31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は小田桐あさぎさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、小田桐あさぎさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、小田桐あさぎさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「小田桐あさぎさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■小田桐あさぎさんプロフィール
 今回の回答者:小田桐あさぎさん

 今回の回答者:小田桐あさぎさん

自分だけの魅力を活かし、思いのままに生きる方法をレクチャー!

1983年生まれ。2012年に出会って2週間の男性と結婚。第一子の妊娠中に「母、妻、社会人、女性、自分。すべてを自分らしく両立したい」という思いからブログを開設。独自の恋愛・家庭・仕事論が好評を博し、月間30万PVの人気ブログへ。誰もが持つ自分だけの魅力を活かして人生を謳歌する方法を発信中。著書に『嫌なこと全部やめたらすごかった』『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』がある。

Twitter:@asagiod
Blog:https://ameblo.jp/asagiblog/
 

お悩み:彼氏が恋活・婚活アプリに再登録しているのを見つけてしまいました

お悩み:彼氏が恋活・婚活アプリに再登録しているのを見つけてしまいました

お悩み:彼氏が恋活・婚活アプリに再登録しているのを見つけてしまいました

■けいけいさん(32歳、企画職)のお悩み
付き合って4カ月の彼氏が、マッチングアプリに再登録しているのを発見してしまいました。どう対応していいのがわからず、とりあえず気付いていないふりをしています。
 
彼とは、そのマッチングアプリで出会いました。ほぼ毎日、電話かLINEをしていて、デートも週1、2回はしています。半年記念には日帰り旅行に行こうという話もしていて、とても順調に付き合っているつもりでした。
 
なぜ再登録に気付いたかというと、部屋デート中、放置されていたスマホを充電してあげようしたとき、待ち受け画面にアプリのアイコンがあるのが見えたからです。その後、同じアプリをやっている女友達に頼んで彼を探してもらって、確定しました。
 
その子にしばらく様子を見てもらったら、ときどきログイン状態になっているとのことでした。
 
アプリは一緒に退会したはずだったのに、とても悲しいです。私に対する態度はまったく変わらず、将来の話もしてくれます。でももう、信じていいのかわかりません。
 
真正面から、彼に確認したほうがいいでしょうか。でも、たまたまとはいえスマホを覗き見てしまったこと、友達に頼んで彼を探したことなどはバレたくありません。
 
それに男友達からは「暇つぶしで見ているだけってこともあるよ」と言われました。もしそうなら、私に対しては真摯に向き合ってくれているし、そのくらいは見逃したほうがいいのでしょうか。
 
どういう対応をするのがベストなのか、アドバイスいただけたら幸いです。
 

アドバイス1:見逃そうが追及しようが、それで「不安」はゼロにならない

アドバイス1:見逃そうが追及しようが、それで「不安」はゼロにならない

アドバイス1:見逃そうが追及しようが、それで「不安」はゼロにならない

「マッチングアプリを入れたことくらい見逃したほうがいいのでしょうか?」とのことですが。
 
これ、仮に私が「見逃したほうがいいです」って回答して、そのとおりにしても、けいけいさんの悩みは何一つ解決しないのでは……? 結局、心のなかではずっと気になったままだと思うんですよね。
 
気にしないように努めたところで、たとえばLINEの返信がなかなか来ないときに「またアプリをしてるんじゃないか」「新しい人と会ってるかも」というように、あれこれ良くない想像をしてしまうはず。
 
かといって、彼に本当のことを確認すれば万事解決……とはならないんですよね、きっと。
 
仮に彼と話をして、謝罪を受けてアプリを消してもらったとします。それでも、けいけいさんはまた「いつかアプリを始めるんじゃないか?」と疑ってしまうのではないでしょうか。
 
このままでは、仮に結婚したとしても、「またアプリを再開するかも」と思いながら一生を過ごすことになってしまう可能性も。
 
このように疑心暗鬼な状態では、しっかりと信頼関係を築くのは難しいですよね。
 
この不安を脱却するためには、「人の気持ちは変わることがある」という当たり前の事実を認めることです。
 

アドバイス2:彼女であれ妻であれ、彼の心を縛る権利なんてない

私は夫と結婚9年目で、今もかなりラブラブなのですが、今後もずっとラブラブなのかはわからないと思いながら生きています。
 
今の夫は素敵だから好きだけど、素敵じゃなくなったら普通に嫌いになりますし、そうじゃなくとも、いろいろな事情で気持ちが変わる可能性は十分にあると思っています。
 
たとえば、夫以上の超スーパーイケメンに告白されてしまうとか! そしたら私は確実にそちらに行ってしまうと思います(笑)。私の人生にそんな日が絶対に来ないとは、思いたくないです(笑)。
 
なので、私が今、夫とラブラブなのは、たまたま今のところは自分に夫以上の素敵な人が現れていないし、たまたま夫にも私以上に素敵な人が現れていない、というだけです。
 
同様に、夫に浮気してほしくない!とも思いません。もし夫にとって私よりもっとふさわしい人が現れたなら、その相手と結ばれたほうが、彼も、そして私も幸せだと思うからです。彼の心が私のもとにすでにない状態で関係性だけ継続されても、まったく嬉しくありません。
 
結婚しているとはいえ、夫の人生は夫のもの。夫がやりたいことを止める権利は、たとえ妻である私でも持っていません。それは浮気も同じです。
 
もちろん婚姻関係を結んだ状態で配偶者が不倫した場合、慰謝料を請求することはできます。でも、それだけ。
 
結局、結婚したところで、人の感情まで縛れるものではない以上、立場だけを盾に相手が浮気しないように防止するというのは、そもそも不可能なのです。

浮気や不倫を積極的に推奨・肯定している訳ではありませんが、それが現実です。
 
なのに、大半の人は、付き合ったり結婚したりということを、あたかもパートナーを自分好みに制限する権利が発生するかのように考えてしまいます。
 
だからパートナーが他の人に自分のリソースを割いた際、本来自分にあるはずの権利を侵害されたように感じて、腹が立ってしまうのでしょう。でも、そんな権利、元々誰も持っていないのです。
 
だからこそ私は、結婚しても自分磨きを怠らないようにしています。いつ何時来るかわからない、素敵な男性が現れるという非常事態に備えているわけです(笑)。
 
すると逆説的なことに、日々魅力的になる私は、夫からさらに愛されるようになっていきます。意図せず、浮気の抑制効果が生まれているというわけです。
 

アドバイス3:世の中には「浮気許容派」も案外いる

アドバイス3:世の中には「浮気許容派」も案外いる

アドバイス3:世の中には「浮気許容派」も案外いる

ちなみに私は、夫が他の女性と連絡を取ろうが、万が一別に好きな人ができようが、私が一番でさえあれば特に気にならないタイプです。
 
そしてこれは私だけが特殊というわけでもなく、ある統計によると、パートナーの不倫について「許す」という回答をした日本人は31%。これは世界で9位だったそうです。ちなみに1位はフランスで53%。
 
なので、世の中には浮気OKと考えている人はけっこう多いものなのです。けいけいさんの彼も、ひょっとしたら31%側なのかもしれません。
 
しかし浮気されたら、それがどんな状況であっても即離婚!という人もいるでしょう。これは、どちらが正しい・間違いという問題ではなく、本当に人によって価値観はバラバラということです。
 
なので、けいけいさんもぜひ一度、自分の許容範囲について一度考えてみてください。
 

アドバイス4:パートナーシップにおいて、お互いの価値観を確認するのは大切なこと

そして考えた結果、けいけいさんが、「やっぱり自分以外の女性とは一切連絡を取らないでほしい!」と思うのであれば、それをそのまま彼に伝えるしかないでしょう。
 
別にアプリを見た話なんてしなくても、「私は他の女性と連絡とる彼氏って無理。万が一それが判明したら、私はどんな状況であっても即別れる!」って言っておくだけでいいと思います。
 
もし彼が「けいけいさんのことを絶対に失いたくない」と思うのであれば、連絡を取らないようにするでしょう。
 
まぁ別れに繋がる可能性もありますが、その場合は、そもそも浮気する気満々の彼ということで、合わない相手だったことが判明するだけです。
 
大切なのは、自分のスタンスがパートナーにしっかり伝わっていること、そして相手のスタンスを自分が理解していること。そしてお互いのスタンス込みで、お互いを尊重し、愛せるか?ということなのです。
 
日本では、恋愛やセックス、お金にまつわる話は口に出すのもタブーというような雰囲気がありますが、お互いの価値観を確認するのはとても大事なことです。
 
ぜひ、彼と一度、お互いの価値観について真剣に話し合ってみてください。応援しています。

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.いい感じだった彼が急にそっけなくなりました。もう脈なしですか?
Q.母親に「結婚してほしい」と言われるのがつらいです
Q.私なんかに好かれたら迷惑かな……と思ってしまいます

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。