フライト数の大幅な削減により、余剰な時間ができた客室乗務員を地上勤務にシフトさせているというニュースもあるが、その陰では、本来やりたかった業務ができないことに不満を持つ社員の存在や、仮に不本意ながらも社内異動を受け入れたとしても、新しい仕事で力を発揮できない社員にとっては、新たな活躍の場を求めて転職市場に活路を見出すのも自然な流れである。

このように、既存の社員の流出が静かに水面下で進む中で、それと同時に新規事業の分野で実績のある人材の中途採用への需要は、今後高まっていくことが予想される。ここしばらく転職活動を自粛してきた層にとっては、久しぶりにチャンス到来かもしれない。
 

withコロナはbeforeコロナと何が違うのか~新卒採用の場合

コロナ禍の影響が大きい業界の例として航空業界を取り上げたが、多くの人が在宅勤務にシフトしたことで自宅にいる時間が増えてネット販売が拡大したように、コロナ禍で業績を伸ばした業界や会社もある。前者の航空会社では新規事業への挑戦で新たな求人需要が生まれた可能性もあり、後者のケースでは事業拡大による増員が見込まれて、求人需要が拡大した会社もあった。

一方、コロナ禍が今年の大学新卒の採用に与えた影響を振り返れば、感染が収束する時期の先行きが不透明であるゆえに、新卒採用の数を削減した会社が目立っていた。前述の航空会社をはじめ、中には新卒採用そのものを中止した会社もあったが、もともと業務経験がない新卒採用の人数を増減させるかどうかの判断は、業務への影響が少ない分、比較的容易である。

コロナ禍の影響で就活生が戸惑ったのは採用枠が減少したという問題よりも、従来よりも採用活動が1~2カ月後ろ倒しになったこと、そして面接がオンライン化したことで、企業研究や業界研究が例年ほど十分にできなくなったことである。この結果として、内定を確保するタイミングがbeforeコロナの時代よりも大きく遅れ、そのことで不安を募らせた学生は多かったに違いない。

>次ページ「withコロナ時代の中途採用事情